トップページ > 日商簿記2級工業簿記


材料副費の仕訳(予定配賦と材料副費差異)

テーマ:材料副費の仕訳

パブロフくんふつうふんふ~ん♪

お兄さんふつう今日はご機嫌だね、パブロフくん。

パブロフくんふつう昨日デートして来たからね!

お兄さんふつう2えっ!?・・・いいなぁ。

パブロフくん?ところでお兄さん、材料副費って何?

お兄さんふつう材料副費?知りたい?どうしようかな・・・

材料副費とは?

材料を購入したときの送料や手数料などの付随費用のことを、材料副費といいます。

材料副費の仕訳は次の2つのパターンがあります。
試験では原則処理と例外処理のどちらも出題されますので、覚えておきましょう。

原則処理:材料費に含めて仕訳を行う。

例外処理:材料副費を予定配賦している場合、材料副費勘定で仕訳を行う。

原則処理

1.材料を購入したとき

当月、買入部品を掛けで50,000円購入し、発送費3,000円を現金で支払った。
材料 53,000 / 買掛金 50,000
         現金 3,000

例外処理

材料副費を予定配賦している場合、材料を購入した時に予定配賦額を使います。このため、実際発生額と予定配賦額にズレが生じた場合に材料副費差異が発生します。

1.材料を購入したとき
当月、買入部品を掛けで50,000円購入した。購入に際しては、購入代価の5%を材料副費として予定配賦している。

材料 52,500 / 買掛金 50,000
         材料副費 2,500

2.材料副費の請求があったとき
当月末、発送費3,000円を現金で支払った。材料副費勘定へ計上する。

材料副費 3,000 / 現金 3,000

3.差額を振り替えるとき
当月の材料副費の実際発生額は3,000円であった。材料副費予定配賦額2,500円との差異は材料副費差異勘定に振り替える。

計算:予定配賦額2,500-実際発生額3,000=△500(不利差異・借方差異)

材料副費差異 500 / 材料副費 500

 

パブロフくん! 材料副費勘定は例外処理のときだけ出てくるんだね!

お兄さんきりそのとおり!試験では特に指示がない限り原則処理で処理してね。材料副費勘定を使う旨の指示があった時だけ、例外処理をしよう。

パブロフくんふつううん、わかった!

1 / 2212345...1020...最後 »