トップページ > 試験までの過ごし方 > 1か月前の勉強法 > 試験1か月前の勉強法


試験1か月前の勉強法

テーマ: 1か月前の勉強法

パブロフくんお兄さん、あと1か月で試験なんだけど、どうやって勉強したらいいの?

お兄さん気が付けば、そんな時期なんだね。

 

基本となる勉強方法については、こちらに詳しく書きました(一度ご参照ください)。
日商簿記に合格するための正しい勉強方法

 

残り1カ月の勉強法

日商簿記3級

簿記の学習においてはテキストを読むことは勉強ではありません。問題を解くことが勉強です。

① 仕訳を完成(2週間)

【使うもの】 テキスト、総仕上げ問題集、簿記アプリ
仕訳の問題を解く(1論点1~2問)。すべての範囲を終わらせ、全範囲の9割程度の仕訳が答えを見なくても書けるようになる。
※イスに座って勉強する必要はありません。通勤電車や待ち時間、寝る前10分などスキマ時間を使って演習しましょう。スマホの簿記アプリが便利です。

 

② 試験対策(2週間)

【使うもの】 実践問題、過去問集
実践問題6回、余裕があれば過去問を 12~15回分解く。
間違った問題について「どのような問題だったか」「何を間違ったのか」「次はどうやったら間違えないか」メモしておくと、次回同じ論点が出たときに間違えなくなる。解答解説を読んでわかった気になるのは危険。

ミスノートの作り方

過去問を解くことで仕訳以外の問題に慣れておく。
・総勘定元帳や伝票の書き方をマスターする。
・精算表や貸借対照表、損益計算書の書き方をマスターする。

 

日商簿記2級

2級の場合、苦手分野があると不合格となる可能性が高くなります。早めに苦手分野を克服しましょう。

① 仕訳の特訓と苦手な分野を克服(1週間)

【使うもの】 テキスト(商業簿記&工業簿記)、総仕上げ問題集(工業簿記)、簿記アプリ

<商業簿記>
・新しく範囲となった内容(サービス業、有価証券、ソフトウェア、貸倒引当金の個別と一括、貸倒引当金の営業債権と営業外債権の区分表示など)は必ず解けるようにしておく。どれかが必ず出ます。
・仕訳の問題を解く(1論点1~2問)。すべての範囲を終わらせ、全範囲の8割程度の仕訳が答えを見なくても書けるようになる。
※イスに座って勉強する必要はありません。通勤電車や待ち時間、寝る前10分などスキマ時間を使って演習しましょう。スマホの簿記アプリが便利です。
・損益計算書と貸借対照表の問題をマスターする。
・勘定科目の表示区分を意識して覚える。スマホアプリの表示区分モードで練習する。

<工業簿記>
・苦手な分野の問題だけを集中的に解く。学習は総仕上げ問題集がオススメ。
・総合原価計算の仕損(先入先出法と平均法)、材料の追加投入、等級別、組別、工程別をマスターする。
・標準原価計算の差異分析、直接原価計算、CVP分析をマスターする。

② 試験対策(3週間)

【使うもの】 実践問題、過去問集
実践問題6回+1回、過去問を 3回分程度解く。

6月の試験は、商業簿記の新しい範囲から4割程出題されます。
新しい範囲(サンプル問題や最新の過去問)を網羅している実践問題を解くのがオススメです。実践問題は90点以上が取れるまで何度も解き直しましょう。
商業簿記の対策として試験1週間前には、最新の過去問3回分は解いておきましょう。

・商業簿記 → 古い過去問には出題されない分野が含まれている。
       (特殊仕訳帳、特殊商品売買、社債、繰延資産など)

・工業簿記 → 範囲の変更はないため、過去問は古くても有効。

間違った問題について「どのような問題だったか」「何を間違ったのか」「次はどうやったら間違えないか」メモしておくと、次回同じ論点が出たときに間違えなくなる。解答解説を読んでわかった気になるのは危険。

ミスノートの作り方

過去問を解くことで変わった形式の出題に慣れておく。
・銀行勘定調整表の書き方、固定資産・有価証券の総勘定元帳の書き方をマスターする。
・製造原価報告書、損益計算書の書き方をマスターする。

 

お兄さん簿記の試験まであと1カ月だね。こういうスケジュールで進めるといいよ。

パブロフくんうん!やってみる!

 

関連ページ

簿記試験まであと10日間の過ごし方
試験の前日、当日の注意点

タグ:, , ,


コメント (37)
  • まきお より:

    大変すみません。としさんのコメントを誤ってコピペしてしまったようです。特に意味はございません。
    >としさん、申し訳ありませんでした。

  • まきお より:

    こんにちは。未払金、未払費用での解説ありがとうございます。実際の解答例ですが、2級実践問題4の問3(III)-(6)の仕訳では営業費1,800/未払費用1,800なのに対し、実践問題6の問2④の営業費の仕訳では当座預金30,000/未払金30,000とするのはどう考えると良いでしょうか? 相手方勘定によって使い分けるのでしょうか?

    2016年5月29日 14:48

    こんにちは。試験まであと2週間だというのに、基本的なことで悩んでいます。第3問を解くときによく迷うのですが、勘定科目の「未払金」と「未払費用」の違いは何ですか?例えば、広告宣伝費等の費用を支払うために振り出した小切手が未渡しだった場合の解答は 現金預金/未払金 の仕訳になっています。私は 現金預金/未払費用 で考えてしまいました。備品の場合は未払金、利息の場合は未払費用というのは分かる(というか覚えた)のですが、それ以

    • パブロフくん より:

      決算整理仕訳を行うのは経過勘定です。
      決算整理仕訳で未払金を使うことは、期中の未処理事項の追加仕訳や修正仕訳以外にありません。

      ◆実践問題4-3
      資料(Ⅲ)期末整理事項に書いてあります。このような場合、経過勘定と判断してください。仮に、未払金を使うのだった場合、資料(Ⅱ)3月の取引に書いてあるはずです。
      また、答案用紙の貸借対照表に未払金はなく、(  )費用があります。ですので、未払金を使わずに未払費用を使って仕訳を行うことが判断できます。本問は(5)で前受収益の仕訳を問うていますので、この流れで(6)未払費用の仕訳を書かせたい、つまり、(5)(6)で経過勘定の仕訳を書かせたい、という趣旨で小問を順番に作成しています。

      ◆実践問題6-2
      銀行勘定調整表の問題は、期中の取引が間違っていたので、修正仕訳を行っています。期中の仕訳が正しいのであれば、仕訳は必要ありません。
      本来、未渡小切手は、期中では未払金を使うべき仕訳だった、ということです。

      上記の2つは、意味が違います。
      判断が難しいようでしたら、「銀行勘定調整表の未渡小切手の場合、未払金を使う」と覚えておきましょう。

      • まきお より:

        早々にご返信頂きありがとうございます。
        経過勘定では必ず未払費用を使うのですね。営業費という費用の性質(ワンタイムか継続的な出費か?)に囚われていました。「銀行勘定調整表の未渡小切手の場合、未払金を使う」も丸ごと覚えたいと思います。試験まで数日、頑張ります!

        • パブロフくん より:

          ご理解頂けたようで良かったです。
          銀行勘定調整表の未渡小切手の覚え方ですが、補足しますと、仕入の場合は買掛金、それ以外(営業費や固定資産の購入)の場合は未払金です。
          勉強頑張ってください♪

  • とし より:

    こんにちは。試験まであと2週間だというのに、基本的なことで悩んでいます。第3問を解くときによく迷うのですが、勘定科目の「未払金」と「未払費用」の違いは何ですか?例えば、広告宣伝費等の費用を支払うために振り出した小切手が未渡しだった場合の解答は 現金預金/未払金 の仕訳になっています。私は 現金預金/未払費用 で考えてしまいました。備品の場合は未払金、利息の場合は未払費用というのは分かる(というか覚えた)のですが、それ以外が明確に分かりません。こんなことで点数を落とさないように解説をお願いします。

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      お持ちでしたら、簿記2級テキストP55、簿記3級テキストP92に定義の比較が書いてありますのでご参照ください。

      未払金は一度きりの取引、未払費用は継続した取引です。
      広告宣伝費は、例えば宣伝用のチラシの場合、作って配布したら終わりで、何か月も継続的に契約を結びません。
      支払利息は、借入金の返済日まで、継続して発生します。決算整理前の支払利息の残高が、当期の期間発生した支払利息(1年分)と差がある場合に、未払費用や前払費用とう経過勘定で調整を行います。

      別の視点では、「未払金」は期中の取引で発生します。決算整理で発生する場合は、期中の未処理や修正仕訳でのみ発生します(未渡小切手は期中の修正仕訳です)。
      一方、経過勘定である「未払費用」は期末日の決算整理で計上します。

  • はぐりん より:

    2級で
    専門学校の直前答練を受けていますが、
    30点後半~60点台しかとれません。
    総仕上げ問題集も一通り終わらせましたが、初見の本番形式の問題に対応できません・・

    仕訳と工業簿記でできるだけ稼ごうと思ってますが、
    商業簿記の応用問題(2と3)で10点行かないなんてことが普通にあります。
    財務諸表・精算表・銀行勘定調整表などの表系の問題ではなく、有価証券や固定資産の金額・残額を求める応用問題などが壊滅的です・・

    仕訳と工業簿記で60点とれれば良いですが、
    仕訳は安定して最低16点取れてますが、
    工業簿記が分野による出来の差が激しいです。

    もう11月コースを視野に入れたほうが良いでしょうか・・

    • パブロフくん より:

      初回で解けなくても、何度も解き直して、自力で解けるようになればいいので、しっかり復習すれば大丈夫ですよ。
      一度、専門学校の先生に相談されてはいかがでしょうか?

  • とし より:

    こんにちは。実践問題⑥商業簿記第1問の3での質問です。平成29年2月26日に購入した備品については、1か月分の減価償却はしないのですか?

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      減価償却の仕訳は、期末日に決算整理仕訳で行うからです。固定資産の買換をした日ではなく、3月31日に減価償却の仕訳を行います。

    • とし より:

      そうですよね。問題文の決算日に惑わされてしまいました。
      ありがとうございます。

  • 簿記受験生 より:

    こんにちは。現在、実践問題に連日チャレンジしてます。
    実践問題2016②の第2問、問1で質問です。
    解答の金額ではH29年3月31日の 
    その他有価証券60,000その他有価証券評価差額金60,000
    の仕訳のみになっています。
    28年4月1日に
    その他有価証券評価差額金12,000その他有価証券12,000
    の仕訳をして、答えが48,000円評価益となると思ったのですが。28/4/1の再振替仕訳をしないのは何故ですか?

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      本問を仕訳で解くのでしたら、次の仕訳が正しいです。期末日における帳簿価額が間違えていませんか?

      ①期首 再振替仕訳
       (360-300)×400株=24,000
       その他有価証券評価差額金24,000/その他有価証券24,000
      ②5月10日
       その他有価証券118,500/現金預金118,500
      ③11月15日
       その他有価証券211,500/現金預金211,500
      ④期末日 決算整理仕訳
       帳簿価額 360×400株-①24,000+②118,500+③211,500=450,000
       時価 425×1,200株=510,000
       その他有価証券評価差額金 510,000-450,000=60,000

      なお、(360×400株-24,000)というのは、取得原価300×400株と一致します。再振替仕訳は取得原価の金額に戻すために行っているからです。これを利用すると、貸借対照表のその他有価証券評価差額金は「取得原価と時価」の差額で計算できます。

      解説の計算は、取得原価と時価を比較して仕訳を書いていますので、すでに再振替仕訳は考慮済みです。解説の下書きに「帳簿価額」ではなく、「取得原価」と書いているのはそのためです。こちらで大丈夫でしょうか。

    • 簿記受験生 より:

      やっと理解できました。一人で勉強していると誰にも聞くことができないので本当に助かりました。ありがとうございます。今日からまた頑張れそうです。

  • さんま より:

    こんにちは。
    2級商業簿記テキスト、P295、「その他有価証券」問題についての質問です。
    問題文に満期日までの期間の説明(1年以内か超か)がないのですが、その場合は貸借対照表上では固定資産、投資有価証券で良いのでしょうか?
    本試験においても上記のような対応をすれば良いのでしょうか?

    • パブロフくん より:

      テキストをお使いくださり、ありがとうございます。
      その他有価証券の「株式」です。株式には満期日がありませんので、固定資産の投資有価証券となります。P.307の「その他有価証券(株式) → 投資有価証券」という説明はこれを意味しています(株式と債券の違いはP.154に書いてありますのでご参照ください)。

      本問と同様の問題をP184のQ5で出題しておりまして、解説に「I社株式 その他有価証券であり、債券でなく株式なので満期日がないため、固定資産の投資有価証券に計上する。」と書いてあります。合わせてご参照頂けますと幸いです。

      • さんま より:

        ありがとうございました。
        テキスト読み込んでなくてすみませんでした。

        • パブロフくん より:

          いえいえ、解説がわかりにくくて申し訳ございませんでした。
          勉強頑張ってください♪合格を応援しています!

  • ネネ より:

    こんにちわ。
    2年ほど前に2級不合格して今回再度チャレンジする事にしました。
    取りかかりが遅かったため、今実践問題をやってる最中なんですが、工業簿記がやはり苦手で、手が止まってしまいます。
    今からでも工業簿記の総問題集を買って解きまくった方がいいですか?
    実践問題だけでも充分でしょうか。

    • パブロフくん より:

      実践問題をお使いくださり、ありがとうございます。
      工業簿記は問題数が少ないため、実践問題だけでは不十分です。実践問題はテキストや問題集の内容をマスターした方が2時間問題に対応できるか確かめるために使用するものです。工業簿記が苦手でしたら、総仕上げ問題集を解くのがオススメです。総仕上げ問題集の内容が難しいのでしたら、基礎が不十分ですので一度テキストに戻って内容を復習しつつ、総仕上げ問題集を進めていくのがよいでしょう。まだ1か月ありますので、苦手克服を優先して勉強しましょう♪

  • みかん より:

    こんにちは!
    試験前に旅行がはいってしまい焦っています(;´∀`;)

    過去問は新しいものをやるのが良いとのことですが、私が所持している過去問集には140,141回がはいっていません。
    141回は予備校に請求して手に入りましたが、140回が手に入りませんでした。
    これは新しい過去問集を買うべきなのでしょうか?
    それともアプリのふろくの実践問題などをやればいいのでしょうか?
    今は総仕上げ問題集4回転目と手持ちの過去問をやっています。

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      オンとオフを切り替えて、旅行までは勉強を頑張って、旅行中は簿記のことを忘れて楽しんできてください♪
      140回の過去問がないということですが、新しい過去問集は買わなくて良いと思います。
      アプリの特典の実践問題をやれば大丈夫でしょう。
      2月の試験は第3問で貸借対照表と損益計算書が出ると思いますので、対策をしておきましょう。
      勉強、引き続き頑張ってください♪

      • みかん より:

        ありがとうございます!
        アプリ特典の予想問題でおすすめのとく順番などはありますか?
        全部できるかもわからないので…

        • パブロフくん より:

          予想問題は1から順番に解けば大丈夫です♪
          頑張ってください♪

  • 麻衣子 より:

    先生に以前オススメして頂いたTAC出版さんの過去問題集を活用しています。
    試験日が近づくにつれ、総仕上げ問題集をそのまま勉強していた方が良かったのか、最近不安になってもきています^^;
    アプリでも少しの時間でも勉強しようと思うのですが、この時期は分野別とレベル別,テスト,どれを効率的に解いていけば良いでしょうか?

    • パブロフくん より:

      過去問は、2時間内に70点以上が取れるかを確認するために使います。
      総仕上げ問題集は、苦手な分野を克服するため、色々な出題パターンを練習するために使います。
      過去問を解いてみて、苦手な分野、と感じたら総仕上げ問題を使っても良いかもしれません。

      アプリの使い方は次のとおりです。
      1.時間がないようでしたら、まずはレベル別です。問題数が少ないので、すぐに全問解けると思います。
      2.レベル別が終わったら、分野別で苦手な分野だけ解くのがいいでしょう。
      3.試験直前は、ミスのみの問題を集中的に解きましょう。

      • 麻衣子 より:

        お返事ありがとうございます(o^^o)
        138回〜問題が難しく、正直、焦ってきています。工業簿記に関しては、問題集しか購入しなかったので、理解があまり深くないような気がしています^^;高校時代は得意と思っていたのですが…。
        とにかく、どれをやっても良いので、量をこなしていく方向かな?と思っています^^;

        • パブロフくん より:

          たくさん解いて、自力で解けるように復習すれば実力が伸びると思います。
          引き続き、頑張ってください♪

  • ともみ より:

    こんにちは。毎日ブログをチェックして更新を楽しみにしています。先日は苦手な工業簿記のアドバイスをいただき、ありがとうございました。基礎がわかっていないと問題は解けないので、昨日から復習を兼ねてパブロフ君の問題を手を動かして解いています。
    というのは、申し込んであった専門学校の試験前の直前講座に先週末から通っているのですが、工業簿記が全く解けなくて、かなり落ち込みました。テキストの問題は解説を読んだ後にすぐに解くからいいのですが、試験問題になるとサッパリです。計算式は何となく頭に入っているのですが、どの数値を基準に掛け算して、割って、、、と言うのが分からないのです。そこの所を教えて欲しくて学校へ申し込んだのに、試験問題を解いて、簡単な解説をする講座で、基本が分かっていることが前提の授業内容でした。
    まだ読んでいませんが、パブロフ君の総仕上げ問題集には、計算の考え方が詳しく載っているのでしょうか。
    もうあまり時間がないので、あちこち手を出すのはいけない事とわかっていますが、解決の糸口があればすがりたいです。

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      専門学校の講義、大変でしたね。
      次の2点を確認されては如何でしょうか。

      1.工業簿記で覚える内容は?
      工業簿記のポイントは、工業簿記テキストP.354のパブロフ流チェックリストに書いてあります。
      ここに書いてあるポイントが思い出せるようでしたら、工業簿記の基礎は理解できていますので、ご安心ください。

      2.問題演習が足りているか?
      工業簿記は、色々な問題が出題されます。しかし、上記1.の内容が形が変えて問われているだけですから、慣れると安定して満点が取れるようになります。
      たくさん問題を解き、間違い、復習することで、実力がついていきます。ある程度の問題の量を解く必要があります。
      今までの学習で、一つの分野でいろいろな問題を解いたのか、確認しましょう。

      総仕上げ問題集は、様々な形式の問題を収録していますので、問題演習をするために作成しています。また、過去問30回分以上の出題形式を分析して作っていますので、過去問をたくさん解くより、総仕上げ問題集を解いた方が効率的に勉強ができます。
      総仕上げ問題集は、テキストと同じように、必要となる計算式はすべて書いておりますので、どの数値を基準にして掛け算、割り算がわからない、ということはないと思います。気になるようでしたら、書店で立ち読みしてみてください。

      • ともみ より:

        返信ありがとうございます。早速チェックリストを確認してみましたが、残念ながら知識があやふやなところがありました。いま先日のアドバイス通りテキストの練習問題を、図を書きながら復習しています。思い出す事が多い、ということは、忘れていたのですね。
        過去問の解説を読んでも、なぜこれとこれを掛ける?割るの?と言ったことが分からないことがあるので、私には総仕上げ問題集の方が過去問よりも合っているのかも知れません。今日にでも購入するつもりです。
        この時期、各簿記専門学校から予想問題がお教室やネットを通じ配信されています。学校の命運が掛かっている(大げさかな、、、)のでしょうけど、何を信じて良いのか複雑な気持ちです。情報に惑わされずに自分はしっかり勉強しようと思います。

        • パブロフくん より:

          チェックリストが役に立ったようで良かったです。
          コツコツ復習するのが合格への近道だと思います。総仕上げ問題集をご購入してくださり、ありがとうございます。
          テキストや総仕上げ問題集でわかりにくい解説がありましたら、こちらに質問してくださればお答えしますので、お気軽にお書きください。
          11月の合格を応援しています♪

  • コメント投稿
    ・問題に関する質問はQ&Aページにお願いします
    ・他の書籍や問題集の質問にはお答えできません