トップページ > 日商簿記3級 > 勘定科目の位置 > 勘定科目の位置は条件反射で


勘定科目の位置は条件反射で

テーマ: 勘定科目の位置

お兄さんパブロフくん、条件反射って、分かる?

パブロフくんわかんない~。

お兄さん訓練によって作られた反射のことだよ。生理学者のパブロフさんが発見したんだ。

パブロフくんあれっ?今、パブロフって言った!?

お兄さん勘定科目と位置は、条件反射で対応できるように練習しようね。

 

勘定科目の5分類

■資産
お店が持っている財産。将来お金をもらえる権利。将来お店に利益をもたらすためのもの。

■負債
将来お金を返さなければいけない義務。将来資産の減少や費用発生を伴う債務。

■純資産
お店の元手のこと。

■収益
お店のお財布にとってプラスなもの。資産の増加や負債の減少の要因となったもの。

■費用
普段使う費用という言葉と近い。負債の増加や資産の減少の要因となったもの。

勘定科目の5分類
ブルーは貸借対照表(BS)に書かれる。期末日の財産の内訳。

ピンクは損益計算書(PL)に書かれる。1年間の利益の内訳。

 

覚え方

勘定科目全部を覚えるのは大変なので、
初めて見る勘定でも、自分で何となく判断できるような覚え方がおススメです。

① 純資産 → 資本金

② 負債 → 買掛金、支払手形、借入金

③ 資産 → たくさんある。代表的なものは現金、当座預金、売掛金、車両

④ 収益 → 売上、○○益、受取○○

⑤ 費用 → 仕入、○○費、○○損、支払○○、減価償却費

経過勘定(前払○○、未払○○、前受○○、未収○○)は暗記しなくていいので、今は無視しましょう。
→経過勘定の覚え方はこちら。

 

お兄さんじゃあ行くよ!ぱぶろふくん!!

パブロフくんパ:えっ?

お兄さん「固定資産売却益」は?

パブロフくんえっと、益だから、【収益】

お兄さん「借入金」は?

パブロフくん将来お金を返さなきゃいけないから、【負債】

お兄さんうん、いい感じだね。理由を考えなくても言えるくらいまで練習するんだよ。

パブロフくんパブロフ頑張る!

 

 

このトレーニングには二つの意味があります。

1.仕訳を書く時の判断の軸を作る。左右のどっちに残高がある科目なのか、覚える。
 →仕訳については第5回で説明します。

2.残高試算表から、貸借対照表、損益計算書のどこに写すのかを覚える。
 →過去問を解いて慣れましょう。

 

簿記アプリ

「パブロフ簿記3級」アプリには勘定科目を覚えるための「入門」モードがあります。
勘定科目を覚えるための反復練習ができます。
簿記3級で出題される主要な31勘定科目がトレーニングできます。
無料版もありますので、一度お試しあれ。

勘定科目の位置 アプリ

 

関連ページ

勘定科目の位置

仕訳のスピードアップ

T字勘定(総勘定元帳)の書き方

タグ:, ,


コメント (2)
  • 簿記受験生 より:

    質問ここでしてもよいですか

  • コメント投稿
    ・問題に関する質問はQ&Aページにお願いします
    ・他の書籍や問題集の質問にはお答えできません