2023年度の日商簿記の出題範囲の改定について

パブロフくんお兄さん、2023年4月から日商簿記の試験範囲が変わるの?

お兄さん2023年度は試験範囲に変更はないんだよ。

パブロフくんそうなんだ~♪

 

2023年度の試験範囲の改定

日商簿記の試験範囲について、2023年度は試験範囲に変更はありません。つまり、前年度の2022年度と同じ試験範囲となります。

 

簿記3級の出題傾向の変化

2022年度の簿記3級の試験の出題内容を見てみると、次の①~⑥の通りです。試験傾向の変化はテキスト2023年度版、総仕上げ問題集2023年度版に反映済みですので、ご安心ください。

①難問が出題されにくくなった。
→過去問に出題されていたような難問が出題されにくくなり、基本的な問題が出題されることがほとんどです。一方で受験生が合格に必要とされる能力は次の通りです。
・基本的な仕訳は漏れなく書けること(第1問対策)
・総勘定元帳の問題が解けること(第2問対策)
・精算表と財務諸表の問題が解けること(第3問対策)
・時間内に早く解くこと、正確に解くこと(第2問、第3問対策)

第2問は補助簿の問題が出題されることも多いので、総勘定元帳に加えて、商品有高帳や固定資産台帳などの問題も事前に解いておくことが重要です。

②第1問の仕訳問題の出題される範囲が広くなった。
→テキストの仕訳(4コマ漫画の横に書いてある仕訳)や総仕上げ問題集の仕訳をバランスよく、漏れなく書けるようにしておくことが大切です。手軽に仕訳対策をしたい方は、仕訳の問題数が250問前後入っているパブロフ簿記3級のアプリもオススメです。

07_02_画像02[Android] [iPhone] [iPad]

③伝票会計が第1問で出題されるようになった。
→2022年度は伝票会計が第1問の仕訳問題、第2問の問題として出題されることが多いです。出題される内容は基本的なレベルなので、一部現金取引の伝票の2パターンの書き方と入金伝票、出金伝票、振替伝票をどのように書くのかを理解しておきましょう。

④第2問で理論問題が出題されにくくなった。
→2022年度は理論問題の出題が少なくなっています。総仕上げ問題集にはよく出る理論問題を収録していますが、重要度は少し下がっています。

⑤第2問は「総勘定元帳の問題」と「補助簿の問題」の2問がよく出題される
→総勘定元帳の問題、補助簿の問題がよく出題されます。苦手な受験生が多いので、たくさん問題を解いて書き方に慣れておきましょう。総仕上げ問題集2022年度版では、最近の試験でよく出題されている典型的な問題をたくさん収録しました。いろいろなパターンの問題に対応できるよう、事前に練習しておきましょう。

統一試験とネット試験の難易度の違い
どちらでもしっかり学習すれば合格できますが、受験した感覚では統一試験(紙の試験)よりネット試験の方が基本的な問題が出題されていると感じます。合格率もネット試験の方が高いです。書籍やアプリの作成のため、統一試験もネット試験もかなりの回数受験していますが、統一試験は細かい仕訳や応用的な仕訳、過去に出題されていない新作問題の出題がされることが多い印象を受けています。

 

簿記2級の出題傾向の変化

2022年度の簿記2級の試験の出題内容の変化を見てみると、次の①~⑥の通りです。試験傾向の変化はテキスト2023年度版、総仕上げ問題集2023年度版に反映済みですので、ご安心ください。

①難問が出題されにくくなった。
→過去問に出題されていたような難問が出題されにくくなり、基本的な問題が出題されることがほとんどです。一方で受験生が合格に必要とされる能力は次の通りです。
・商業簿記の基本的な仕訳は漏れなく書けること(第1問)
・連結会計が解けること(第2問対策)
・株主資本等変動計算書が書けること(第2問対策)
・固定資産、有価証券、商品売買の総合問題が解けること(第2問対策)
・財務諸表の問題が解けること(第3問対策)
・本支店会計の財務諸表、本店の損益の問題が解けること(第3問対策)
・工業簿記の仕訳を書けること(第4問(1)対策)
・個別原価計算、部門別計算、総合原価計算が解けること(第4問(2)対策)
・標準原価計算の原価差異分析が解けること(第5問対策)
・CVP分析、直接原価計算の損益計算書が解けること(第5問対策)
・時間内に早く解くこと、正確に解くこと

簿記2級は問題を解くスピードと時間が重要で、全体90分のうち工業簿記20~30分、商業簿記60~70分が時間配分の目安です。

②仕訳問題の出題される範囲が広く、配点が大きくなった。
→仕訳問題は商業簿記で20点、工業簿記で12点の合計32点の配点があります。簡単な仕訳から細かい仕訳(賞与引当金や保証債務など)も出題されています。対策としてはテキストの仕訳(4コマ漫画の横に書いてある仕訳)や総仕上げ問題集の仕訳をバランスよく、漏れなく書けるようにしておくことが大切です。手軽に仕訳対策をしたい方には、仕訳の問題数が商業340問前後、工業90問前後入っているパブロフ簿記2級のアプリがオススメです。

07_02_画像03[Android] [iPhone] [iPad]

07_02_画像04[Android] [iPhone] [iPad]

③第2問は連結会計か株主資本等変動計算書が出題されることが多い。
→第2問では連結会計(連結精算表、連結財務諸表)か個別財務諸表の株主資本等変動計算書が出題されることが多いです。もちろん、固定資産、有価証券、商品売買の総合問題が出題されることもあります。第2問対策の優先順位としては、まずは連結会計と株主資本等変動計算書の問題を何度も解くことが重要です。

④第2問で理論問題がほぼ出題されなくなった。
→2022年度は理論問題の出題されなくなっています。総仕上げ問題集には理論問題を収録していますが、重要度はかなり下がっています。

⑤第3問は本支店会計も出題される
→第3問対策で個別財務諸表の貸借対照表、損益計算書が非常によく出題されています。受験生の中には本支店会計は出題されないから対策をしていない、という声も聴きますが、2022年度の試験でも、出題頻度は高くはありませんが出題されています。本支店会計は出ない、と思っていたら出題された…ということがないように、総仕上げ問題集の本支店会計の問題を解いておきましょう。

⑥第5問工業簿記で見慣れない問題が出題される
→2022年度の試験では、標準原価計算の原価差異分析やCVP分析、直接原価計算の損益計算書の問題で、「見慣れない問題」が出題されています。問題文の与えられ方や形式が変わっただけですが、受験生にとっては難しく感じる問題です。この点については、新作問題の類題を総仕上げ問題集2023年度版に収録していますので、事前対策がしやすくなっています。

⑦統一試験とネット試験の難易度の違い
簿記3級ほど差はありませんが、統一試験(紙の試験)よりネット試験の方が基本的な問題が出題されていると感じます。書籍やアプリの作成のため、統一試験もネット試験もかなりの回数受験していますが、現状ではネット試験の方が解きやすい問題が多いです。ネット試験に比べて統一試験は細かい内容が出題されることが多い印象を受けています。

 

2022年度のテキストは使えるのか?

新しく勉強を始める人は2023年度版を買うのがオススメです。
すでに勉強をしている方(2022年度版で勉強している方)は、そのまま続けて構いません。範囲改定の箇所についてはこのページを参考にしてください。

 

2023年度の試験形式

2022年度と同じく統一試験(年3回の紙の試験)、団体試験、ネット試験の3つの方法で受験ができます。

◆統一試験(年3回の紙の試験)
試験時間は3級60分、2級90分です。

◆団体試験
団体申し込みの試験は学校や会社単位で受験することができます。
試験時間は3級60分、2級90分です。

◆ネット試験(CBT試験)
受験会場で毎日実施されるCBT方式の試験です。申込日から3日後以降ならいつでも受験でき、何度でも受験することができます。試験時間は3級60分、2級90分です。

日商簿記ネット試験の当日の注意点と学習方法

 

出題形式と内容

出題内容とポイントについて詳しく説明します。

<簿記3級>
・第1問と第3問の配点が大きいため、第1問と第3問対策が重要になります。
・第2問は勘定記入の問題がよく出題されますので、練習しておきましょう。
・決算整理後残高試算表は出題されますが、その他の試算表は出題可能性が低いです。

出題内容 総仕上げ問題集との対応
第1問 仕訳15問(45点) Ch1 仕訳
第2問 (20点)
(1)と(2)で合計2問が出題
・補助簿の選択問題、記入問題
・勘定記入の問題
・理論問題の選択問題
・伝票会計の穴埋め問題
Ch2 現金実査と貯蔵品の棚卸し、証ひょう
Ch3 勘定の記入
Ch4 補助簿
Ch5伝票会計(伝票の穴埋め等)
Ch6理論問題
第3問(35点)
・決算整理前残高試算表
・精算表
・財務諸表
Ch7 決算整理前残高試算表
Ch8 精算表
Ch9 財務諸表

 

<簿記2級>
・基本的な問題が素早く解けるかどうかが重要。難問対策は不要。
・第1問の仕訳問題は内容も横断的に出題されるため、テキストレベルの仕訳を漏れなくカバーしておくことが大切です。2022年度は収益認識基準の仕訳が出題されるので、必ず対策をしておく。
・第2問で連結会計が出題される可能性は50%以上と考えて、連結会計対策が必須。
・第4問(1)の対策として、工業簿記の仕訳対策が重要。出題パターンが決まっている簡単な問題で配点が12点もある。
・第5問で新傾向の問題が出題されているので、最新の書籍で対策をした方がよい。初めてみると解けないが、類題を解いていれば簡単な問題。

出題内容 総仕上げ問題集との対応
第1問 仕訳5問(20点) Ch1 仕訳
第2問 (20点)
・株主資本等変動計算書
・銀行勘定調整表
・固定資産や有価証券の総合問題
・連結精算表
・連結財務諸表
Ch2 現金預金・商品売買
Ch3 固定資産・有価証券
Ch4 理論
Ch6 株主資本等変動計算書
Ch8 連結会計
第3問(20点)
・精算表
・財務諸表
・本支店会計
Ch5 精算表
Ch6 財務諸表
Ch7 本支店会計
第4問(1)(12点)
仕訳3問
・費目別計算
・本社工場会計
Ch1 仕訳
第4問(2)(16点)
・個別原価計算
・部門別原価計算
・製造原価報告書と損益計算書
・総合原価計算
・標準原価計算
Ch2 費目別計算
Ch3 部門別計算
Ch4 個別原価計算
Ch5 製造原価報告書・損益計算書
Ch6 総合原価計算
Ch7 工程別総合原価計算
Ch8 組別総合原価計算
Ch9 等級別総合原価計算
Ch10 標準原価計算
第5問(12点)
・標準原価計算の原価差異分析
・直接原価計算のCVP分析
・直接原価計算の損益計算書
Ch10 標準原価計算の原価差異分析
Ch11 直接原価計算

 

2023年度のパブロフのテキスト

2023年度の統一試験(紙の試験)、団体試験、ネット試験に対応した書籍は次のものです。

テキスト&問題集は、テキストの内容から作成したネット試験の模擬問題1回分付き。
総仕上げ問題集はネット試験の模擬問題2回分付き。簿記2級は工業と商業で内容が異なるので、4回分解くことができます。

▼Amazon限定セット


簿記3級テキストと総仕上げ問題集
限定セット販売(特典付箋付き)


商業簿記テキストと総仕上げ問題集
限定セット販売(特典付箋付き)


工業簿記テキストと総仕上げ問題集
限定セット販売(特典付箋付き)

▼書籍一覧


パブロフ流でみんな合格
日商簿記3級
テキスト&問題集 2023年度版

パブロフ流でみんな合格
日商簿記3級
総仕上げ問題集 2023年度版

パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 商業簿記
テキスト&問題集 2023年度版

パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 商業簿記
総仕上げ問題集 2023年度版

パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 工業簿記
テキスト&問題集 2023年度版

パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 工業簿記
総仕上げ問題集 2023年度版

 

2023年度のパブロフのアプリ

パブロフ簿記アプリの2023年度版へのアップデートは2022年4月中を予定しています。有料版につきましては、2022年度版をご購入の方は無料で2023年度版へアップデートできます。

07_02_画像02[Android] [iPhone] [iPad]

07_02_画像03[Android] [iPhone] [iPad]

07_02_画像04[Android] [iPhone] [iPad]

コメントを残す



5 Comments

  1. おかげさまで合格できました☆ on 2024年1月2日 at 10:12

    よせだ先生、はじめまして。
    独学でネットの教材などを使って簿記3級の勉強をしていましたが、2回の不合格。
    このままでは受からないと気づき、書店で『パブロフ流総仕上げ問題集』を中身を確認して購入、無事1週間後に合格できました。
    タイトル通り、総仕上げに最適の本でした。
    ありがとうございます。

    私のような、計算嫌いでケアレスミスの多いうっかり者(しかもツメが甘い)が合格するために必須の1冊だと思い、ブログで紹介しております。

    https://bochi-free.com/bookkeeping/
    (何か問題があればご指摘ください)

    • パブロフくん on 2024年1月21日 at 19:26

      合格おめでとうございます。
      総仕上げ問題集がお役に立ったようで良かったです。
      ブログでも紹介してくださって、ありがとうございます。感謝しておりまして、ブログに掲載して頂いてもまったく問題ございません。

  2. 簿記勉強再開 on 2023年6月27日 at 18:27

    また簿記2級の勉強を始めようと思っています。
    今、手元にあるのは2021年度版なのですが、2023年版に買い替えた方がいいですか?
    テキストは大体読んで、問題集は半分くらいは解きました(それで全然解けなくて嫌になって勉強をやめた

    • パブロフくん on 2023年9月12日 at 17:19

      工業簿記については、試験範囲の変更がないので2021年度のテキスト、総仕上げ問題集をそのままご利用いただけます。
      商業簿記については、2022年度から収益認識基準が試験範囲になったため、一部内容が変更となっています。
      収益認識基準にかかわる変更についてはこちら↓のページにまとめましたので、テキストは2021年度のものをお使いいただきながら、こちら↓の内容だけ気を付ける、というご利用方法でも良いかもしれません。
      https://pboki.com/re/2022reboki.html

      また、工業簿記、商業簿記ともに2021年度版のネット試験模擬問題のご提供期間が終了しております。
      もしネット試験模擬問題をご利用される場合は、2級商業簿記総仕上げ問題集の特典がオススメ(テキストのネット試験模擬問題はテキストレベルにしてあるので、総仕上げ問題集の方がより試験の難易度に近いため)なので、2級商業簿記総仕上げ問題集のみ買い替えていただくのも良いかもしれません。

      ご検討のほどよろしくお願いします。

      • 簿記勉強再開 on 2023年12月2日 at 14:29

        返信が遅くなってすいません

        わかりやすい解説、誠にありがとうございます!!

        買い替えませんでした