原価差異の解き方 【ビデオ講義・無料動画】

簿記2級になって急に難しくなった!

工業簿記がとにかく苦手!

原価差異を見るのも嫌になってきた!

原価差異の解き方が本を読んでもわからない!

どうやったら、時間内に解けるの?

できる人の解き方を後ろから見てみたい!

 

工業簿記の解き方ビデオも作って欲しい!

そんな声にお応えしました!

 

パブロフ簿記の著者が解いているビデオを見れば、一目瞭然。

簿記2級 工業簿記 原価差異の解き方ビデオ


<ポイント>
・まずは数字の入っていない状態の下書きが書けるようになる。
・下書きにどの数字を書き写して埋めていくのかを理解する。
・自分で書けるようになるまで、何度も練習する。
・実はワンパターンなので、短時間で満点が取りやすい。

<補足>
本問は標準原価計算の原価差異分析の問題です。標準原価計算の原価差異分析ができるようになれば、実際原価計算の予定単価を使った場合にも同じように分析を行うことができるようになります。製造間接費の予算額には、固定予算と変動予算の2種類がありますので、忘れた方はテキストP.284で確認しましょう。

 

資料はオリジナル問題を利用しています。ダウンロードはこちら。

1.原価差異の問題
2.答案用紙
3.解答
4.ビデオの下書き

 

関連ページ

本支店会計の解き方 【ビデオ講義・無料動画】

特殊仕訳帳の解き方 【ビデオ講義・無料動画】

残高試算表の解き方 【ビデオ講義・無料動画】

精算表の解き方 【ビデオ講義・無料動画】

損益計算書と貸借対照表の解き方【ビデオ講義・無料動画】

原価差異の解き方【ビデオ講義・無料動画】

仕損・減損の解き方【ビデオ講義・無料動画】

7 Comments

  1. バブロフ on 2019年6月24日 at 15:31

    変動費率をたずとき、固定費率と標準原価の製造間接費@円で、差し引くとこがわからない(涙)

    • Sakarun on 2019年6月25日 at 21:40

      シュラッター図の一番右、基準予算額で考えてみては?

      A. 基準操業度 2,500時間
      B. 固定費予算 4,000,000円
      ∴固定費率=@1,600円
      C. 製造間接費 @2,300円

      A×C = 基準製造間接費 = 2,500時間×@2,300円 = 5,750,000円

      製造間接費=変動費+固定費
      よって、変動費=製造間接費−固定費

      変動費=5,750,000円−4,000,000円=1,750,000円
      この式の両辺を基準操業度の2,500時間で割る。

      変動費率=(5,750,000/2,500)−(4,000,000/2,500)=(1,750,000/2,500)

      変動費率=@2,300 − @1,600 = @700

      私も受験予定の勉強中の者です。
      ご理解の一助になれば幸いです。

    • パブロフくん on 2019年7月4日 at 11:43

      標準原価の製造間接費は、変動費率と固定費率の合計です。下記のように、変動費率を求めることができます。
       標準原価の製造間接費=変動費率+固定費率
        ↓
       標準原価の製造間接費-固定費率=変動費率

  2. 秀ちゃん on 2017年12月14日 at 17:33

    パブロフ君と勉強しています。先生に質問です。製造間接費は年間予算を立てますが、なぜ直接材料費や労務費には予算を立てないのですか?

    • パブロフくん on 2017年12月18日 at 21:33

      原価計算で学習する内容では扱いませんが、実際の会社では予算を立てます。試験範囲と実務の違いと考えましょう。

  3. ASUKA on 2015年2月12日 at 10:17

    原価差異の動画を見たのですが操業度差異は必ずマイナスではないのですか?

    • パブロフくん on 2015年2月17日 at 14:41

      すべての原価差異はマイナス、プラスのどちらも発生します。操業度差異も同様です。
      操業度差異とは、基準操業度と実際操業度の差から発生する差異です。
      基準操業度は過去の経験から予想して今期は何時間稼働させるかを決定した数値です。
      例えば、妖怪ウォッチのようにヒット商品が生まれた場合、作ったら作った分だけ販売できる状況になり、工場の稼働率を上げて生産量を高めます。
      この場合、基準操業度より実際操業度が多くなり、操業度差異がプラス(有利差異)になります。

      このような場合もありますので、操業度差異は必ずマイナスになる、と覚えない方がよいでしょう。

コメントを残す