総合原価計算の解き方 ③仕損・減損1(完成品のみ負担)

パブロフくんわっ、仕損!パブロフ苦手!

お兄さん仕損は解き方さえ理解してしまえば、実はとっても簡単だよ。

パブロフくんえっ、難しくないの?ウソ?

お兄さん嘘じゃないよ…どうやって解くのか説明するね。

 

仕損と減損の違い

まずは、仕損と減損の違いについて確認しておきましょう。試験ではどちらも出題されますが、仕損と減損は同じ方法で解くことができますので、ここからは仕損を例にとって説明していきます。

仕損 作業の途中で失敗してしまうこと 仕損品が残っているので、評価額がある
減損 蒸発などにより、数量が減ってしまうこと モノが残っていないので、評価額がない

 

仕損の解き方

仕損には、仕損にかかった原価を「完成品原価に含めて処理する方法」と「完成品原価と月末仕掛品原価に含めて処理する方法」2パターンがあります。

たとえば次の図のように月末仕掛品が80%の場合、仕損が加工進捗度80%から100%の間で発生した場合「完成品原価に含めて処理する方法」で処理します。月末仕掛品は仕損の発生点を通過していないので、月末仕掛品に、仕損にかかった原価を含めないのです。
仕損が0%から80%の間で発生した場合「完成品原価と月末仕掛品原価に含めて処理する方法」で処理します。月末仕掛品は仕損の発生点を通過しているので、月末仕掛品にも、仕損にかかった原価を含めるのです。

3-1仕損減損の解き方_完成品のみ負担

問題を解く場合、下書きの書き方が違うので、先入先出法と平均法を別々に説明します。

 

完成品原価に含めて処理する方法(先入先出法)

3-2仕損減損の解き方_完成品のみ負担

<解き方と解答>

○ステップ1
状況を整理します。

3-3仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ2
仕掛品のBOX図の下書きを書きます。右側に仕損の欄を書いておく点がポイントです。

3-3.5仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ3
次の部分には問題文の情報をそのまま写します。仕損の欄に評価額を書いておく点がポイントです。

3-4仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ4
次の部分は計算で出します。

3-5仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ5
月末の金額を計算します。

3-6仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ6
完成品の金額を差額で出します。仕損の評価額をマイナスする点がポイントです。
30,980円+18,338円=49,318円(答え)

3-7仕損減損の解き方_完成品のみ負担

 

完成品原価に含めて処理する方法(平均法)

3-8仕損減損の解き方_完成品のみ負担

<解き方と解答>

○ステップ1
状況を整理します。

3-9仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ2
仕掛品のBOX図の下書きを書きます。右側に仕損の欄を書いておく点がポイントです。

3-9.5仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ3
次の部分には問題文の情報をそのまま写します。仕損の欄に評価額を書いておく点がポイントです。

3-10仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ4
次の部分は計算で出します。平均法ですので金額と数量の合計を書いておきます。

3-11仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ5
月末の金額を計算します。

3-12仕損減損の解き方_完成品のみ負担

○ステップ6
完成品の金額を差額で出します。仕損の評価額をマイナスする点がポイントです。
30,960円+18,330円=49,290円(答え)

3-13仕損減損の解き方_完成品のみ負担

 

パブロフくんあれ?これって、いつも解いてる(仕損がない場合)と同じだね。

お兄さんおっ、よく気が付いたね、大体同じだよ。仕損が終点で発生している場合は、いつもと同じように、月末仕掛品→差額で完成品と計算すれば解けるようになっているんだ。ただ、仕損品の評価額をマイナスする点が違うから、注意しないとね。

パブロフくん意外と簡単だね。「完成品原価と月末仕掛品原価に含めて処理する方法」は?

お兄さん次回説明するね!

6 Comments

  1. たこ on 2018年11月14日 at 14:03

    仕損を完成品のみに、ふたんさせた場合で、
    完成品単位原価は、完成品総合原価を、そのまま完成品の数でわればいいですか?
    それとも、完成品の数+仕損の数でわりますか?
    教えてほしいです!

    • パブロフくん on 2018年11月14日 at 16:20

      コメントありがとうございます。
      仕損は完成品ではありませんので、完成品単位原価を計算する場合、完成品総合原価÷完成品の数=完成品単位原価、となります。

  2. pbrf_cute on 2017年11月6日 at 04:36

    「材料費からマイナス」して、「加工費側でプラス」する理由についてお伺いしたいです。
    私の思うには、仕損が加工での失敗だからと捉えています。
    もし、そうであれば、減損の場合は「材料費側でプラス」して「加工費側でマイナス」という考え方で合ってますでしょうか?

    • パブロフくん on 2017年11月11日 at 11:17

      コメントありがとうございます。
      仕損品の処分価額に関する質問でしょうか?
      仕損品の処分価額は、鉄くず、木くずとしての評価額ですから、材料の素材に起因して発生するものですので、材料費からマイナスするという考え方につながります。

      • pbrf_cute on 2017年11月12日 at 02:59

        材料の評価額が下がる為ですね、解説ありがとうございますm(_ _)m

        • パブロフくん on 2017年11月12日 at 19:43

          解決したようでよかったです。

コメントを残す