日商簿記3級 | パブロフ簿記のブログ

トップページ > 日商簿記3級


第149回日商簿記3級 問題と解答、予想合格率

受験された方、試験お疲れ様でした!
今回の試験、いかがでしたか?
実際に受験した感想など、お気軽にコメント欄にお書きください♪
しばらく試験の事は忘れて、我慢していたことや好きなことをしてゆっくり休んでください。
日商簿記検定の公式な配点は公表されませんので、専門学校の解答で70点以下の方も実際の点数はわかりませんから、合格発表までは気にしなくて大丈夫です。

<更新情報>
6月18日 各地の合格率を更新

 

解答速報

解答速報が以下のサイトで公開されます。自己採点はこちらからどうぞ。

▼資格の学校TAC
▼資格の大原

無料の試験問題と解答の請求

専門学校から無料第149回の試験問題と解答の冊子を送ってもらえます。
どのような問題が出題されたのか、解き方を知りたい方は請求しておきましょう。
次回11月の試験直前に過去問として利用しましょう。

kako
◆TAC 解答冊子の請求はこちら
◆資格の大原 解答冊子の請求はこちら

受験生の感想アンケート

 

第149回の日商簿記3級の合格率

今回の試験は基本的な内容でしたので、例年通りの合格率になりそうです。
今回の予想合格率は45%です。

・6月18日 各地域の合格率が発表
松戸商工会議所 40.8%(合格者数216名/受験者数529名)
岡山商工会議所 37.6%(合格者数144名/受験者数383名)
水戸商工会議所 55.8%(合格者数130名/受験者数233名)
松本商工会議所 42.5%(合格者数91名/受験者数214名)
長野商工会議所 53.8%(合格者数121名/受験者数225名)
徳島商工会議所 32.9%(合格者数71名/受験者数216名)

 

第149回の日商簿記3級の試験問題

今回出題された簿記3級の問題は次のとおりでした。

第1問 仕訳5問(配点20点)
1.手形貸し付け
2.売上諸掛
3.貸し倒れ
4.広告宣伝費と支払手数料
5.備品の売却

第2問 経過勘定の総勘定元帳(配点10点)

第3問 合計残高試算表(配点30点)

第4問 理論の穴埋め問題(配点10点)

第5問 貸借対照表と損益計算書(配点30点)

 

第149回の日商簿記3級の解説

<解く順番>
第3問は時間がかかるので、後回しにしましょう。

第1問→第2問→第4問→第5問→第3問

<時間配分>
各問題の時間配分の目安は次のとおりです。

  配点 目標 著者
第1問 20点 16点 10分 5分
第2問 10点 8点 10分 5分
第3問 30点 22点 40分 28分
第4問 10点 6点 10分 2分
第5問 30点 24点 40分 12分
見直し 10分 10分
合計 100点 76点 120分 62分

 

<解答・解説>
今回は全体的に基本レベルの問題でした。第4問はやや難しかったですが、配点が10点しかありませんので、気にしなくて大丈夫です。今回も配点の大きい第3問、第5問で得点できたかどうかで合否が決まりました。

第1問、第2問、第4問は短時間でサクッと答えが出るので、第3問、第5問に時間をたくさん使えました。余った時間で計算チェックやケアレスミスの確認をしっかりしていれば、多少間違えても70点に届いたのではないでしょうか。

第1問 仕訳5問
(難易度:易しい 目標得点:16~20点)
仕訳の問題です。基本レベルの問題でしたので、満点を取った方も多かったでしょう。手形貸し付けは、細かい内容でしたので、覚えていなかった方は間違えても問題ありません。小問2は売上諸掛を掛代金に含めると指示がありますので、売掛金に含めて仕訳を書きます。小問3は、貸倒引当金の残高が不足している場合、不足分は貸倒損失を計上します。

【解答】各4点
1.手形貸付金600,000/普通預金594,000
           受取利息6,000

2.売掛金490,000/売上480,000
         現金10,000

3.貸倒引当金50,000/売掛金130,000
  貸倒損失80,000

4.広告宣伝費35,000/普通預金35,300
  支払手数料300

5.備品減価償却累計額560,000/備品700,000
  未収入金20,000
  固定資産売却損120,000

 

第2問 経過勘定の総勘定元帳
(難易度:普通 目標得点:8~10点)
保険料と前払保険料の総勘定元帳を記入する問題です。予想通り、経過勘定の総勘定元帳が出ましたので、対策していた方も多かったです。本問は、今年の保険料が10%アップしているので、決算整理仕訳の金額が前期と違う点がやや難しいです。基本通り、それぞれ仕訳を書き、総勘定元帳へ記入しましょう。

下書き

1/1 当期首の再振替仕訳
24,000÷12か月×7か月=14,000
保険料14,000/前払保険料14,000

8/1 当期の保険料の支払い
保険料26,400/現金26,400

12/31 決算整理仕訳
26,400÷12か月×7か月=15,400
保険料15,400/前払保険料15,400

12/31 損益振替
14,000+26,400-15,400=25,000
損益25,000/保険料25,000

【解答】各2点

イ 前払保険料
ロ 損益
ハ 次期繰越
a 14,000
b 15,400

 

第3問 合計残高試算表
(難易度:普通 目標得点:22点)
日付ごとに仕訳を書き、答案用紙の合計残高試算表を記入する問題です。テキストや総仕上げ問題集で学習した内容がそのままでしたので、時間をかけて点数を確保できたのではないでしょうか。仕訳の数が多いので、何か所かミスをしても7割程度の得点は取れたと思います。

下書き

【解答】

第4問 理論の穴埋め問題
(難易度:やや難しい 目標得点:6点)
選択肢から適切な語句を選ぶ、穴埋め問題です。過去問に出た内容でしたが、受験生が覚えていないと思いますので、ここは配点も低いので間違えても大丈夫です。選択肢から探して、適当に解答すればそこそこ点数につながったのではないでしょうか。小問1、2、4は解きやすかったです。

小問3の資本的支出は簿記2級の範囲なのですが、何故以前の簿記3級で出た内容が今回も出題されています。範囲を無視した出題ですので、ここは不正解で大丈夫です。小問5も何を言われているのか、わからなかった方も多かったと思いますが、選択肢を見ると売価か原価のどちらかと予想は付いたと思います。

1.貸倒引当金は受取手形や売掛金に対する(①評価)勘定です。
2.買掛金元帳は、(②補助簿)です。
3.建物の機能が向上し価値が増加した場合、(③建物)勘定で処理します。
4.3伝票制は、入金伝票と出金伝票、(④振替)伝票を使います。
5.商品有高帳の払出欄の単価は(⑤原価)を記入します。

【解答】各2点
1.キ
2.エ
3.サ
4.ケ
5.カ

 

第5問 貸借対照表と損益計算書
(難易度:普通 目標得点:24点)
貸借対照表と損益計算書の問題です。最近は定番の問題で、テキストや総仕上げ問題集でもよく出題している内容で、出題予想に書いた通り、今回も出題されました。どれも見たことがある決算整理仕訳の内容です。なお、備品の減価償却は、決算事項3で仕訳をした備品を考えないといけない点が、やや難しいので間違えても構いません。

下書き

【解答】

 

<パブロフの書籍>
2018年11月試験向けのテキスト

★簿記2級 限定セット


商業簿記 限定セット販売
パブロフくんの特製付箋付

工業簿記 限定セット販売
パブロフくんの特製付箋付

★簿記3級 限定セット


簿記3級テキストと総仕上げ問題集
限定セット販売(特典付箋付き)

★通常販売

パブロフ流でみんな合格
日商簿記3級 第3版
テキスト&問題集
パブロフ流でみんな合格
日商簿記3級
総仕上げ問題集 第2版

<スマートフォン用アプリ>
2018年11月試験向けのアプリ
パブロフ簿記3級
パブロフ簿記3級
[Android] [iPhone] [iPad]