よく出る貸倒引当金のお話

パブロフくんねぇねぇお兄さーん!

お兄さんおはよう、パブロフくん!!

パブロフくん貸倒引当金って何?%って何?

お兄さん貸倒引当金はすごく出題確率が高いからね。今日は貸倒引当金の説明をするね。

パブロフくんやるぞ~!!

 

貸倒引当金を計上していなかったらどうなるか

次の取引について仕訳しなさい。前期に発生した売掛金¥7,000が貸倒れた。前期末に貸倒引当金は計上していなかった。

<解答>
(借方)貸倒損失 7,000 (貸方)売掛金 7,000

<解き方>
貸倒引当金を計上していない場合、前期に発生した売掛金が貸倒れてしまったら、当期に多額の損失が計上されてしまいます。
勘定科目は「貸倒損失」を使います。

 

貸倒引当金の一連の流れ

1.貸倒引当金を計上する場合

次の取引について決算整理仕訳を行いなさい。貸倒引当金の残高は¥500である。売掛金の期末残高¥10,000および受取手形の期末残高¥30,000に対して3%の貸し倒れを見積もり、差額補充法により貸倒引当金を設定する。

<解答>
(借方)貸倒引当金繰入700 (貸方)貸倒引当金 700

<解き方>
貸倒引当金を計上する仕訳が頻出です。貸倒引当金を差額補充法で設定するとは、どういうことなのでしょうか。

貸倒引当金1

実際に問題を解く時は次の下書きを書きます。貸倒引当金の問題では、この下書きを書けば、絶対に間違えることはありません。

下書き
貸倒引当金2

もし、他の決算整理で売掛金や受取手形の修正が入った場合には、修正後の金額で計算するということを忘れないようにしてください。

 

2.貸倒れが起きた場合

次の取引について仕訳しなさい。得意先が倒産し、前期に計上した売掛金¥3,000が貸倒れとなった。貸倒引当金の残高は¥1,200である。

<解答>
(借方)貸倒引当金 1,200 (貸方)売掛金 3,000
    貸倒損失  1,800

<解き方>
貸倒れの金額¥3,000>貸倒引当金¥1,200 という状況。
したがって、「貸倒引当金」を全額取り崩し、足りない分は「貸倒損失」にする。

① 『売掛金が貸倒れ』たので、売掛金が回収できなくなった状態とわかる。売掛金を減らすので、右に書く。
        /売掛金3,000

② 貸倒引当金1,200→0まで減らすので、左に書く。
 貸倒引当金1,200/売掛金3,000

③ 足りない部分は『貸倒損失』となる。
 貸倒引当金1,200/売掛金3,000
 貸倒損失1,800

 

<参考>
もし 貸倒れの金額¥1,000 < 貸倒引当金¥1,200 だったら

(借方)貸倒引当金 1,000 (貸方)売掛金 1,000

パブロフくんパブロフ、「貸倒引当金戻入」っていうのも見たことあるんだけど…。

お兄さん「貸倒引当金戻入」は、試験にほとんど出ないから勉強しなくても大丈夫だよ。「償却債権取立益」はたまに出題されるから覚えておこうね。

パブロフくんなるほど~。

 

補足(簿記2級向け)

日商簿記2級で、下記のような問題が出ています。簡単なので、2級を受験される方は頭の片隅に置いておきましょう。

<問題>
次の取引について仕訳しなさい。当期に発生した売掛金のうち¥5,000をすでに貸倒処理しているが、決算日においてこのうち¥2,000を現金で回収した。

<解答>
(借方)現金 2,000 (貸方)貸倒損失 2,000

<解き方>
解答は下記②ですが、貸倒処理した時にどのような仕訳をしたのか、考えてみましょう。

①貸倒処理した時の仕訳
当期に発生した売掛金を、回収する見込みがないと判断し貸倒処理。
(借方)貸倒損失 5,000 (貸方)売掛金 5,000

②決算日の仕訳(本問の解答)
同じ期に、幸運にも¥2,000回収できたので、貸倒処理を取り消し。
(借方)現金 2,000 (貸方)貸倒損失 2,000

31 Comments

  1. 虎太郎 on 2018年4月27日 at 20:17

    ハブロフくんのマンガを楽しみながら勉強しています。
    テキストの内容ではないのですが、固定資産税の引当金について教えてください。
    (12ヶ月分)*5000
    固定資産税繰入60000/固定資産税引当金60000 実際支払仕訳5/1固定資産税引当金48000/固定資産税48000 5/31に戻し入れの処理をしなさい、といわれました。処理の仕方教えてください。

    • パブロフくん on 2018年5月4日 at 16:40

      大変申し訳ございませんが、日商簿記の試験に関係のない内容につきまして返信できません。該当の出版社、または御社の顧問税理士にご相談ください。

  2. もも on 2018年2月24日 at 17:33

    コメント失礼します。

    2級の精算表の問題で、
    貸倒引当金の残高 不明
    修正記入の借方 13000
    貸借対照表の貸方 7000

    売上債権×2% =7000

    となっていて、解答で貸倒引当金の残高はyとし、

    y−13000+6000=7000
    y=14000

    貸倒引当金の設定を
    7000-(14000-13000)=6000

    として

    借 貸倒引当金繰入 6000 貸 貸倒引当金6000

    としているのですが、残高も繰入額もわからない状態でどうしてこのようになるのでしょうか、、、

    • パブロフくん on 2018年2月24日 at 22:36

      損益計算書に貸倒引当金繰入の金額が書いてあるような気がしますが、問題文を見ないと詳細はわかりません。

  3. しょうた on 2018年2月14日 at 21:03

    失礼します。日商簿記2級の勉強をしている者です。

    ・受取手形と売掛金の期末残高に対して以下のように貸倒引当金を設定する(差額補充法)

    ⑴甲社に対する売掛金100,000円については、債権額から担保処分見込額40,000円を差し引いた残額に対して50%
    ⑵乙社に対する売掛金80,000円については、債権額に対して5%
    ⑶その他の受取手形、売掛金については、債権額に対して2%

    ⚠︎ 受取手形792,000 売掛金720,000

    この問題に対して自分は
    ⑶で(792,000+720,000-10,000-80,000)×2%
    と式を使ったのですが
    解説では(792,000+720,000-144,000-100,000-80,000)×2%
    との事だったんですけど144,000円はどのような経緯で式に入ってきたのでしょうか。

    • パブロフくん on 2018年2月15日 at 00:02

      決算整理仕訳で売掛金か受取手形が減少したのを反映させているようのかと思いますが、
      他社の書籍の質問にはお答えできませんので、その書籍の出版社にお問い合わせ頂けますと幸いです。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

  4. ハリネズミ on 2018年1月13日 at 13:46

    コメント失礼致します。
    テスト対策で閲覧させていただいております。
    貸倒引当金残高がない状態からスタートする場合、どうなるのでしょうか?

    • パブロフくん on 2018年1月16日 at 14:23

      残高がない場合、貸倒引当金0円として解きます。

  5. 3級勉強中 on 2018年1月9日 at 13:47

    2月の3級合格を目標に本(3版)&ブログで勉強しています。
    【貸倒引当金戻入】についてですが、
    >「貸倒引当金戻入」は、2011年4月の日商簿記の範囲改訂で1級の範囲になったから、練習しなくても大丈夫だよ。
    とブログでは書かれて本(3版)には出てこない、のですが日商簿記のHPでは、3級になっています。
    (商業簿記標準・許容勘定科目表 平成 28 年 2 月 1 日制定)3ページ目
    https://www.kentei.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2016/02/h28-30_kamoku.pdf

    本にのっていなくても、試験に出ることはあるのでしょうか。
    教えてください。よろしくお願いします。

    • パブロフくん on 2018年1月9日 at 14:36

      コメントありがとうございます。
      貸倒引当金に関しては過去の見積りの修正(簿記1級の過年度修正)に関する内容ですので、簿記1級の範囲である告知が2011年にされていました。その後、平成28年の改定の説明会や資料等では特にアナウンスはなかったのですが、ご指摘の通り許容勘定科目に入っていますね(ブログの本文を修正しておきます)。
      しかし、簿記2級と簿記3級で出題されたことがありませんので今後も出題される可能性は非常に低いです(重要度が低いためテキストの掲載することもないと思います)。実務でも滅多に出てこない、細かい論点ですから気にされなくて大丈夫です。

      出題されにくいのには理由がございまして、貸倒引当金戻入が発生しにくい理由を簡単に説明いたします。

      ①貸倒引当金繰入の場合
      前期末の貸倒引当金残高150、期中に貸倒れが発生し貸倒引当金を50取り崩しました。
      当期の決算整理前の貸倒引当金残高100です。
      要繰入額が120だった場合、不足が20発生しますので、貸倒引当金繰入20を計上し、貸倒引当金を20増やします。
       貸倒引当金繰入20/貸倒引当金20

      ②貸倒引当金戻入の場合
      前期末に貸倒引当金残高150、期中に貸倒れが発生しませんでした。
      決算整理前の貸倒引当金残高150です。
      要繰入額が120だった場合、過剰が30発生しますので、貸倒引当金戻入30を計上し、貸倒引当金を30減らします。
       貸倒引当金30/貸倒引当金戻入30

      貸倒引当金とは基本的に翌期以降に発生する貸倒れに備えるために計上します。引当金は「発生の可能性が高い」場合だけ、計上がすることができます。会計のルールで貸倒れが起きないのに貸倒引当金を計上してはいけないことになっています(費用を調整して、利益操作ができてしますため)。
      貸倒れが発生した場合、貸倒引当金が減りますので、決算時点では貸倒引当金が少なくなっていることが通常の状態です(①の場合がほとんど)。
      一方で、貸倒れが発生しないのに、貸倒引当金を計上したというのは、そもそも貸倒引当金を設定しなくてよかったのではないか、ということとなります(場合によっては過去の当期純利益を修正しないといけません)。簿記の問題では②はレアケースと考えて大丈夫です。

      まとめると、試験にほぼ出ない(過去に出たことが一度もない)、仮に出ても捨て問ですから対策不要です。

      • 3級勉強中 on 2018年1月9日 at 14:50

        お早い返信ありがとうございます。
        試験内容がころころ変わることがあるんですね。
        過去試験には出ていないとのことで安心しました。
        ありがとうございます!

        • パブロフくん on 2018年1月11日 at 16:13

          解決したようでよかったです。合格を応援しています!

  6. 83 on 2017年9月21日 at 18:25

    11月の試験にむけて、簿記3級総仕上げ問題集 第2版で勉強中です。
    模擬問題第1回の第3問の(5)aが答えを読んでもわかりません。
    なぜ貸倒引当金が使えないのでしょうか?
    9/30が決算で使えないんでしょうか?
    貸倒引当金を設定するのは月ごとにするものですか?
    初歩的なことを聞いていたらすいません
    宜しくお願い致します。

    • パブロフくん on 2017年9月26日 at 17:39

      総仕上げ問題集をお使いくださり、ありがとうございます。
      解説がわかりにくくて大変申し訳ございませんでした。
      簿記3級では、決算は年1回で決算日12月末が多いです。試算表は毎月作成しますが、決算整理仕訳は行いません。決算整理仕訳は12月末の決算日に行います。
      売掛金の貸倒引当金を例で説明します。

      <前期の決算整理仕訳>
      前期末の売掛金×貸倒実績率=貸倒引当金
      前期末の売掛金の残高のうち、どれだけ貸倒れが発生するかを計算した金額が貸倒引当金です。つまり、対象は「前期末の売掛金」です。

      <当期の貸倒れ>
      当期に発生した売掛金については、当期末に貸倒引当金を計上します。つまり、期中の時点では「前期末の売掛金に対する貸倒引当金」は残高がありますが、「当期発生した売掛金に対する貸倒引当金」は残高がありません。このため、貸倒損失を使って仕訳をすることになります。

      • 83 on 2017年9月28日 at 23:39

        返信ありがとうございます
        せっかく貸倒引当金があるのになんで使わないんだろうと…
        説明を読んですっきりしました!
        問題集をバッチリにして試験頑張ります
        ありがとうございました!

        • パブロフくん on 2017年10月7日 at 13:20

          解決したようでよかったです。合格を応援しています!

  7. あっくん on 2016年10月18日 at 20:54

    すいません、何度も考えてみたのですが
    やっぱり分からず質問します…
    2級の問題と同時進行で三級の復習をしている者です。
    最後の2級の問題ですが、何故
    「貸倒損失」となるのでしょうか。
    勉強していた中では
    「償却債権取立益」と覚えていたので混乱してしまいました。
    初歩的な質問でしたら申し訳ありません。

    • パブロフくん on 2016年10月20日 at 00:38

      コメントありがとうございます。
      ポイントは、貸倒が前期以前に発生しているか、当期に発生しているかの違いです。時系列を考えて、取引を理解知れば簡単です。

      <当期発生・当期回収の場合>
      ①2016年10月1日に売掛金5,000円の貸倒れが発生しました。
       貸倒損失5,000/売掛金5,000
      ②2016年10月31日に貸倒処理していた上記売掛金5,000円のうち、2,000円を回収できました。このため、貸倒損失2,000を取り消す仕訳を行いました。これで貸倒損失の金額は5,000→3,000に修正されることになります。
       現金2,000/貸倒損失2,000

      ★結果、損益計算書には貸倒損失3,000円が計上されます。

      <前期発生・当期回収の場合>
      ①2015年6月1日に売掛金5,000円の貸倒れが発生しました。
       貸倒損失5,000/売掛金5,000

      ★前期の損益計算書 貸倒損失5,000

      ②2016年10月31日に貸倒処理していた上記売掛金5,000円のうち、2,000円を回収できました。ここで、貸倒損失2,000を取り消す仕訳を行いたいのですが、前期の貸倒損失は5,000円と記帳されており、損益計算書にも表示されています。前期の貸倒損失5,000→3,000に修正することができません。仕方ないので、償却債権取立益という特別な勘定を使って仕訳を行います。
       現金2,000/償却債権取立益2,000

      ★当期の損益計算書 償却債権取立益2,000

      以上となります。こちらで大丈夫でしょうか。

      • あっくん on 2016年10月27日 at 19:49

        質問したのに、コメントが遅くなり申し訳ありません。
        なるほど!
        スッキリしました、次の問題に取り掛かれそうです(;_;)
        いつも参考にさせて頂いており
        分かりやすくてとてもありがたいです^^
        わざわざご返答ありがとうございました。

        • パブロフくん on 2016年10月28日 at 12:59

          ご理解頂けたようで良かったです。勉強頑張ってください♪

  8. あき on 2016年10月4日 at 12:19

    失礼します。貸し倒れが2015年12月末に倒産により発生し、2月決算には貸し倒れ引当金として、債権の半額を積むことは出来ますか?

  9. 簿記2 on 2016年9月6日 at 14:57

    借受金24000円は得意先A社に対する売掛金を回収したものであることが判明した。なおB社に対する売掛金は50000円(全て当期に発生)であるが、これ以上の回収は見込めないので残額を貸し倒れとして処理することにした。

    という問題で
    借受金 24000 売掛金 24000までは良いのですが貸倒損失 26000 売掛金26000となる理由がわかりません。残額をと書いてありますが別の会社の取引に対する貸し倒れなので貸倒損失50000 売掛金50000とするべきだと思いました。

    長文失礼しました。正しい考え方を教えて下さい。。よろしくお願いします。

    • パブロフくん on 2016年9月6日 at 15:24

      コメントありがとうございます。
      おっしゃるとおりだと思います(借受金ではなく仮受金が正しいです)。もしかしたら、問題文の誤植で「B社」→「A社」だったのかもしれません。
      大変申し訳ございませんが、他の方が作られた問題については、作問の意図や解説の意図がわかりませんので、問題を作成された講師の方、または出版社にお問い合わせしてみてください。

      • 簿記2 on 2016年9月6日 at 17:10

        返信ありがとうございます。誤字の件もありがとうございます、変換間違いでした。
        近くに簿記の知識がある人がいなかったのでこちらで質問致しました。確認してみます。本当にありがとうございました>_<

        • パブロフくん on 2016年9月8日 at 01:33

          解決するといいですね。勉強頑張ってください♪

  10. あやなる on 2016年2月11日 at 09:46

    得意先熊本商店が倒産し、同店に対する売掛金¥360,000が回収不能となったため、貸し倒れとして処理する。回収不能となった売掛金¥360,000のうち、¥160,000は前期の販売から生じた分であり、残額は当期の販売から生じた分である。なお、貸倒引当金の残額は¥180,000である。

    という問題なんですが、貸し倒れ¥180,000が前期分だという記載がないのに答えは
    貸倒引当金 160,000. /360,000
    貸倒損失 200,000

    となる理由が分かりません。

    • パブロフくん on 2016年2月11日 at 11:48

      「回収不能となった売掛金¥360,000のうち、¥160,000は前期の販売から生じた分であり」という問題文の通りで記載がございますので、ご確認の程よろしくお願いします。

      • あやなる on 2016年2月11日 at 15:11

        ということは貸倒引当金が前期分ということですか?
        売掛金160000が前期分というのは
        わかるのですが、、、

        • パブロフくん on 2016年2月11日 at 21:15

          そうです。前期末の売掛金×貸倒実績率で計算しますので、前期末の売掛金から発生する将来の貸し倒れしか計算していません。
          細かい理論的な話もあるのですが、次のことだけ覚えておけば大丈夫です。
          ・前期分→貸倒引当金を取り崩す。不足額は貸倒損失。
          ・当期分→貸倒損失

          • 通りすがりの簿記勉強人 on 2016年8月21日 at 12:49

            通りがかりですみません、補足的にコメント残していきます。
            貸倒引当金の計上などの処理は、通常、決算整理事項として行います。
            つまり、期中の通常取引を終えた後に行うものなのです。
            さて、今回の設問は、当期の通常取引を終えて、「さぁ、今から貸倒引当金の処理をしよう!」という問題です。

            その段階で、貸倒引当金の残額が180,000円ということは・・・
            前期までに計上された貸倒引当金の残額が180,000円ということです。

            この辺りは、文面から丸覚えしてしまうのが一番ですが、理屈としては上記のようになっています。

コメントを残す