第152回日商簿記2級の問題と解答、予想合格率を公表しました

受験された方、試験お疲れ様でした!
今回の試験、いかがでしたか?
実際に受験した感想など、お気軽にコメント欄にお書きください♪
しばらく試験の事は忘れて、我慢していたことや好きなことをしてゆっくり休んでください。
日商簿記検定の公式な配点は公表されませんので、専門学校の解答で70点以下の方も実際の点数はわかりませんから、合格発表までは気にしなくて大丈夫です。

<更新情報>
6月9日18:15 問題、解答、予想合格率を更新完了!
6月13日19:30 テキスト、総仕上げ問題集との対応を追加。

パブロフくん

 

解答速報

解答速報が以下のサイトで公開されます。自己採点はこちらからどうぞ。

▼資格の学校TAC
▼資格の大原

無料の試験問題と解答の請求

専門学校から無料第152回の試験問題と解答の冊子を送ってもらえます。
どのような問題が出題されたのか、解き方を知りたい方は請求しておきましょう。
次回11月の試験直前に過去問として利用しましょう。

kako
◆TAC 解答冊子の請求はこちら
◆資格の大原 解答冊子の請求はこちら

受験生の感想アンケート

 

第152回の日商簿記2級の合格率

今回の予想合格率は27%前後です。

日商簿記2級合格率の推移2019年6月

 

第152回の日商簿記2級の試験問題

今回出題された簿記2級の問題は次のとおりでした。

第1問 仕訳5問(配点20点)
1.売買目的有価証券の売却と端数利息
2.固定資産の割賦購入(営業外支払手形)
3.商品保証引当金(洗替法)
4.為替予約
5.(1)会社設立
(2)設立準備費用(創立費)

第2問 当座預金勘定調整表と現金実査(配点20点)

第3問 貸借対照表(税効果会計あり)(配点20点)

第4問 製造間接費の部門別計算(配点20点)
問1 直接配賦法による月次予算部門別配賦表
問2 製造間接費配賦差異の仕訳

第5問 標準原価計算(原価差異分析)(配点20点)

 

<テキスト、総仕上げ問題集との対応>

  テキスト 総仕上げ問題集
第1問 ①P.216Q2
②P.128Q2
③P.233(洗替法)
④P.082Q2(2)
⑤P.256Q1
①Ch1-1の4
②Ch1-8の3
③-
④Ch1-7の3
⑤Ch1-2の3
第2問 商業P.118 商業Ch2-2
第3問 商業P.344
Ch12-4~6(税効果)
P.281(税効果の表示の相殺)
商業CH6-4
第4問 工業P.131 工業Ch2-1
第5問 工業P.267(標準原価の定義)
工業P.291、P.318
工業Ch10-2

 

第152回の日商簿記2級の解説

商業簿記は時間がかかるので、工業簿記から先に解きましょう。また、第3問は後回しにしましょう。

<解く順番>
第4問→第5問→第1問→第2問→第3問

<時間配分>
各問題の時間配分の目安は次のとおりです。

  配点 目標 著者
第1問 20点 12点 20分 15分
第2問 20点 16点 15分 12分
第3問 20点 12点 35分 23分
第4問 20点 18点 20分 11分
第5問 20点 16点 25分 17分
見直し 5分 10分
合計 100点 74点 120分 78分

 

<解答・解説>
前回のような超難問はなく、全体的に手を付けやすい問題でしたが、ボリュームが多く、時間がかかる試験でした。少し戸惑う問題もありましたが、時間をかければ解ける問題が多かったです。問題を解くスピード、正確さ、ミスを見直す時間があったかどうかで合否が決まりそうです。

2時間の緊張の中で、解くとやや難しかったものの、最近の試験の中では、実力が反映されやすい問題だったと思います。テキストと総仕上げ問題集で似たような問題を計算していましたので、何度も繰り返していた方は得点が伸びたのではないでしょうか。

第1問 仕訳5問
(難易度:易しい~基本 目標得点:12~16点)

テキストや総仕上げ問題集で見たことがある基本的な問題でしたが、少し間違えやすい箇所もありました。小問1の有価証券は10月1日から12月1日(売買日)までの日数を自分で計算する必要があり、1日ズレると不正解になってしまいます。また、小問2は割賦購入の利息について使用できる勘定科目に「前払費用」がありませんので「支払利息」を使う点も間違いやすいです。3~4問正解できれば十分です。

1.売買目的有価証券の売却と端数利息の問題です。9月末に利払日があるので、10月1日から12月1日までの62日間の有価証券利息を計上します。日数は自分で数えないといけません。

①売買目的有価証券を売ったので、売買目的有価証券が減る。右に書く。
 帳簿価額 1,000,000×98.8÷100=988,000
        /売買目的有価証券988,000
②有価証券売却益が発生したので、右に有価証券売却益を書く。
 売却額  1,000,000×98.9÷100=989,000
 有価証券売却益 989,000-988,000=1,000
        /売買目的有価証券988,000
         有価証券売却益1,000
③有価証券利息が増えるので、右に有価証券利息を書く。
 有価証券利息 1,000,000×0.365%×62日÷365日=620
        /売買目的有価証券988,000
         有価証券売却益1,000
         有価証券利息620
④現金が増えたので、左に書く。
 有価証券利息 1,000,000×0.365%×62日÷365日=620
 現金989,620/売買目的有価証券988,000
        有価証券売却益1,000
        有価証券利息620

2.固定資産の割賦購入の問題です。最近よく出題されている問題です。本問では購入時に支払利息を使って仕訳をします(勘定科目の選択肢に前払費用がないので、前払費用は使えません)。
①備品を購入したので、備品が増える。左に書く。
 備品1,440,000/
②備品の代金の支払いを手形で行うので、営業外支払手形を使う。営業外支払手形が増えるので、右に書く。
 150,000×10枚=1,500,000
 備品1,440,000/営業外支払手形1,500,000
③差額が利息相当額であり、勘定科目の選択肢に前払費用がなく、支払利息があるので、支払利息を使う。
 備品1,440,000/営業外支払手形1,500,000
 支払利息60,000

3.商品保証引当金の問題です。洗替法ですので、保証が終わったものを商品保証引当金から商品保証引当金戻入へ振り替え、当期末に設定するものを商品保証引当金繰入と商品保証引当金に計上します。

4.為替予約の基本問題です。為替予約によって、買掛金の金額が4,320,000円から4,400,000円に固定されたので、差額を為替差損益に計上します。
                  +80,000
 買掛金 40,000ドル×@108=4,320,000 → 40,000ドル×@110=4,400,000

5.会社設立の基本問題です。小問が2つに分かれている問題は初めでした。どちらも簡単ですので、確実に正解しましょう。

【解答】小問1~4は各4点、小問5は各2点
1.現金989,620/売買目的有価証券988,000
         有価証券売却益1,000
         有価証券利息620
2.備品1,440,000/営業外支払手形1,500,000
  支払利息60,000
3.商品保証引当金36,000/商品保証引当金戻入36,000
  商品保証引当金繰入185,000/商品保証引当金185,000
4.為替差損益80,000/買掛金80,000
5.(1)当座預金100,000,000/資本金50,000,000
               資本準備金50,000,000
(2)創立費300,000/現金300,000

 

第2問 当座預金勘定調整表と現金実査
(難易度:基本 目標得点:16~20点)

いつもの銀行勘定調整表の問題です。ここは8割以上正解しておきたいです。間違えるかもしれないのが、問1(4)です。他店振出小切手が手元にあった場合、現金となる点がポイントです。いつも通り仕訳を書いてみると、意外と簡単に解けたのではないでしょうか。

ステップ1 [資料Ⅰ]の(1)~(4)の仕訳を書き、当座預金勘定調整表に記入する。
(1)当社が振り出した小切手が未呈示だったので、未取付小切手です。当社が原因ではないため、仕訳は必要ありません。
(2)受取手形が一部不渡りになっていたため、当社の帳簿を修正する必要があります。当座預金の増加を取り消しますので、当座預金を減らします。不渡手形が発生したので、左に不渡手形を書きます。
(3)電話料金の引き落としの連絡が未通知です。当社の仕訳が必要です。
(4)他社から受け取った小切手を銀行に預け入れたときに、次の仕訳を行っています。
  当座預金120,000/現金120,000
 しかし、実際には、この小切手が金庫に入っていたので、上記の仕訳を取り消す修正仕訳を書く必要があります。当座預金の増加を取り消すので、当座預金を減らします。現金の減少を取り消すので、現金を増やします。

【解答】問1は6点、問2は各2点

問1

第152回日商簿記2級第2問の解答

問2
[資料Ⅰ]
(2)不渡手形500,000/当座預金500,000
(3)通信費14,000/当座預金14,000
(4)現金120,000/当座預金120,000

[資料Ⅱ]
(1)現金95,000/為替差損益95,000
(2)仮払金100,000/現金100,000
(4)現金8,000/受取配当金10,000
   仮払法人税等2,000

 

第3問 貸借対照表(税効果会計あり)
(難易度:やや難しい 目標得点:12~16点)

税効果会計が入った貸借対照表の問題です。税効果会計を無視して解答しても、8割程度の得点が確保できますので、わからない人も諦めずに貸借対照表の問題として解くことが大切でした。

難しかったのは次の3点ですが、それ以外は解きやすい問題だった思います。
・その他有価証券の期首の再振替仕訳が行われてないので、まずは、再振替仕訳をしてから、時価評価をする点が難しかったです。それさえ間違えなければ、仕訳自体は簡単です。
・繰延税金資産と繰延税金負債の相殺は慣れていないと難しかったと思います。ここまでカバーできていない方も多かったかもしれませんが、ここは間違えても大丈夫です。
・繰越利益剰余金は、他の金額がすべて一致しないと正解できないので、捨てても大丈夫です。もし記入するとしても、損益計算書を作成せずに、貸借差額で繰越利益剰余金を埋めると時間短縮で効率的です。

<貸借対照表の表示名>
貸借対照表では、表示名が変わります(テキストP.342参照)。ですので、本問は、繰越商品ではなく「商品」、その他有価証券ではなく「投資有価証券」と書くのが正しいです。ただ、別解として正解となる可能性もあります。実際の採点はわかりませんので、ここは気にしないでください。

<貸倒引当金と減価償却累計額の△>
評価勘定の金額の前に△を付けても間違いではありませんので、正解扱いになると思います。ご安心ください。

<下書き>

第152回日商簿記2級第3問の仕訳下書き2

【解答】

第152回日商簿記2級第3問の解答

 

第4問 製造間接費の部門別計算
(難易度:非常に易しい 目標得点:18~20点)

問1はとても簡単です。簡単なのですが、うっかりして配賦基準を間違えないように丁寧に解きましょう。問2も実際配賦額と予定配賦額を計算して、差し引きするだけです。勘定科目の選択肢から、何となくどれを使えばいいのか、判断できたと思います。

<下書き>

第152回日商簿記2級第4問の仕訳下書き

【解答】

問1
第152回日商簿記2級第4問の解答

問2 製造間接費配賦差異107,500/組立部門費78,000
                切削部門費29,500

 

第5問 標準原価計算(原価差異分析)
(難易度:易しい~やや難しい 目標得点:16点)

標準原価計算の原価差異分析の問題です。資料が多いのですが、原価差異分析自体は簡単です。本問はひっかけがあり、問1と問2は製品Xの問題、問3は製品Yの問題です。勘違いしてしまうと問3が全滅してしまうため、「何でこんなにたくさん資料が与えられているのか」と冷静に解く必要があります。

問1 予定生産量にもとづく製品Xの標準原価(予算原価)
何を解答すればいいのか、よくわからなかったのですが、問題文の「予算原価」という言葉と「予定生産量にもとづく」という言葉から、何となく予定生産量を使えばいいことがわかります。つまり、予算時点での標準原価(1個当たりの標準原価×予定生産量)を計算することが判断できます。見慣れない問題ですので、よくわからなかった方は問1を間違えても構いません。

 @1,200×予定生産量2,000個=2,400,000

問2 実際生産量にもとづく製品Xの標準原価
いつも計算している標準原価です。簡単ですので、正解しましょう。

 @1,200×実際生産量2,200個=2,640,000

問3 製品Yの原価差異分析

テキストレベルの基本的な原価差異分析の問題です(テキストCh12-06、Ch12-09参照)。資料がゴチャゴチャしていますが、製品Xの資料は使わないので、大きく×を書いておくとすっきりして解きやすいです。

(1)材料費の差異分析の図を書いて問題を解きます。まずは、仕掛品のBOX図を書き、実際生産量から標準消費量を計算し、次に差異分析の図を書き、価格差異と数量差異を計算します。

 標準単価 [資料]1(2)製品Yの原料費@8を使う
 実際単価 1,759,400÷231,500g=@7.6
 標準数量 [資料]1(2)製品Yの原料費を見ると1個作るの150g必要。
      生産量1,500個×150g =225,000g
 実際数量 [資料]3の原料消費量231,500gを使う。

 第152回日商簿記2級第5問の仕訳下書き1

(2)シュラッター図を書いて問題を解きます。
①仕掛品のBOX図を書き、実際生産量から標準作業時間(標準操業度)を計算します。その他に必要な数値も計算します。次にシュラッター図を書き、予算差異、能率差異、操業度差異を計算します。

 変動費率 [資料]2変動加工費@400を使う
 固定費率 [資料]1(2)の加工費@1,500-変動費率@400=@1,100
 基準操業度 [資料]2固定加工費990,000÷@1,100=900時間
 実際操業度 [資料]3の直接作業時間920時間を使う。 
 標準操業度 [資料]1(2)製品Yの加工費を見ると1個作るの0.6時間必要。
       生産量1,500個×0.6時間 =900時間
 予算許容額 @400×920時間+990,000=1,358,000
 予算差異 1,358,000-1,372,000=△14,000(不利差異)
 能率差異 @1,500×(標準900-実際920)=△30,000(不利差異)
 操業度差異 @1,100×(実際920-基準900)=+22,000(有利差異)
 

第152回日商簿記2級第5問の仕訳下書き2

【解答】

問1 2,400,000円
問2 2,640,000円
問3
(1)価格差異 92,600円(有利)
  数量差異 52,000円(不利)
(2)予算差異 14,000円(不利)
  能率差異 30,000円(不利)
  操業度差異 22,000円(有利)

 

<パブロフの書籍>
2019年11月試験向けのテキスト

★簿記2級 限定セット


商業簿記限定セット
(特典付箋付き)

工業簿記限定セット
(特典付箋付き)

★通常販売


パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 商業簿記
テキスト&問題集 第5版

パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 商業簿記
総仕上げ問題集 第4版

パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 工業簿記
テキスト&問題集 第3版

パブロフ流でみんな合格
日商簿記2級 工業簿記
総仕上げ問題集 第3版

<スマートフォン用アプリ>

2019年6月試験向けのアプリ
パブロフ簿記2級商業
パブロフ簿記2級 商業
[Android] [iPhone] [iPad]

パブロフ簿記2級工業
簿記2級 工業
[Android] [iPhone] [iPad]

 

54 Comments

  1. 坂田 on 2019年6月12日 at 18:46

    個人的には153回は難化しそうですね。
    要領悪い自分ですら今回の商業簿記は明らかに直近3回の本試験未満の難易度とボリュームと思いました。
    そもそもいい加減、工業簿記で9割以上得点して商業簿記で部分点をとって逃げ切り合格させるのも問題じゃないかと思います。
    商工共に難易度のバランスを考えてほしい。

    • ボキスキー on 2019年6月13日 at 09:44

      そうするためには、全経試験のように商業簿記と工業簿記それぞれを試験にするしかないと思います。
      どちらも70点以上で合格にし、それぞれの問題で40%未満の正答であれば不合格にするなど、何かしら条件をつけるしか方法がないと思います。

  2. ボキスキー on 2019年6月12日 at 09:08

    今回全く対策していない税効果会計が出題されてしまい、かなりひどい状況でございましたが、他の問題や部分点で、とりあえずは合計しているようです。

    こういう対策していない問題があった場合は、部分点で稼いだ方が明らかに点数が伸びます。

    今回で言えば、税効果会計に関連する問題を全て無視しても、最低12点は取れるわけです。

    8点を取るための苦労をするのか、
    12点を取るために楽をして稼ぐのか。

    複雑ではないところから点数を稼ぎ、
    出来るだけ合格への道筋を示すことが重要です。

  3. 我が軍 on 2019年6月10日 at 20:28

    2問目の問2(1)は
    受取手形 当座預金
    不渡手形 受取手形

    と回答したのですが◯にならないでしょうかね。

    • ボキスキー on 2019年6月11日 at 11:59

      私も同じ解答をしています。
      厳密的にいえば間違えではないのですが、
      日商がどのように判断するかでしょうか。

      一応採点されないと見込んで自己採点していますが、正解していたら、ラッキーと思うくらいで構えていたほうが良いかも。

      • 我が軍 on 2019年6月11日 at 13:07

        ボキスキー様
        返答ありがとうございます。
        仕訳の回答としてどこまで相殺してよいのかよく悩みます。
        第1問の問3の商品保証引当金は、問題の意図から相殺すべきでは無いと想像つくのですが。
        なにかアドバイス 頂けると幸いです。

        • ボキスキー on 2019年6月11日 at 16:42

          仕訳の性質上、相殺すべき仕訳の方が多いように感じます。
          相殺すべきでない仕訳は洗替法による処理や、手形再発行など仕訳の性質上必要なものに限られますね。

          今回の問題は別解として正解扱いされる可能性はあると推測します。

  4. バイバイおじいさん on 2019年6月10日 at 18:52

    他の方もお書きのように、、、私も第5問で、資料のどの数字をどう使えばいいのか、混乱してアタフタしてしまい、得意なつもりでいた差異分析で、解答できませんでした。テキストや問題集は、暗記する位に繰り返し学習していたのに、、、
    帰宅して、落ち着いてもう一度解き直してみたら、あっさり解答できて、大変悔しい思いをしました。
    機械的に、手が動かせるくらいに準備を積むことと併せて、その大前提として、それぞれの計算の意味が定着していないと、本番で、情報の取捨選択、精査が出来ないのだなぁと痛感しました。

  5. 初受験者 on 2019年6月10日 at 14:02

    よせだ先生はじめまして!
    今回初めての2級受験で、テキストと総仕上げ問題集、アプリも使わせていただきました。連結4年目の解き方などの動画も見させていただき、とても分かりやすく勉強になりました。
    先生のおかけで過去問題や予想問題で90点以上得点できるようになりました。

    ですが昨日はとても緊張して焦ってしまい、特に問5の差異分析ではたくさんの資料に混乱してしまい、手も足も出ませんでした。好きな分野だっただけに悔しいです。。
    自己採点では70点以上ありそうですが、誤字脱字等あると微妙なラインです。

    もし今回だめでもまたパブロフくんのテキストで11月に向けて頑張ります!!
    独学で頑張ってこられたのは先生のおかげです。ありがとうございます。

  6. 受験者 on 2019年6月10日 at 13:27

    いつもコメント欄見て勇気もらっている
    受験者です。

    今回3回目の受験で、前回は第3問に驚きながら食い付きましたが、結果及ばず、
    今回は予想問題の練習も重ねたつもりが、
    解けてたはずの標準原価計算の読み取りに
    苦戦し、おそらく60点後半で不合格そう
    でした。家に帰ってやったら解けた問題もあり、無念・・

    ただ問題を繰り返しではなくて、
    基本が頭に入っていて読み取り力に
    繋がる様な勉強をしないとと思いました。

  7. ひろりん on 2019年6月10日 at 10:37

    よせだ先生、こんにちは。
    パブロフくんのテキスト、総仕上げ問題集、アプリを使用しております。
    去年の6月から2級を受験し、
    今回で4回目。問5でゴチャゴチャ書いてあるの問題を整理出来ず撃沈。好きなシュラッター図だっただけに、問5が出来ていれば、合格ラインでした。解き直ししましたが、こんなに簡単に解けたじゃんと落胆しております。
    今回の試験を通して、基礎が本当に大切なんだなと痛感しました。
    基礎を叩き込みなおし、11月の試験に挑もうと思います。

  8. 簿記152を受けたもの on 2019年6月9日 at 20:44

    大問2番の問1で、括弧の中に数字を書いていない場合は数字が合ってもいても点数はないのでしょうか

    • きょーすけ on 2019年6月9日 at 22:44

      自分もまとめて書いたので1つ空きましたが、おそらく採点箇所になるのは加算、減算の合計になると思うので問題ないかと思います!もし、空欄が採点箇所なら引かれても文句は言えないですが。

    • ハニー on 2019年6月10日 at 11:32

      僕も同じで、⑴や⑵じゃなくて1とか2で[   ]に記述していました。おそらく配点箇所ではないから大丈夫だと思われますが、配点箇所だったら×になるんですかね?
      ここが不正解扱いにならなかったら多分合格なんです。よせだ先生たすけて・・・

    • 初受験者 on 2019年6月10日 at 17:48

      私もまとめて書きました。(1)〜(4)までなのに[ ]が5ヶ所なことに対して疑問を持ちながら、でも加算と減算の金額は間違いなく合っているはず、、??と思っておりましたが解答速報を見て、あぁなんだそういうことかと思いました。各社の解答を見ても加算減算の箇所が配点になってますし、恐らく大丈夫ではないでしょうか。

      • ボキスキー on 2019年6月11日 at 12:02

        同じく私も( )一つ埋めていません。
        ただそれぞれが採点箇所となるかどうかでしょうけど、問われるのは合計だけではないかと推測します。

        • 坂田 on 2019年6月12日 at 18:24

          自分も(1)を2つに分けて使う発想が出ずに最近のいやらしい出題の引っかけと思ってまとめて書きました。
          単純に主催者側の配慮不足だと思ってます。
          第5問の基準操業度の出し方も理解できなかった人が多かったのではないでしょうか。どうにか9割以上はとれましたが、あえてわかりにくい表現で出題するのは良くないですね。

  9. あずさ on 2019年6月9日 at 20:43

    こんにちは、第152回の簿記二級を受けたものです。自己採点の結果、大原、TAC、ネットスクール75点、LEC78点でした。今回初めての受験だったのですが予想配点というのはだいたい一致するのでしょうか?また、ズレるとしたらどれくらいだと思いますか?

    • ボキスキー on 2019年6月11日 at 12:03

      予想配点のプラマイ5点の範囲内だと思います。

  10. ナス on 2019年6月9日 at 20:40

    部門別計算の原価差異で借方に原価差異書く時にそれぞれ78000と29500でそれぞれ独立して分けて書いてしまったのですが合算した合計額で原価差異計上しないと罰になりますか?

    • ボキスキー on 2019年6月11日 at 12:05

      仕訳そのものと金額が合っているので、恐らく正解として扱われると思います。

  11. 3級の方に間違えて書いてしまったものです on 2019年6月9日 at 20:23

    返答はこちらの方でお願いします。質問なんですが大問題3は繰越商品を勘定科目名にしたら罰になるんですか?
    その他有価証券がダメなのは分かりましたが

  12. ロジャー on 2019年6月9日 at 19:51

    商品を繰越商品勘定、投資有価証券ではなく、その他有価証券と書いてしまいましたが、ダメでしょうか?

    • えい on 2019年6月9日 at 20:15

      勘定科目が点数に入ってたらバツですね…でも入ることはないと思いますよ!

      • ロジャー on 2019年6月13日 at 22:36

        私は第三問の配点次第で受かるかどうかかかってるので、本当に怖いです。記入科目が点数に入れられないことってあるんですか?

  13. 簿記受験生 on 2019年6月9日 at 19:41

    よせだせんせい、いつもお世話になっています。昨年度3連敗、休憩して、再度学習しようと、11月受験を目指してます。がしかし、
    今回、実力が発揮できるような試験だったとあり、内容みましたら、去年の10パーセント代連発の試験問題と全然違いますね。
    なんだか、悔しいです。羨ましいです。
    次、きっとまた難しくなるんですよね…
    私のような人間にしてみたら、どうしても、今回のような内容の努力が報われるような問題が出ない限り難しく、たまにある、優しい回とか、受け時がある気がしてなりません。
    11月まで時間ありますが、どんなスケジュールでしていけばよいか分からずです。どうしても中だるみしてしまいます。

  14. 今回で2級終わりたい on 2019年6月9日 at 19:21

    第1問の問3の商品保証引当金を相殺したら間違いになるでしょうか?

    • ボキスキー on 2019年6月11日 at 12:48

      これは誤答となります。
      理由は一度、引当金を取り崩している仕訳と引当金を設定した仕訳の2つの仕訳が必要だからです。

      洗替法は必ず金額を相殺することなく、一つずつ計上する必要があります。

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 20:09

      引当金の処理は洗替法ですので、相殺すると不正解となります。

  15. 茅場 on 2019年6月9日 at 19:14

    先生お疲れ様でした!
    今日2級受けて来たのですが、テキスト問題集にアプリもパブロフ君の使用しております!本試験直前まで銀行勘定調整表と標準原価計算、第四問の部門計算?復習して出た瞬間にやったぁ!と思ったのですが、文章や資料が読み取れず手も足も出ませんでした!テキスト等の出題形式が変わると苦手です!今回、30点位の予想です!
    先生!テキストや問題集と違う読み取りずらい問題を解く場合、どういう勉強をすれば宜しいでしょうか?
    宜しくお願い致しますm(_ _)m

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 20:08

      試験お疲れさまでした。
      文章や資料で解けなくなるのは、よくわかります。試験を作る人の個性が出てしまうので、結構わかりにくい表現が多いこともあるので、なかなか難しいですよね。
      ただ、その分野の問題の解き方がまだ身についていない可能性が考えられます。例えば、今回の第5問の原料費(材料費)の原価差異分析は、テキストP.287の例題の解き方と同じ手順で解くことができました。材料費の原価差異分析は、どの問題でも必ず同じ解き方で解けますが、必ず解けるという自信を持てるレベルまで勉強ができていたかどうか、が重要になります。
      下記のページを見てみて、勉強方法を確認してみてもいいかもしれません。11月の合格を応援しています!

      日商簿記に合格するための正しい勉強方法
      https://pboki.com/howtostudy/passexam.html

  16. 簿記受験生 on 2019年6月9日 at 18:43

    前回2級初受験で撃沈し、今回も試験に向けて問題は沢山解いていたのですが、基礎の理解が足りてない事に気付いたのが試験の20日前で、テキストをまとめてパブロフに買い替えたのですが、工業を早足で1周するのが時間的に限界で、今日は3.5問で苦戦し、かつ苦手な銀行勘定調整で完全にダメだと確信しました。
    仕事で経理をやっていて、2019年のうちに転職したいと考え去年の12月から2級の勉強を始めたのですが、取得は諦めるべきかと悩んでいます。

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 19:58

      試験お疲れさまでした。仕事の合間に勉強するのは大変ですよね。
      経理経験は強いですので、そこをアピールすれば、簿記2級がなくても大丈夫かもしれません。
      銀行勘定調整表は、総仕上げ問題集Ch2-2と類似問題がありますので、一度見てみてください。解き方がわかると意外と簡単だったりします。

  17. 無事合格できました! on 2019年6月9日 at 18:10

    こんばんは!今回日商簿記2級を受けて、自己採点の結果合格してそうです!
    パブロフさんのテキストのおかげでなんとかなりました。ありがとうございます。
    質問なのですが、パブロフさんは日商簿記1級のテキストは出版しないのでしょうか?
    1級も独学で勉強したいので、ぜひお願いしたいです。

    • 1級お勧めのテキストを教えてください! on 2019年6月10日 at 23:53

      私も独学で、パブロフ流簿記2級テキスト&問題集で勉強し、今回無事合格していそうです。
      ありがとうございました。

      今後は1級に向けて勉強したいと思っています。
      パブロフ流簿記1級テキストがあれば絶対に買うのですが、さすがに今から出版されるのを待っていると間に合わなそうで、残念です・・・。

      ネットを見ながら、TACの「簿記の教科書」シリーズがよさそうかなと考えているのですが、独学に向いているテキストがあれば、教えて頂けると助かります。

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 19:48

      合格おめでとうございます!テキストがお役に立ったようで良かったです!
      大変申し訳ございませんが、簿記1級の書籍の発売予定は未定の状況です。簿記1級の合格、陰ながら応援しております!

      • 1級お勧めのテキストを教えてください! on 2019年6月15日 at 01:01

        早速1級の勉強を始めましたが、売価還元(低価)法で、早くも挫折気味です。
        パブロフ流簿記1級テキストの発売を切望します。。。
        パブロフ流テキストでは、仕訳や計算の方法だけでなく、4コマ漫画などで、どういう場面でその論点が問題になり、各仕訳や計算方法がどういう意味を持つのかということが、ちゃんと説明されていて分かりやすかったなあ、と改めて思いました。

        パブロフ流1級テキストの発売が未定ということであれば、このサイトで、ときどき1級の論点についても特集して頂けると助かります・・・。

  18. 8回目受験 on 2019年6月9日 at 18:09

    いつもスマホの有料アプリでお世話になっております。
    151回試験の連結修正第三問の件があったので、念には念を入れてかなり準備時間を割いて取り組み、
    おかげさまで全て回答することが出来ました。

    が、第四問の補助部門費の配賦方法を間違え、ここは4/20点となってしまいました。
    全体の正答率を見てみると、ギリギリ70点前後なのですが、
    第三問のB/Sシートの配点次第で合否が分かれる状況です。

    金額はすべて合っていたものの、「商品」を「繰越商品」に、「投資有価証券」を「その他有価証券」と記入してしまい、TACと大原の配点予想では両社で金額が配点対象か否か判断が分かれております。

    お忙しいところつまらないことを聞いてしまい大変恐縮ですがパブロフ先生はどう思われますか?

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 19:46

      アプリをお使いくださり、ありがとうございます。
      第4問、惜しかったですね。ですが、他の部分で得点が取れているので、合格点に届くと信じて合格発表を待ちましょう。
      本問の意図を考えると、貸借対照表の表示科目名を書かないと不正解となる可能性は高いです。ただ、実際にどのように採点がされるのか、配点箇所は公表されないので、わかりませんので、気にされないでください。

  19. よっしー on 2019年6月9日 at 18:07

    こんばんは!今回日商簿記2級を受けて、自己採点の結果合格してそうです!
    パブロフさんのテキストのおかげでなんとかなりました。ありがとうございます。
    質問なのですが、パブロフさんは日商簿記1級のテキストは出版しないのでしょうか?
    1級も独学で勉強したいので、ぜひお願いしたいです。

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 19:41

      合格おめでとうございます!
      テキストがお役に立ったようで私も嬉しいです♪
      大変申し訳ございませんが、簿記1級の出版予定はありません。簿記1級の合格、陰ながら応援しております。

  20. 簿記受験生 on 2019年6月9日 at 18:01

    前回に比べると全体的にサービス問題だったと思うのでラッキーでした。
    ほぼ満点取れたと思います。

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 19:40

      試験お疲れさまでした!
      無事に解けたようで良かったです♪

  21. 簿記二級をどうしてもとりたいK on 2019年6月9日 at 17:16

    はじめまして。今日日商簿記二級を受けてきました。工業簿記で時間がかかってしまい、商業簿記も見直しはあまりできませんでした。今回は難しく思いました。
    質問なんですが、第3問の貸倒引当金の額から資産金額を減らして、貸借対照表を作る問題で、自分は貸倒引当金に△金額という風に書いてしまいました。この問題では、資産から貸倒引当金の額を引いた金額が正しければ、正解となるのでしょうか?
    第3問の出来で合格かどうかきまるので、よろしくお願いします

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 19:39

      コメントありがとうございます。
      工業簿記、資料が多くて読み取りにくかったですよね。
      貸倒引当金の金額に△を書いても正解ですから、大丈夫ですよ。

      • 簿記二級をどうしてもとりたいK on 2019年6月13日 at 22:35

        よせだ先生コメントありがとうございます。今年の2月に三級を取り、二級は2ヶ月ちょっとしか勉強できず、中々確信・自信をもって試験に挑めませんでした。151回から二級が難化してるという情報を耳にして、工業簿記でなるべく高い点数をとるように心がけてましたが、五番の資料の読み解き方で時間をかけてしまい、見直しや他の問題へあまり時間を注げなかったです。やはり第3問の配点次第だと思います。ただ第3問は繰越商品、その他有価証券と記入してしまったのですが、金額があっても、記入科目が間違っているので、不正解になってしまうのでしょうか?
        今回は難易度としたら、以前よりは高くはないと思いますが、資料や問題文が読み取りづらいところが結構あったと思います。合格発表まで憂鬱です

  22. はじめまして on 2019年6月9日 at 17:05

    はじめまして!
    前回は不合格だったのですが、よせだ先生とパブロフくんのおかげで今回はなんとか合格していそうです!ひとつ質問があるのですが、当座預金勘定調整表の記入の時に(2)と(4)を逆に書いてしまいました…。他は順番通りに記入したのですが…。これって不正解になってしまいますか?

    • ボキスキー on 2019年6月11日 at 13:07

      この場合は不正解とはならず、金額と項目が合致していれば、順番が一致してなくても良いと推測します。

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 19:38

      試験お疲れさまでした!
      無事に解けたようで本当に良かったですね。パブロフがお役に立ったようで私も嬉しいです♪
      当座預金勘定調整表の順番は、逆になっても正解ですからご安心ください。

  23. 2回目受験 on 2019年6月9日 at 16:08

    前回不合格となり、今回はよせだ先生のテキスト、実践問題、そして予想問題をこなして臨みました。お陰様で手応えを感じています。

    解答を早速見せせていただきました。仕分け問題の1番ですが、有価証券利息は620円と書いてしまいました。よろしければ92,000円になる理由を教えて頂けないでしょうか。(下書きをアップされるようでしたらそちらを拝見します!)

    • パブロフくん on 2019年6月9日 at 16:12

      試験お疲れさまでした!手ごたえを感じたようで何よりです。
      該当部分の数字を間違えて入力してしまして、修正済みですので再読み込みしてみて頂けますと幸いです。

  24. 簿記受験生 on 2019年6月9日 at 15:52

    よせだ先生、いつもお世話になっております。

    ずばり出題範囲の予想はかなりあたりましたね!
    それでも問3は論点が細かく対策したはずの繰延資産も正当が厳しく感じ、部分点狙いになったのが少し悔やまれます

    銀行勘定は見慣れない形式で戸惑いましたが、重点的に取り組んだ甲斐があり問題文の答案の金額と一致したので良い線いった気がします。

    個人的に問2が合否を分ける論点だったかなと感じました

    • お疲れ様 on 2019年6月10日 at 16:12

      「問2が合否を分ける」同感です。残り時間10分で問2の間違いに気が付いて、ぎりぎり解き終えて、、、冷や汗。結果、問2が正解となったことで合格できそうな模様です。50過ぎての独学でしたので、やる気と根気がなかなか難しかったです。とにかく問題を解いて理解して、なのに忘れて。を繰り返し
      アプリのもっとパブ簿記からの実践問題の解説、わかりやすくて素晴らしい!心から受かってもらいたいという思いがひしひしと伝わってきて、頑張ろうと思ってこれました。楽しく学べたのもパブロフ簿記のおかげです。

    • パブロフくん on 2019年6月13日 at 19:36

      試験お疲れさまでした!
      出題予想が当たっていて良かったです。税効果は難しかったので、間違えても大丈夫ですよ。試験まで大変だったと思いますので、合格発表までゆっくり休んでください♪

コメントを残す