総合原価計算の解き方 ③仕損・減損1(完成品のみ負担)

パブロフくんわっ、仕損!パブロフ苦手!

お兄さん仕損は解き方さえ理解してしまえば、実はとっても簡単だよ。

パブロフくんえっ、難しくないの?ウソ?

お兄さん嘘じゃないよ…どうやって解くのか説明するね。

 

仕損と減損の違い

まずは、仕損と減損の違いについて確認しておきましょう。試験ではどちらも出題されますが、仕損と減損は同じ方法で解くことができますので、ここからは仕損を例にとって説明していきます。

仕損 作業の途中で失敗してしまうこと 仕損品が残っているので、評価額がある
減損 蒸発などにより、数量が減ってしまうこと モノが残っていないので、評価額がない

 

仕損の解き方

仕損には、仕損にかかった原価を「完成品原価に含めて処理する方法」と「完成品原価と月末仕掛品原価に含めて処理する方法」2パターンがあります。

たとえば次の図のように月末仕掛品が80%の場合、仕損が加工進捗度80%から100%の間で発生した場合「完成品原価に含めて処理する方法」で処理します。月末仕掛品は仕損の発生点を通過していないので、月末仕掛品に、仕損にかかった原価を含めないのです。
仕損が0%から80%の間で発生した場合「完成品原価と月末仕掛品原価に含めて処理する方法」で処理します。月末仕掛品は仕損の発生点を通過しているので、月末仕掛品にも、仕損にかかった原価を含めるのです。

3-1仕損減損の解き方_完成品のみ負担

問題を解く場合、下書きの書き方が違うので、先入先出法と平均法を別々に説明します。

 

完成品原価に含めて処理する方法(先入先出法)

3-2仕損減損の解き方_完成品のみ負担

<解き方と解答>

○ステップ1
状況を整理します。

3-3仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ2
仕掛品のBOX図の下書きを書きます。右側に仕損の欄を書いておく点がポイントです。

3-3.5仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ3
次の部分には問題文の情報をそのまま写します。仕損の欄に評価額を書いておく点がポイントです。

3-4仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ4
次の部分は計算で出します。

3-5仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ5
月末の金額を計算します。

3-6仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ6
完成品の金額を差額で出します。仕損の評価額をマイナスする点がポイントです。
30,980円+18,338円=49,318円(答え)

3-7仕損減損の解き方_完成品のみ負担

 

完成品原価に含めて処理する方法(平均法)

3-8仕損減損の解き方_完成品のみ負担

<解き方と解答>

○ステップ1
状況を整理します。

3-9仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ2
仕掛品のBOX図の下書きを書きます。右側に仕損の欄を書いておく点がポイントです。

3-9.5仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ3
次の部分には問題文の情報をそのまま写します。仕損の欄に評価額を書いておく点がポイントです。

3-10仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ4
次の部分は計算で出します。平均法ですので金額と数量の合計を書いておきます。

3-11仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ5
月末の金額を計算します。

3-12仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ6
完成品の金額を差額で出します。仕損の評価額をマイナスする点がポイントです。
30,960円+18,330円=49,290円(答え)

3-13仕損減損の解き方_完成品のみ負担

 

パブロフくんあれ?これって、いつも解いてる(仕損がない場合)と同じだね。

お兄さんおっ、よく気が付いたね、大体同じだよ。仕損が終点で発生している場合は、いつもと同じように、月末仕掛品→差額で完成品と計算すれば解けるようになっているんだ。ただ、仕損品の評価額をマイナスする点が違うから、注意しないとね。

パブロフくん意外と簡単だね。「完成品原価と月末仕掛品原価に含めて処理する方法」は?

お兄さん次回説明するね!

19 Comments

  1. on 2019年2月22日 at 00:14

    パブロフ簿記のテキストとアプリを利用させてもらっているのですが、アプリの仕損の問題②と⑥(完成品のみ負担・処分価額あり)で処分価額が材料費からマイナスされていないのはなぜでしょうか?問題②だと、完成品の材料費は170円かと思ったのですが、処分価額△50円をする前の220円でした。

    • パブロフくん on 2019年2月22日 at 11:57

      アプリをお使いくださり、ありがとうございます。
      アプリの解説では、材料費と加工費の合計から50をマイナスしていますが、テキストと同じように考えると材料費は220-50=170で正しいです。
      テキストの考え方で覚えておけば大丈夫です。

      • on 2019年2月22日 at 21:13

        ご回答ありがとうございます!承知しました。

  2. Chem on 2019年2月6日 at 21:10

    お世話になります。
    当例題の先入先出法において、仕損品の評価額は500円であり、材料費からマイナスしている、と書かれています。この「材料費からマイナスしている」とはどのような意味なのでしょうか。また、テキストには「指示がなくても材料費からマイナスする」とも書かれており、??の状態です。
    仕損の基本的なことが理解できていないのだとは思うのですが・・・。
    申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

    • パブロフくん on 2019年2月7日 at 12:20

      テキストをお使いくださり、ありがとうございます。
      説明がわかりにくくて大変申し訳ございませんでした。次のように考えてみてください。
      なお、仕損品の評価額はテキストP.220に書いてありますので、確認してみてください。

      ■完成品の材料費
      仕損品の評価額がゼロの場合、完成品の材料費は、次のような状況です。
       5,080円 +28,800円-2,400円=31,480円
       月初20個 投入120個 月末10個 完成品と仕損の合計130個

      本来なら、完成品125個分の材料費ですが、仕損の5個分の材料費が完成品に負担させられた状況です。
       ↓
      仕損品は5個分材料費がかかっていますが、仕損品を売ることで、材料費のうち500円は回収することができます。
      これを反映させると、次のような式になります。
       5,080円 +28,800円-2,400円-500円=30,980円
       月初20個 投入120個 月末10個    完成品と仕損の合計130個

      評価額がゼロの場合と比べると、仕損品の評価額がある分だけ、完成品の材料費が31,480→30,980へ減っています。
      材料費からマイナスしている、というのは、このマイナスを意味しています。

      仕損品の評価額は、材料である鉄や金属のスクラップの買取価格ですので、材料費から発生するものですので、加工費からではなく材料費からマイナスします。

      なお、動画解説もありますので、こちらも見てみてください。
      https://pboki.com/youtube/boki2k.html

      • Chem on 2019年2月7日 at 20:29

        回答いただきありがとうございます。
        なんとなく分かりかけてきたのですが、もう少し質問があります。
        仕損品の評価額がゼロのとき、
        5,080円+28,800円-2,400円=31,480円が完成品と仕損品の材料費ですよね?
        これは、本来は材料費だけでいえば31,480円で完成品が130個できるはずなのに、トラブルによって31,480円で完成品125個、仕損品5個になってしまった。
        つまり31,480円で130個できるはずが125個しかできず、結果的に原価が高くなってしまった(完成品材料単価でいうなら、31,480円÷130個=約242円のはずが、31,480円÷125個=約252円となってしまった)
        ということなのでしょうか。

        なかなか私の理解がよくなく、申し訳ありません。
        お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

        • パブロフくん on 2019年2月7日 at 22:19

          はい、その理解で正しいです。
          一度理解して仕舞えば、解き方は簡単です♪

          • Chem on 2019年2月8日 at 21:30

            やっと理解できました!
            本当にありがとうございました。

            • パブロフくん on 2019年2月13日 at 16:08

              解決したようで良かったです♪

  3. 颯葵 on 2019年1月30日 at 23:05

    コメント失礼します。
    私は「仕損は完成品に含める」=「仕損費は完成品負担」という認識ですが、完成品総合原価を計算する際、仕損評価額を控除する意味がよくわかりません。完成品負担なら控除しない方がいいのでは?と思ってしまいます。恐れ入りますが解説のほどよろしくお願い致します。

    • パブロフくん on 2019年2月1日 at 12:41

      コメントありがとうございます。
      仕損費の意味があやふやなのかもしれません。
      わかりやすように下記のように、仕損費を計算します。

      仕損品5個の仕損費の計算
       材料 28,800÷120個×5個=1,200円
       加工費 18,760÷134個×5個=700円
       評価額 500円
       正常仕損費 1,200+700-500=1,400円

      つまり、仕損品5個作るのに1,900円かかったが、500円で売れるので、実質は1,400円かかったことになります。これが仕損費です。
      本来、完成品は125個作るのに必要な材料費と加工費だけですが、仕損費1,400円を仕損が発生したことで負担させられています。

      ただし、このように仕損費を厳密に計算する方法は簿記1級で学習する方法(非度外視法)ですので、細かい計算をする必要はありません。簿記2級で学習する度外視法は、本記事のように、完成品と仕損品の130個の材料費、加工費から評価額500円をマイナスして、完成品の金額を計算することになります。

      • 颯葵 on 2019年2月2日 at 21:52

        解説ありがとうございます!

        つまり仕損費と仕損評価額は全くの別物、そして、評価額分(売れる分)だけを控除することで、実際の仕損費は完成品に負担できている、ということでよろしいでしょうか?

        現在1級取得のため、復習を兼ねて2級の勉強をしておりますが、どうしても思い出せなかったのでとても助かりました!

        • パブロフくん on 2019年2月5日 at 11:04

          解決したようで良かったです。
          簿記1級のテキストに度外視法と非度外視について詳しく書いてありますので、見てみてください♪

  4. たこ on 2018年11月14日 at 14:03

    仕損を完成品のみに、ふたんさせた場合で、
    完成品単位原価は、完成品総合原価を、そのまま完成品の数でわればいいですか?
    それとも、完成品の数+仕損の数でわりますか?
    教えてほしいです!

    • パブロフくん on 2018年11月14日 at 16:20

      コメントありがとうございます。
      仕損は完成品ではありませんので、完成品単位原価を計算する場合、完成品総合原価÷完成品の数=完成品単位原価、となります。

  5. pbrf_cute on 2017年11月6日 at 04:36

    「材料費からマイナス」して、「加工費側でプラス」する理由についてお伺いしたいです。
    私の思うには、仕損が加工での失敗だからと捉えています。
    もし、そうであれば、減損の場合は「材料費側でプラス」して「加工費側でマイナス」という考え方で合ってますでしょうか?

    • パブロフくん on 2017年11月11日 at 11:17

      コメントありがとうございます。
      仕損品の処分価額に関する質問でしょうか?
      仕損品の処分価額は、鉄くず、木くずとしての評価額ですから、材料の素材に起因して発生するものですので、材料費からマイナスするという考え方につながります。

      • pbrf_cute on 2017年11月12日 at 02:59

        材料の評価額が下がる為ですね、解説ありがとうございますm(_ _)m

        • パブロフくん on 2017年11月12日 at 19:43

          解決したようでよかったです。

コメントを残す