連結会計③ 連結第4年度の連結精算表の解き方【無料動画】

連結第4年度の問題って、どうやって解けばいいの?

タイムテーブルって、何?

連結子会社が2社ある場合って、どうすればいいの?

そんな声にお応えしました!

難易度の高い連結会計が出ても、しっかりと解ける方法を詳しく解説しました!

 

連結第4年度の連結精算表の解き方ビデオ

<ポイント>
・タイムテーブルで情報を整理する。
・利益剰余金の金額を埋めるための手順を覚える。
・連結修正仕訳はいつも通り書けば、バッチリ。
・難易度の高い場合でも、得点しやすい部分を理解しておこう。

 

オリジナル問題を利用しています。下記からダウンロードしてお使いください。

問題と解答のダウンロード

 

もっと練習したい方は問題集をお使いください♪


パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 商業簿記
総仕上げ問題集 第4版

 

関連ページ

試算表の解き方【無料動画】

決算整理後残高試算表の解き方【無料動画】

精算表の解き方【無料動画】

損益計算書と貸借対照表の解き方【無料動画】

【簿記2級向け】

本支店会計の解き方【無料動画】

連結会計① 連結精算表の解き方【無料動画】

連結会計② 連結財務諸表の解き方【無料動画】

連結会計③ 連結第4年度の解き方【無料動画】

原価差異の解き方【無料動画】

仕損・減損の解き方【無料動画】

7 Comments

  1. ひな on 2019年5月22日 at 16:19

    テキストがわかりやすくとても助かっています。

    質問なんですがタイムテーブルでの解き方は連結2年度、3年度についても有効という認識であっていますでしょうか。

    • パブロフくん on 2019年5月24日 at 22:06

      テキストをお使いくださり、ありがとうございます。
      タイムテーブルは連結2年度、3年度といつでも有効です。

      • ひな on 2019年5月28日 at 12:24

        ありがとうございます!

  2. ひでまる on 2019年5月14日 at 09:41

    お世話になっております。先生のタイムテーブルの動画を見ましたので、
    第3版問題集「連結会計の問題6」(267p)の開始仕訳を、タイムテーブルを
    使って書こうとしましたが、解答と違ってしまいます。何か理解不足があると
    思いますので、ご指摘頂けると助かります。よろしくお願いします。

    前期末・当期末のタイムテーブルは、前期の子会社の当期純利益25,200、
    配当金△6,000ですから、逆算して以下の通りになりませんか?
       x1.3.31    x2.3.31
    し  50,000  →  50,000
    しじ 20,000  →  20,000
          当利+25,200
          配当△6,000
    りじ 57,500  →  76,700
    —————— ———-
    合計 127,500    146,700
    非  51,000     58,680
    の  1,800      1,600
    上記から開始仕訳を切ると、以下の通りになりますが、解答と異なってしまいます
    (利益剰余金は貸借差で計算しています)。

    し  50,000/子 80,000
    しじ 20,000/非 51,000
    りじ 59,200/
    の  1,800/

    非支配株主持分の計算がまちがっているのでしょうか?

    • パブロフくん on 2019年5月20日 at 00:20

      総仕上げ問題集をお使いくださり、ありがとうございます。
      こちらで見直したところ、問題の資料の利益剰余金の金額が間違えており、このため、開始仕訳が合わないのが原因です。
      P.277のX2年3月31日のS社の利益剰余金は95,900が正しいです。

      X0.3.31の利益剰余金60,000
              ↓+21,700△5,000
      X1.3.31の利益剰余金76,700
              ↓+25,200△6,000
      X2.3.31の利益剰余金95,900

      こちらで解きますと、開始仕訳が一致します。混乱させてしまい、大変申し訳ございませんでした。
      詳しい誤植につきまして、出版社に連絡しましたので、正誤表が出ると思いますので、お待ち頂けますと幸いです。

  3. エドワード on 2019年5月14日 at 01:00

    いつもお世話になっております。この動画は本当にわかりやすく、特に開始仕訳の書き方は目からうろこでした。
    一つ質問なのですが、今回は配当がないパターンだったので、連結第三年度の利益剰余金は、単純に452000(第四年度の利益剰余金)-120000(当期純利益)だったと思うのですが、仮に配当があった場合、どうなるのでしょうか?
    子会社の配当額の全額を足せばいいのでしょうか?
    わかりにくかったらすみません。

    • パブロフくん on 2019年5月20日 at 00:35

      コメントありがとうございます。
      配当金があった場合、加算します。

コメントを残す