子会社株式と関連会社株式の仕訳

子会社株式と関連会社株式は、どのように仕訳を行うのか見ていきましょう。

仕訳について

子会社株式と関連会社株式の仕訳は次のとおりです。
どちらも原価法ですから、決算整理仕訳で評価替えを行いません。仕訳自体は簡単ですので、悩むことはないでしょう。

タイミング 仕訳
子会社株式を取得したとき 子会社株式100/現金預金100
関連会社株式を取得したとき 関連会社株式100/現金預金100
決算整理仕訳 仕訳なし

子会社株式、関連会社株式を売却した場合、次のようになります。

 現金預金120/子会社株式  100
       関係会社株式売却益20

 現金預金     90/関連会社株式100
 関係会社株式売却損10

貸借対照表の表示名

子会社株式と関連会社株式は、固定資産の投資その他の資産に関係会社株式として表示されます。

 

連結会計と持分法

子会社株式を取得した場合、連結会計を行うことになります。

連結会計

 

関連会社株式を取得した場合、持分法を適用することになります。
持分法は簿記1級の範囲です。

 

関連ページ

有価証券の保有目的と表示科目
売買目的有価証券
満期保有目的債券
子会社株式・関連会社株式
その他有価証券
期末日の有価証券利息
有価証券と端数利息

1 Comment

  1. 日商簿記アンチ on 2019年5月22日 at 14:35

    とても分かりやすかったです(棒)
    次回受けるので頑張ります!

コメントを残す