総合原価計算の解き方 ②材料の追加投入

パブロフくん材料を追加投入するから…えっと…

お兄さんパブロフくん、材料の追加投入には2つのパターンがあるんだ。

パブロフくんえっ!?知らなかった。

 

材料の追加投入

材料の追加投入の出題のされ方には2つのパターンがあります。
「作業の途中点で投入する場合」と「工程を通じて平均的に投入する場合」です。

(1)作業の途中点で投入する場合

作業の途中のどこか1か所で材料を一気に追加投入します。
2-1材料の追加投入

(2)工程を通じて平均的に投入する場合

作業の開始から終了まで、工程を通じて材料を少しずつ平均的に投入します。
平均的に投入する場合、作業進捗度に応じて材料Cが投入されることになるので、完成品換算量を使って計算することになります。
2-2材料の平均投入

 

(1)材料の追加投入(作業の途中点で投入)

総合原価計算の材料の追加投入(作業の途中点で投入)の例題を使って、解き方を見ていきましょう。

2-3材料の追加投入

 

<解答>
完成品原価 57,230円

<解き方>
ステップ1 状況を整理します。材料Bの追加点は50%なので、ここを通過した140個分に対して、材料Bを投入します。 
総合原価計算(材料の追加投入)

 

ステップ2 仕掛品のBOX図の下書きを書きます。材料費Aと加工費と追加した材料費B、3つのBOX図を書くのがポイントです。
2-5材料の追加投入

 

ステップ3 次の赤字の部分には問題文の情報をそのまま写します。
2-6材料の追加投入

 

ステップ4 次の赤字の部分は、自分で計算します。

2-7材料の追加投入
加工費
 月初 20個×20%=4個
 月末 10個×80%=8個
 投入 130個+8個-4個=134個

材料費B
 材料費Bの数量はステップ1の図(下の図)を見ながら記入します。月初仕掛品、月末仕掛品、完成品の進捗度が「追加投入地点(50%)」を通過していれば、原料Bは投入済みですので、材料費Aと同じ数量(10個)を書きます。一方、「追加投入地点(50%)」通過していなければ、原料Bはまだ投入していませんので、0個と書きます。
 月初 月初は20%なので、材料費Bはまだ投入前→0個
 完成 材料費Bは投入済み→130個
 月末 月末の80%なので、材料費Bは投入済み→10個
 投入 130個+10個-0個=140個

総合原価計算(材料の追加投入)

 

ステップ5 月末の金額を計算します。
2-8材料の追加投入
月末
 材料費A 28,800円÷120個×10個=2,400円
 加工費 21,440円÷134個×8個=1,280円
 材料費B 5,628円÷140個×10個=402円

 

ステップ6 完成品の金額を差額で出します。

2-9材料の追加投入

完成
 材料費A 5,080円+28,800円-2,400円=31,480円
 加工費 364円+21,440円-1,280円=20,524円
 材料費B 0円+5,628円-402円=5,226円
完成品原価 31,480円+20,524円+5,226円=57,230円

 

(2)材料の追加投入(工程を通じて平均的に投入)

総合原価計算の材料の追加投入(工程を通じて平均的に投入)の例題を使って、解き方を見ていきましょう。

2-10材料の平均投入

<解答>
完成品原価 54,604円

 

<解き方>
ステップ1 状況を整理します。材料は工程を通じて平均的に投入しています。
材料の追加投入(工程を通じて平均的に投入)

ステップ2 仕掛品のBOX図の下書きを書きます。材料費Aと加工費と材料費C、3つのBOX図を書くのがポイントです。
2-12材料の平均投入

 

ステップ3 次の赤字の部分には問題文の情報をそのまま写します。
2-13材料の平均投入

 

ステップ4 次の部分は計算で出します。「工程を通じて平均的に投入」ですので、材料費Cの数量は加工費の数量と同じになりますから、書き写します。材料Cを平均的に投入するということは材料Cがだんだん累積していくということで、これは加工費と同じ考え方をします。
2-14材料の平均投入

加工費
 月初 20個×20%=4個
 月末 10個×80%=8個
 投入 130個+8個-4個=134個

材料費C
 月初、投入、完成、月末は加工費の数量を書き写す。
 

ステップ5 月末の金額を計算します。
2-15材料の平均投入

月末
 材料費A 28,800円÷120個×10個=2,400円
 加工費 21,440円÷134個×8個=1,280円
 材料費C 2,680円÷134個×8個=160円

 

ステップ6 完成品の金額を差額で計算します。
2-16材料の平均投入

完成
 材料費A 5,080円+28,800円-2,400円=31,480円
 加工費 364円+21,440円-1,280円=20,524円
 材料費B 80円+2,680円-160円=2,600円
完成品原価 31,480円+20,524円+2,600円=54,604円

 

パブロフくんステップ4がポイントなんだね!

お兄さんそのとおり!材料の追加投入では、BOX図の個数の書き方がポイントなんだ。

 

関連ページ

総合原価計算の解き方 ①基礎

総合原価計算の解き方 ②材料の追加投入

総合原価計算の解き方 ③仕損・減損1(完成品のみ負担)

総合原価計算の解き方 ④仕損・減損2(完成品と月末仕掛品の両者負担)

総合原価計算の解き方 ⑤工程別・組別・等級別

3 Comments

  1. ゆるーく勉強中 on 2014年10月31日 at 10:46

    有難うございます!丁寧に教えて頂いて感謝です。

  2. ゆるーく勉強中 on 2014年10月29日 at 23:47

    作業の途中で投入という項目でB材料の数量が追加投入地点(50%)を通過していれば材料費Aと同じ数量を書き、通過していなければ0個と書きますということですが、この辺がどうも理解できません。申し訳ありませんが、私でも理解できるように何かヒントになるようなことがあれば教えて頂けないでしょうか。

    • パブロフくん on 2014年10月30日 at 16:08

      コメントありがとうございます。段階を追って説明します。ブログの方も補足しておきました。

      身近な例にします。
      例:フセン(A材料)に50%の地点でハンコ(B材料)を押す。
      月初に作業途中のフセンが20枚あり、当月新しいフセン120枚を投入し、完成品が130枚ができ、月末に10枚作業途中でした。
      月初のフセンは20%の地点だったため、ハンコが押されていませんでしたが、月末のフセンは80%だったため、すべてハンコが押してありました。

      ハンコ(B材料)だけに注目すると、月初のフセンにハンコは0個、月末のフセンにハンコは10個になります。そして、当月フセンにハンコを押した数は140個となります。
      このように、まだ投入していないなら0個、投入済みならA材料と同じ数量ということになります。

      今回の数値例について、月初仕掛品について説明します。
      ・A材料は加工進捗度0%の地点で1個分投入します。月初仕掛品の加工進捗度20%ですから、すべて0%を通過済みですので、A材料が20個分が投入済みの状態です。
      ・加工費は加工進捗度に合わせて徐々に1個分投入します。月初仕掛品の加工進捗度20%ですから、月初仕掛品には20個×20%=4個分が投入済みの状態です。
      ・B材料は加工進捗度50%の地点で1個分投入します。月初仕掛品の加工進捗度は20%ですから、まだB材料は投入していませんので、20×0=0個分になります。

コメントをする 返信をキャンセル