流れで覚える現金過不足の仕訳

パブロフくんあわわわわわ!!!!

お兄さん!?

パブロフくんお兄さん、現金かぞえたら帳簿と合ってないの!何回もかぞえたのに!うわぁぁぁん!

お兄さんそれは困ったねぇ。でも、そのうち分かるかもしれないから、とりあえず「現金過不足」にしておけばいいと思うよ。

パブロフくん現金過不足??

 

現金過不足

お店や会社では通常、毎日現金をかぞえ、帳簿と合っているか確認します。
現金はとても横領されやすいため、担当者が日々チェックしています。オモテには出ませんが、従業員の横領が発覚し、社内で処罰されていることもあります。

現金をかぞえることを実査といいます。ちょっとかっこいい呼び名じゃないですか?
ここで言う「現金」は、現金、預金で説明した「現金」です。紙幣や硬貨だけでなく、配当金領収書や他店振出小切手も「現金」としてかぞえます。

1.現金実査をしたとき

■実際有高が帳簿より大きかったとき
帳簿残高 ¥100,000
実際有高 ¥100,100

<仕訳>
(借方)現金 100 (貸方)現金過不足 100

 

■実際有高が帳簿より小さかったとき
帳簿残高 ¥100,000
実際有高 ¥99,000

<仕訳>
(借方)現金過不足 1,000 (貸方)現金 1,000 

 

「現金過不足」自体に特に意味はありません。
現金の帳簿残高を実際有高に合わせるために仕訳をし、その相手勘定が「現金過不足」なのです。

上の例のように、実際有高¥100,100が帳簿残高¥100,000より大きいのであれば、実際有高と同額になるように、帳簿に¥100プラスします。仕訳でいうと、左に「現金」を書きます。そして、相手勘定「現金過不足」を右に書きます。

このように期中、実査を行い、現金過不足を右や左に計上していきます。
現金過不足の内容が判明した場合には、適切に修正します。

2.現金過不足の内容が判明したとき

現金過不足額¥10,000(貸方)のうち、¥2,000は受取手数料の記入漏れであった。

<仕訳>
(借方)現金過不足 2,000 (貸方)受取手数料 2,000

期末に現金過不足がある場合、原因は何か、詳細に調べます。調べた結果、内容が判明した場合には、適切に修正します。
しかし、それでも現金過不足が残ってしまったときは、決算整理で雑損又は雑益に振り替えます。

3.決算整理

■雑損になるとき①
次の取引について仕訳しなさい。現金過不足の残高は¥500(借方)である。原因不明のため雑損又は雑益として処理する。

<解答>
(借方)雑損 500 (貸方)現金過不足 500

 

<解き方>
現金過不足を500→0に減らすので、右に「現金過不足」500と書く。
    /現金過不足500

反対側は左なので、「雑損」500と書く。
 雑損500/現金過不足500

雑益にするか雑損にするか、悩む必要はありません。
とりあえず「現金過不足」を消し、反対側が左であれば「雑損」、右であれば「雑益」です。
【費用】は左、【収益】は右、ですね。

 

■雑損になるとき②
次の取引について仕訳しなさい。
期末の現金実際有高は¥300、帳簿残高は¥320である。差額は雑損又は雑益として処理する。

<解答>
(借方)雑損 20 (貸方)現金 20

 

<解き方>
期末に現金過不足がないバージョンです。考え方は、これまでの説明と同じです。

実際有高¥300が帳簿残高¥320より小さいので、実際有高と同額になるように、帳簿残高を¥20マイナスします。右に「現金」を書きます。
    /現金20

反対側が左なので「雑損」です。
 雑損20/現金20

■雑益になるとき
次の取引について仕訳しなさい。
現金の実際残高が帳簿残高より多かったため、現金過不足額で処理されていた¥8,000のうち、¥6,000は受取手数料の記入漏れであることが判明した。残額については不明のため、適当な科目に振り替えることにした。

<解答>
(借方)現金過不足 8,000 (貸方)受取手数料 6,000
                  雑益    2,000

<解き方>
実際残高が帳簿残高より多かった。
→そのことが分かったときに、このように仕訳していたはず。
(借方)現金 8,000 (貸方)現金過不足 8,000
→したがって「現金過不足」は右にあったはずなので、期末に消す。左に「現金過不足」¥8,000を書く。
 現金過不足8,000

受取手数料の記入漏れ。右に「受取手数料」¥6,000を書く。
 現金過不足8,000/受取手数料6,000

差額が右に¥2,000なので、「雑益」を書く。
 現金過不足8,000/受取手数料6,000
          雑益2,000

 

パブロフくんあっ。

お兄さんん?

パブロフくん昨日家賃払ったの、記帳忘れてた。

お兄さんよかったね、理由が分かって。

パブロフくんうん、さっそく現金過不足を修正するよ~。

 

関連ページ

現金、預金はひたすら暗記

9 Comments

  1. 簿記3級勉強中です。 on 2019年3月28日 at 00:32

    初めまして。簿記3級の基礎でパブロフ君に大変お世話になりました。今は仕訳問題をひたすらに解いているのですが、私の理解が悪いのかどうも納得できないことがあります。よろしければご教示お願いします。
    ◆従業員立替の旅費交通費100円を現金で支払っていたが未記帳であった。前日に実査を行い現金過不足勘定(借方)に600円の記帳を行っている。雑益雑損への振替については決算時に行うものとして今回は行わない◆
    という問題で、
    (1)原因判明の前日に[現金過不足 600 現金 600]という内容を記帳している
    (2)では解は[旅費交通費 100 現金過不足 100]となる
    と思ったのですが、問題の回答は
    [旅費交通費 100 現金 100]でした。
    現金過不足の原因の判明が期中か期末かで変わるのでしょうか。
    宜しくお願いします。

    • パブロフくん on 2019年3月28日 at 11:24

      コメントありがとうございます。
      不思議な問題ですね。使用できる勘定科目に制限があるかもしれませんが、私にはわかりませんので、作問した方にお問い合わせするのが一番です。お使いの書籍の出版社にお問い合わせいただけますと幸いです。
      他の出版社の書籍の質問はこちらでは受け付けておりませんので、ご了承ください。

      • 簿記3級勉強中です。 on 2019年3月28日 at 14:27

        返信ありがとうございます。
        本来であればその様にするべきとは分かっていたのですが、web上の、しかも連絡先がなく、だめ元でコメントさせていただきました。
        パブロフ君の本を見ても、間違っていると思えなかったのですが、自信が揺らいでしまいました。
        「不思議」との感想を頂けたのでもっと問題を解いて自信をつけたいと思います。
        お手数をお掛けしてすみませんでした。

        • パブロフくん on 2019年3月28日 at 18:40

          そうだったのですね。旅費交通費100/現金過不足100が正しい仕訳ですから、そのサイトが間違えています。WEB上に連絡先もなく、どのような方が書いたのかわからない情報ですから、気にしないで大丈夫ですよ。ネット上の簿記や経理の情報は、正確でないことが多くありますので、テキストを中心に学ぶ方が合格への近道です。

          • 簿記3級勉強中です。 on 2019年3月29日 at 23:54

            返信ありがとうございます。
            また、正しい解答も教えて頂きありがとうございます。
            信頼の置けるアプリか問題集の購入をして今年の合格を目指します。

            • パブロフくん on 2019年4月8日 at 17:12

              解決したようで良かったです。合格を応援しています!

        • りんたろう on 2019年9月15日 at 23:29

          突然失礼します。

          もしかしてですが、上記の問題は引っ掛け?問題で、未記帳だったという従業員立替の旅費交通費100円を現金で支払ったというのは前日以降のことで、現金化不足が記帳されたよりは後だが、現時点で未記帳だということではないでしょうか。
          そう考えるとすれば、
          [旅費交通費100 現金100]
          という答えになるのかなと考えてしまいました。
          とんちんかんなことを言っていたらごめんなさい、、。

          うーん。不思議な問題です。

  2. みご on 2019年1月9日 at 16:41

    貸倒引当金の項目をタップしたらこちらに飛びました。。
    修正お願いします(;_;)

    • パブロフくん on 2019年1月10日 at 13:33

      リンク、修正しました!ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。

コメントを残す