決算整理後残高試算表の解き方【無料動画】

2019年度から新しく出題範囲になった決算整理後残高試算表の解き方の流れを丁寧に説明しています。

決算整理後残高試算表の解き方が本を読んでもわからない!

得意な人はどうやって解いているの?

そんな声にお応えしました!

パブロフ簿記の著者が解いているビデオを見れば、一目瞭然。

決算整理後残高試算表の解き方ビデオ

<ポイント>
・2019年度から新範囲になった内容。
・下書き用紙から、答案用紙に仕訳をメモすると集計ミスが減る。スピードも速くなる。
・精算表、財務諸表の問題と同じ解き方。

オリジナル問題を利用しています。下記からダウンロードしてお使いください。

問題と解答のダウンロード

もっと練習したい方はこちらをお使いください♪

テキスト&問題集 2021年度版


総仕上げ問題集 2021年度版

関連ページ

試算表の解き方【無料動画】

決算整理後残高試算表の解き方【無料動画】

精算表の解き方【無料動画】

損益計算書と貸借対照表の解き方【無料動画】

【簿記2級向け】

本支店会計の解き方【無料動画】

連結会計① 連結精算表の解き方【無料動画】

連結会計② 連結財務諸表の解き方【無料動画】

連結会計③ 連結第4年度の解き方【無料動画】

原価差異の解き方【無料動画】

仕損・減損の解き方【無料動画】

5 Comments

  1. おさむ on 2021年8月24日 at 23:22

    すみません商業簿記2級の019と021ページの残高試算表の
    売上900は、利益300を含んでいる数字ということで良かったでしょうか。
    すみませんが教えて下さい。

    • おさむ on 2021年8月25日 at 07:56

      詳細追加です。
      019は
      決算生理前が、仕入800円の商品が100円の利益を付けて900円で売れた。
      決算整理後が、仕入600円の商品が300円の利益を付けて900円で売れた。
      021は、両方共、仕入600円の商品が300円の利益を付けて900円で売れた。
      という内容という事でしょうか。
      繰越商品を含んで貸方と借方の合計が一緒なので、どのように解釈するのかわからなくなりすみません。

      • パブロフくん on 2021年9月6日 at 12:23

        P.019とP.021はどちらも同じです。売上900、売上原価600、利益300です。

        ■三分法の場合
        決算整理前の仕入は、期中に仕入れた金額です。商品の売上原価の金額ではありません。
        決算整理後の仕入は、決算整理仕訳を行うことで、商品の売上原価の金額となります。
        決算整理後の金額では、売上900-売上原価600=利益300、ということになります。

        こちらは簿記3級で学習する内容でして、簿記2級でも重要な内容となりますので簿記3級テキストCh02-10売上原価を復習してみてください。

  2. 佐野 on 2019年8月9日 at 09:11

    整理後試算表の仕入は売上原価を表すという点が分からなくて質問してみました。

    • パブロフくん on 2019年9月11日 at 13:21

      コメントありがとうございます。
      決算整理前の仕入は、当期仕入高(商品を買った金額)を表しています。
      決算整理後の仕入は、売上原価(商品を売った分の原価)を表しています。

コメントを残す