簿記2級工業簿記テキスト第3版の動画解説

2019年4月4日に発売する「パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 工業簿記 テキスト&問題集 第3版」の練習問題を動画で解説します。

・動画の画質が荒い場合は、YouTubeの設定の画質を調整してください。
・再生速度はYouTubeの設定で変更できます。

 

■動画解説1 材料費の予定消費単価
テキストP.051の練習問題の解説をしています。

 

■動画解説2 総合原価計算 材料の追加投入
テキストP.191の練習問題の解説をしています。

 

■動画解説3 総合原価計算 仕損① 完成品のみ負担
テキストP.213の練習問題の解説をしています。

 

■動画解説4 総合原価計算 仕損② 両者負担
テキストP.227の練習問題の解説をしています。

 

■動画解説5 標準原価計算 製造間接費の原価差異分析
テキストP.318の練習問題の解説をしています。

 

■動画解説6 直接原価計算 CVP分析
テキストP.336の練習問題の解説をしています。

 

■動画解説7 直接原価計算と全部原価計算の損益計算書
テキストP.354の練習問題の解説をしています。

2 Comments

  1. pon on 2019年10月10日 at 10:30

    P155の個別原価計算②について質問です。
    No101の月初仕掛品に、なぜ直接労務費と製造間接費を足すのでしょうか。
    (式 100+1千円×40時間+2千円×40時間=220千円) 

    • パブロフくん on 2019年10月16日 at 12:40

      テキストをお使いくださり、ありがとうございます。
      月初仕掛品とは、前月に作業が途中のものです。作業が途中ですので、材料費だけでなく、前月にかかった直接労務費や製造間接費も含みます。
      たとえば、P.154のNo.3野菜は、当月未完成ですので、当月に「月末仕掛品230千円」となり、翌月には「月初仕掛品230千円」となります。

コメントを残す