トップページ > 日商簿記3級 > 減価償却(定額法) > 減価償却(定額法)の計算方法


減価償却(定額法)の計算方法

テーマ: 減価償却(定額法)

パブロフくん減価償却って累計額とかいろいろ出てきて、変なの~。

お兄さん減価償却は、どうなってるか理解して、下書きを確立させたらすごく簡単なんだよ。

パブロフくんほんと!?教えて教えて!!

お兄さんどうしよっかな~。

パブロフくんえ~~~!?ねぇねぇ♪(しっぽフリフリ)

お兄さんうぅ、、かわいい、、、。パブロフくんが、だんだん世渡り上手になってきた気がする、、、。

 

減価償却(定額法)とは?

減価償却

減価償却は、購入した固定資産を、使ったり時間がたったりすることによって価値が減っていくのを数字で表すことです。

1,000円で買った車両が、5年間で100円の価値まで減る場合、「5年間」のことを『耐用年数』、「100円」のことを『残存価額』といいます。

耐用年数 車両が何年使えるか。
残存価額 耐用年数が経過した後、いくらで売れるか。

減価償却費 定額法 

パブロフくんの新品のリアカー「車両」は、5年後100円の価値しかありません。残存価額100円とは、5年後にボロボロになった車両の鉄をスクラップとして売ったら100円になるということです。問題によっては、この残存価額が0円の時があります。耐用年数経過後、何の価値もなくなってしまう場合には、残存価額が0円になります。

解く時のポイント

耐用年数が何年か、残存価額がいくらか、しっかり問題文を読んで、下書きに書くことが大切です。

定額法

定額法とは、1年(正確に言うと1ヵ月)ごと定額に減価償却すると仮定する減価償却の方法です。簿記3級では定額法しか出題されませんが、簿記2級では定率法や生産高比例法も学習することになります。

直接法と間接法

減価償却の仕訳を書く方法(記帳方法)には、直接法と間接法の2種類があります。

「減価償却累計額」を
●使わない → 直接法
●使う    → 間接法

日商簿記の過去問では、ほぼ間接法しか出ていません。直接法は15回に1回出るかどうかです。

まずは間接法で解けるようになれば大丈夫ですが、範囲表では直接法も範囲に入ってますので余裕がある人は覚えておきましょう。実務でも直接法は使われていません。

先程の例で、1年目の記帳を見てみます。

■直接法
(借方)減価償却費 180 (貸方)車両 180

■間接法
(借方)減価償却費 180 (貸方)減価償却累計額 180

減価償却費 定額法 直接法 間接法

直接法と間接法を見分ける方法

■直接法
試算表に減価償却累計額がない場合や「減価償却累計額を使用しないで仕訳を行う」「直接控除する方法で記帳する」「直接法で記帳する」と指示がある場合は、直接法で解答します。

■間接法
試算表に減価償却累計額がある場合や「間接法で記帳する」と指示がある場合は、間接法で解答します。

 

減価償却(定額法)の解き方

次の取引について仕訳しなさい。¥1,000で購入した備品について定額法により減価償却を行う。残存価額は取得原価の10%、耐用年数は5年とする。減価償却累計額を使用して仕訳を行う。

<解答>
(借方)減価償却費 180 (貸方)減価償却累計額 180

<解き方>
「減価償却累計額を使用して仕訳を行う」とありますので、間接法で仕訳します。
計算は次のように計算式を下書き用紙に書いて解きましょう。紙に書かないとケアレスミスが増えてしまいます。

減価償却費 下書き

なお、「残存価額は取得原価の10%」とあるとき、「×0.9」とするのは
(1,000-1,000×10%)÷5=180
→ 1,000×0.9÷5=180
というように、取得原価100%-残存価額10%で計算した90%を表しています。

 

ポイント
「残存価額は取得原価の10%と指示があれば×0.9、残存価額0であれば×0.9は無し」と覚えておけば、ほとんどの問題は解けます。

※注意点
法人税法が改正されたため、日商簿記の問題でも新しく取得した固定資産の残存価額が0円で計算されることがあります。問題文の指示に従ってください。

 

固定資産売却の解き方

次の取引について仕訳しなさい。5年前に取得した車両(取得価額¥900、減価償却累計額¥600、当期減価償却費¥100)を¥300で売却した。売却代金は翌月末受け取る。

<解答>
(借方)減価償却累計額 600 (貸方)車両 900
    減価償却費   100      固定資産売却益 100
    未収金     300

<解き方>
① 当期減価償却費(期首から車両売却までに発生した減価償却費)を計上する。
 減価償却費100 /

② 売却代金の受け取りは翌月末なので「未収金」を書く。
 減価償却費100 /
 未収金300

③ 売却したので「減価償却累計額」「車両」の残高が0になる。
 減価償却費100 /車両900
 未収金300
 減価償却累計額600

④ 差額が右なので「固定資産売却益」と書く。
 減価償却累計額600/車両 900
 減価償却費100    固定資産売却益 100
 未収金300

 

パブロフくんパブロフ、今回は大丈夫。

お兄さんでも、減価償却はまだつづきがあるんだ。簿記2級を受けるなら…。

パブロフくんえっ!?

 

関連ページ

2級受験の方 減価償却(定率法、生産高比例法)

タグ:, ,


コメント (15)
  • わからないさん より:

    こんばんは。いつもサイトの問題を参考にさせていただいています!

    利用月数についてなのですが
    h23 1/4〜h27 3/30までに売却して
    決算日が12/31のときに
    四年と 三ヶ月となったのが正しいと先生に言われたのですが
    どうやって一年、一ヶ月と括って考えているのかがわかりません、、、、。

    いつも指で23、24、25、26、27!
    じゃあ五年?と答えを出していたので
    つまづいてしまいました。

    正しい年数、月数の数え方を教えていただくことは可能でしょうか、、、??

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      H23年1月3日からH24年1月2日までで1年間です。H23を数えたのが原因かと思います。指折り数えるのではなく、線表を書いて、1年間区切りで数えるのがオススメです。
      線表はこんな感じです。
      http://pboki.com/boki3/keika2/prepaid.html

      正確ではありませんがざっくり計算するなら、27-23=4で確認できます。最初は間違えるかもしれませんが、線表を書きながら練習しているとそのうち慣れると思いますよ。学校の先生にも相談してみてもいいかもしれません。

  • ひびき より:

    固定資産の売却が期中に行われる場合が上手く理解できません。
    年、期の分は減価償却累計額で、月の分は減価償却費で~というのが良く分からず、減価償却累計額に期+カ月という計算をしてしまいがちで、減価償却累計額に期+カ月にしてしまいます。
    理解はどのようにしたら良いのでしょうか?

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      ◆1年目の減価償却の決算整理仕訳
       減価償却費100/備品減価償却累計額100
      ◆2年目の減価償却の決算整理仕訳
       減価償却費100/備品減価償却累計額100
      ◆3年目の期末に売却した時の仕訳
      備品の取得原価500、今まで計上した減価償却累計額は200、現金売却額150
       減価償却費100/備品500
       備品減価償却累計額200
       現金150
       固定資産売却損50

      以上のようになります。減価償却累計額は過去の減価償却費の累計額ですが、決算整理仕訳の時に使う勘定科目です。期中の仕訳では使いません。

      理解が難しいようでしたら、下記のように分解して仕訳を書いてみても構いません(試験では不正解になる可能性があります)。
       減価償却費100/備品減価償却累計額100

       備品減価償却累計額300/備品500
       現金150
       固定資産売却損50

      何問か解いてみると慣れると思います。試験までにテキストP078を復習しておきましょう。

  • まみこ より:

    定額法の減価償却費は、毎年同じ値だけ計上するのでしょうか?
    例えば取得原価500円、耐用年数5年の固定資産を償却する場合、毎年「500÷5」で減価償却費を出せば良いのでしょうか?
    これは、無形固定資産でも同じですか?

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      有形固定資産の定額法の減価償却費の計算式は下記の通りです。
      (取得原価ー残存価額)÷耐用年数
      無形固定資産は残存価額がありませんので、残存価額を0として計算します。
      なお、有形固定資産と無形固定資産どちらも期中で取得した場合は減価償却費を月割計算をします。

  • より:

    パブロフの日商簿記3級第3版を買った者ですがP77の四コマ目の2で減価償却累計額と減価償却費が借方にあるということが分かりません
    教えて下さい。

    • パブロフくん より:

      テキストをお使いくださり、ありがとうございます。

      ◆減価償却費が借方にある理由
      テキストに書いてある通り、期首から売却時までの減価償却費が発生します。
      これは、当期に備品を使った期間に対応した分だけ減価償却費が増えるので、借方に減価償却費と書きます。

      ◆減価償却累計額が借方にある理由
      備品を売ったので、備品がなくなりましたので、帳簿上の備品と備品の減価償却累計額を削除します。
      備品は、購入した時~前期末までの各期に決算整理仕訳で減価償却を行います。この仕訳によって減価償却累計額が増加します(貸方に残高が増えます)。
      この増加した減価償却累計額を取り消すため、借方に減価償却累計額と書きます。

      こちらについては、P.026の仕訳と勘定科目の残高の関係を復習されると理解が深まると思います。

  • 下山 勝三 より:

    平成27年軽トラック¥1,000,000で、末償却残高¥666,667の償却基準金額は, 平成28年は、期末残金はいか程になりますか?

    • パブロフくん より:

      すいません、所得税法や法人税法などの日商簿記に関係のない質問(他の出版物を含む)には回答できません。

  • めろん より:

    よせだ先生いつもお世話になっております。日商簿記2級のテキスト&問題集でP282ページ問5の建物の減価償却の計算は10%
    P295ページ問4の減価償却は0.9を使うのはどうしてですか?10%と0.9を使う見分け方がわかりません。教えてください。

    • パブロフくん より:

      テキストをお使いくださり、ありがとうございます。
      10%と使って計算しても、0.9を使って計算しても結果は同じになりますので、ご自身が覚えやすい方で解けば大丈夫です。ただ、0.9を使って計算した方が計算が早いので、P295で紹介しています(P301の4. 減価償却費のコメントを参照ください)。

      計算式は、次のように変形すると0.9を使った計算式になります。

      (750,000-750,000×10%)÷25年
        ↓
      (750,000×100%-750,000×10%)÷25年
        ↓
      750,000×0.9÷25年

      以上となります。こちらで大丈夫でしょうか。

  • ゆるーく勉強中 より:

    私の頭が硬かったのでしょう。ご説明頂き、今までの考え方で良かったのがわかり、ほっとしました。

  • ゆるーく勉強中 より:

    減価償却累計額ですが、最初に借方 減償100 、貸方 減償累計額100、そして車両売却の仕訳 借方 減償累計額700、貸方 車両900。減価償却累計額700の内訳は最初に仕訳した今期保有分の100、問題文にある600が売却となるので貸方に振替られたということだと思いますが、そうなると貸方には減価償却累計額がないのになぜ相殺となるのですか。私の考え方のどこが間違っているようです。ご指摘お願い致します。

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます!
      マル3の仕訳にある、借方の減価償却累計額700と、貸方の減価償却累計額100を単純に相殺しただけです。

      私のブログでの書き方が混乱を招いてしまったかもしれませんので、別の方法で説明します。
      1、当期の減価償却費計上
      減価償却費100/
      2、未収金の計上
      減価償却費100/
      未収金300
      3、「減価償却累計額」「車両」の残高が0になる
      減価償却費100  /車両900
      未収金300
      減価償却累計額600
      4、差額が右なので「固定資産売却益」と書く。
      減価償却費100  /車両900
      未収金300     固定資産売却益 100
      減価償却累計額600

      減価償却累計額をいったん右にも計上したほうが分かりやすいかと思い、本文のように書いたのですが、
      こちらの説明の方が混乱しなくてすむかもしれません。
      減価償却累計額は期末に計上するのものであって、売却時といえども期中に計上することはありません。
      ですので、売却時に消す減価償却累計額はそもそも600だけと言えます。

      ご指摘ありがとうございました。本文を修正することも検討してみます。

  • コメント投稿
    ・問題に関する質問はQ&Aページにお願いします
    ・他の書籍や問題集の質問にはお答えできません