下書きで解く棚卸減耗損、商品評価損

 棚卸減耗損

04_13_棚卸資産 図10

パブロフくんた、たいへんだ~!!110番しなきゃ!!

お兄さんパブロフくん、どうしたの!!強盗!?

パブロフくんお兄さん、たいへんなの!たいへんなの!!

お兄さんパブロフくん、ちょっと落ち着いて。どうしたんだい?

パブロフくんさっき商品の棚卸して、帳簿と合ってるか確認してたら、お店のドッグフードが1箱足りないの。

お兄さんあー、それは残念だね。本当は帳簿と実際が合っていなきゃいけないんだけど、万引きされたり、間違った数出荷してしまったり、様々な要因で帳簿と実際が合わなくなってしまうことがあるよね。警察に頼んでも、ドッグフード1箱で捜査してくれるとは思えないし…。

パブロフくんうぅ、どうしよう、、、。

お兄さんなくなっちゃったものは仕方ないから、元気を出して!帳簿の商品数より実際の商品数が少なくなってしまったことを「棚卸減耗損」というんだ。

 

商品評価損

04_13_棚卸資産 図11

パブロフくんそういえば、ねずみさんに箱かじられて箱がボロボロになっちゃったのもあるの。

お兄さん箱はボロボロで、本来の値段では売れなくても、箱から出せば少し安くで売れるなら、「商品評価損」を計上しておくんだよ。

パブロフくん商品評価損って、何?

お兄さん商品を買った後に品質が低下してしまった場合や、商品の時価が買った値段より下がってしまった場合に出てくるんだ。ようは、買った値段でも売れないから、実際に売れる金額まで簿価を下げておこうってことだよ。在庫を実際に売れる値段に変更するんだ。

 

棚卸減耗損と商品評価損の問題

次の取引の決算整理仕訳を行いなさい。

商品の期首棚卸高 ¥2,000
商品の期末棚卸高
 帳簿棚卸高
  数量 6個
  原価 @500
 実地棚卸高
  数量 5個 うち
   4個の正味売却価額@300
   1個の正味売却価額@550

<解答>
(借方)仕入   2,000 (貸方)繰越商品 2,000
    繰越商品 3,000     仕入   3,000
    棚卸減耗損 500     繰越商品 1,300
    商品評価損 800

<解き方>
仕訳①~⑤を集計すると解答になる。

①② しーくりくりしー
(借方)仕入   2,000 (貸方)繰越商品 2,000
(借方)繰越商品 3,000 (貸方)仕入   3,000

③ なくなった分
(借方)棚卸減耗損 500 (貸方)繰越商品 500

④ 値段が下がった分
(借方)商品評価損 800 (貸方)繰越商品 800

⑤ 値段が下がっていない分
仕訳なし

 

下書き

04_13_棚卸資産の評価

まとめ

1.実際に減った数を調整

2.値段の調整

 

パブロフくん棚卸減耗損と商品評価損両方出てくると、いっぱいやることあってごちゃごちゃ~。

お兄さん1個1個は難しくないから、下書きを書いて、1個1個ていねいに仕訳を書くといいよ。仕訳を集計したら答えになるからね。

パブロフくんうん!!

19 Comments

  1. 簿記受験生 on 2020年9月13日 at 14:41

    お世話になっております。
    日商簿記2級総仕上げ問題集のチャプター2の問題3の総勘定元帳の摘要ですが、仕分けで反対側(商品が借方なら貸方)が複数でも諸口にならないものもあるようですが、これはその勘定科目と直接対になっているものが複数の場合だけ諸口となるのでしょうか?

  2. 簿記受験生 on 2020年2月17日 at 20:37

    お世話になっております。
    2月試験に向けて追い込みかけています。
    テキストと総仕上げ問題を中心にやっています。
    アプリダウンロード特典の実践問題ですが、
    棚卸を含めた売上原価の計算でわからない点が出てきています。

    第2回第3問 
     決算整理事項 
      しー 3,300,000  くり 3,300,000
      くり 3,600,000  しー 3,600,000
      減耗損 180,000   くり 180,000
      評価損 320,000    くり 320,000
      しー  180,000  減耗損 180,000 
     しー  320,000  評価損 320,000 
     
    PLの売上原価は、残高36,000,000と上記加味後で36,200,000 となっています。

    第3回第3問
     売上原価は、残高試算表の7,730,000のままになっています。
     なぜ、棚卸資産の決算整理仕訳を考慮しないのがわかりません。
     仕入は「期首272,000-期末 228,000=44,000」減額にはならないのでしょうか?

    第2回の方は、「売上原価に算入する」と記載されているから??

    ◎減耗損と評価損を売上原価に入れない場合 → 仕入れ金額: 試算表の金額のまま
    ◎減耗損と評価損を売上原価に含める場合  → 仕入金額: 試算表残高
                                ± しーくりくりしー+減耗損(評価損)

    総仕上げ問題集第3版P154の仕入も2,693,100です(こちらは仕訳通りで理解できます)

    以上長くなりましたが、ご指導いただけると幸いです

    • パブロフくん on 2020年2月22日 at 08:10

      テキストP.336を見てみてください。損益計算書の2,900の部分に黒枠で「3,500-600 これが売上原価」と書いてあります。
      第3回の第3問は、同じ部分が売上原価の金額を表しております。売上原価の内訳を書いたうえで、売上原価の金額を計算しているのです。
      第2回の第3問は、答案用紙の損益計算書を答えるわけではないため、自分で書く損益計算書の金額は売上原価の金額を直接計算しています。
      内訳を表示しているかどうかで、どちらも計算は同じですので、確認してみてください。

      • 簿記受験生 on 2020年2月22日 at 10:33

        返信ありがとうございます。
        理解できました。
        売上原価に含める方法をというのを「当期商品仕入高」に含めることと勘違いしていました。
        売上原価に含める場合は、仕入/棚卸減耗(評価損)の仕訳をしているから。
        この「仕入」は当期商品仕入高ではなくて、
        PLの「売上原価」項目ということが理解できました。
        一方、独立の科目ということは、最後に「売上原価」へ加算
        しないということがわかりました。ありがとうございました。 
        明日、全力で頑張ってきます。

        • パブロフくん on 2020年2月22日 at 20:06

          解決したようで良かったです。合格を応援しています!

  3. YUiKA on 2019年2月8日 at 12:35

    仕訳はわかりました。
    ありがとうございます。
    ですが、計算の仕方がわかりません。
    教えてください!!パブロフくん!!

    • パブロフくん on 2019年2月13日 at 16:07

      コメントありがとうございます。
      記事の「下書き」に計算が書いてありますので、見てみてください。

  4. みっつ on 2017年11月19日 at 18:49

    今日日商簿記二級を受けたものですが、第3問で棚卸減耗損を棚卸減耗費と書きました。棚卸減耗費とかいても正解とみなされますか?

  5. なつみ on 2017年10月19日 at 22:47

    お世話になっております。
    商業簿記2級の総仕上げ問題集第2版の119ページの下書きで、24日の売掛金回収額が6,000,000(貸方)となっております。
    一方122ページの解答では5,500,000円となっているのですが、途中の経過が分かりません。
    お手数ですが、途中経過を教えてください。

    • パブロフくん on 2017年10月20日 at 12:52

      総仕上げ問題集をお使いくださり、ありがとうございます。
      該当箇所は誤植でして、大変申し訳ございませんでした。下記Q3に正誤表がございますので、ご確認頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。
      http://pboki.com/nisho2/2shogyoqa/faq.html

      • なつみ on 2017年10月22日 at 10:39

        確認不足でスミマセン!
        正誤表の場所も分かりましたので、今後とも参考にさせていただきますm(_ _)m

        • パブロフくん on 2017年10月22日 at 22:55

          解決したようでよかったです。合格を応援しています!勉強頑張ってください♪

  6. めい on 2016年9月20日 at 16:23

    質問があります。
    この問題は、ボックス図を使わないのでしょうか?

    • パブロフくん on 2016年9月29日 at 06:38

      コメントありがとうございます。
      期末商品のボックス図を書いて解く方法でも解けますので、好きな方で大丈夫です。

  7. 同情するなら資格をくれ! on 2016年5月22日 at 11:37

    パブロフ君はネズミが嫌いなのでしょうか?(フフフ・・・)
    さて、私は授業で過去最高難度とされた問題をといているのですが、内訳
    1.商品の期末帳簿棚卸高は220万であり、実地棚卸高は223万2000円であった。棚卸差異の原因を調査したところ、返品未処理分と期末日直前に仕入れた商品2万の買掛金計上漏れ分とが、実地棚卸高だけに反映されていたことが判明した。またこの返品未処理分の商品の販売可能価格は1.1万であった。
    補足:掛け売りした商品3万(原価2.2万)が返品されていたがその受け入れが未処理のままとなっている。
    →○○だけに反映→今回だと商品評価損にも反映させるということで考えればいいのでしょうか?
    戻されてきたけど1.1万分は販売できるので元の金額と比較してその分が商品に対する評価損ですよということで計上してやればいいという考えであればいいでしょうか?お忙しいところ恐縮ですが教えていただけるとありがたいです。
    パブロフ君おびえてますが可愛い!です。

    • パブロフくん on 2016年5月27日 at 21:13

      コメントありがとうございます。
      問題文の指示に従って解くこと、帳簿棚卸高と実地棚卸高の金額を別々に調整していくことが大切です。実地棚卸高は、返品が倉庫に届いているかどうかがポイントです。
      問題文を見ていませんので、詳しくは授業の先生にご質問して頂けますと幸いです。

  8. 豆っちょ on 2015年9月2日 at 17:17

    損益計算書を作成する問題文に「棚卸減耗損と商品評価損を、売上原価の内訳科目に算入する」と書いてあるときは、加算科目とするのは何故ですか?
    期末棚卸高を帳簿価格で計算しているのに、減耗と評価損を更に加算すると、二重に計上してしまっているように感じます。

    • パブロフくん on 2015年9月2日 at 20:19

      棚卸減耗損、商品評価損を売上原価に算入する場合、
      「棚卸減耗損」「商品評価損」から「仕入」に勘定科目の振り替えを行っているだけです。
      どちらも費用の勘定科目ですから、総額として費用が増えたり減ったりしません。
      ですから、二重計上にはなりません。

      紙に在庫の状況と売上原価の金額を書いて整理するとわかりやすいと思います。
      例えば、仕入100、期末棚卸高10、棚卸減耗損5とします。

      決算整理仕訳は次のようになります。
      ①繰越商品10/仕入10
      ②棚卸減耗損5/繰越商品5
      ③仕入5/棚卸減耗損5

      ■まず、売上原価の決算整理仕訳①を行った後は次のようになります
      ・仕入 100-10=90
      ・繰越商品 10

      ■次に棚卸減耗損の仕訳②をを行った後は次のようになります。
      ・仕入 90
      ・繰越商品 10-5=5
      ・棚卸減耗損 5

      ■最後に棚卸減耗損を売上原価の内訳科目にする仕訳③を行った後は次のようになります。
      ・仕入 90+5=95
      ・繰越商品 5
      ・棚卸減耗損 5-5=0

      以上をまとめると、
      期中に仕入れた商品は100円で、そのうち、期末に残っているのは帳簿上の10円分だったけど、実際に数えたら5円分しかなかった。
      つまり、仕入れた商品100円は、最終的に「売上原価に95円」「繰越商品5円」となった。

      こちらで大丈夫でしょうか。

コメントをする 返信をキャンセル