トップページ > 試験までの過ごし方 > 10日前の勉強法 > 試験まであと10日の勉強法


試験まであと10日の勉強法

テーマ: 10日前の勉強法

パブロフくん あたふた、あたふた、、、

お兄さんパブロフくん、あたふたしてるね。どうしたの?

パブロフくんあ、あ、あ、あと10日で簿記の試験なの。

お兄さんそうだね。でも、あたふたしたらダメだよ。あと10日間、地に足を付けて最後の追い込みをしなきゃ!

 

レベル別勉強法

必要なもの

過去問集、または特典の実践問題です。すでに過去問集を持っている人は今から本屋で新しいテキストや問題集を買う必要はありません。今の時期に新しいテキストを解く時間はありませんので、買わないようにしましょう。

パブロフ流総仕上げ問題集をお持ちの方は、総仕上げ問題集と模擬試験だけ十分対策ができますので、過去問を購入しなくても大丈夫です。

テキスト、総仕上げ問題集、実践問題、過去問集の役割について、こちらに詳しく書きました(一度ご参照ください)。
日商簿記に合格するための正しい勉強方法

 

簿記2級の過去問を解く場合の注意点

簿記2級の商業簿記の過去問を解く際に注意が必要です。次の論点は範囲外となりますので、学習する必要はありません。

・第2問の特殊仕訳帳
・第2問の特殊商品売買
・仕訳について、社債、繰延資産、特殊商品売買

過去問を解く場合でも、第2問は勘定記入や銀行勘定調整表、株主資本等変動計算書、第3問が財務諸表の記入、精算表の問題を必ず解けるようにしておくことが大切です。また、簿記3級の主要簿と補助簿の書き方が苦手な人は簿記3級のテキストを復習しましょう

 

1.過去問70点以上を得点できる方

試験10日前から3日前まで

①過去問や実践問題を解く
6回分の過去問や実践問題6回分が終わっていない方は、解きましょう。終わった方は、苦手な分野だけを集中的に問題演習。普段「ミスノート」を付けていた方はすでに苦手な分野が一目瞭然ですね。

②商業簿記(仕訳)

簿記アプリがある方は、分野別モード、チェックのみモード、ミスのみモードで苦手分野を集中的に解きましょう。仕訳の問題は得点源。アプリに入っている問題から必ず5問出ます。アプリがない方は、苦手な分野の仕訳の過去問を、ひたすら解きます。

注意:簿記2級の商業簿記アプリは、出題可能性をの変更を加味して重要度を変更しましたので、最新版をお使いください。

③工業簿記
総仕上げ問題集を使って苦手な分野をひたすら解きます。

④試験対策
過去問を解く際に時間配分の練習、ケアレスミス対策をしておきましょう。採点後にケアレスミスの傾向を一度振り返ってみましょう。
 ・文字を大きく書く
 ・電卓を何度も叩かない
 ・分からない場所は飛ばして最後に解く
 ・過去問を解く時、各問題にどれくらい時間をかけているのか
  →現状と当日のイメージをすり合わせる

試験3日前から前日

解いたことのない過去問や実践問題、模擬問題を解き、初めてみる問題への対応力を確認。過去問は直近3回以内のものがオススメです。

 

2.過去問50~70点を得点している方

試験10日前から2日前まで

①過去問や実践問題を解く
6回分の過去問または実践問題を解きます。1日1個で6回分を解きましょう。

今まで使ってきたテキストはわからないときの辞書として使用します。記述式の試験ですから問題演習が必要不可欠です。

②苦手な分野を克服する
過去問や実践問題を解く中で、苦手だと思う分野を総仕上げ問題集を使って、特訓します。

試験2日前から前日

まず、過去問を解いた結果から、間違えた分野や苦手な分野を書き出します。書き出した分野を集中的に解きます。
もし余裕がある人は前回の過去問を解きましょう。

 

3.過去問50点未満を得点している方

試験10日前から2日前まで

①未学習の分野を終わらせる
テキストで終わっていない部分を読む時間、仕訳の演習時間を確保する必要があります。朝起きてすぐの時間、移動時間、食事の後、寝る前の10分を簿記の勉強に使いましょう。あと10日間だけです。やりたいことは試験が終わってからしましょう。

②過去問や実践問題を解く
6回分の過去問や実践問題を解きます。1日1個で6回分を解きましょう。

イスに座って、過去問で3~4時間、イス以外のスキマ時間に1~2時間は勉強します。

③間違った問題を中心に復習
過去問や実践問題で間違った問題だけ、フセンを貼っておき、次の日に解きなおしてみましょう。手を広げすぎず、今まで学習した問題が解けるようになることが大切です。

試験前日

まず、過去問や実践問題を解いた結果から、間違えた分野や苦手な分野を書き出します。書き出した分野を集中的に解きます。今までの復習だけで一日をすべて使います。

 

パブロフくん勉強しなきゃダメってことだね。

お兄さん今回は簿記の勉強だけど、勉強のせいで自分の就職や生き方が制限されるなんてもったいないじゃない?

パブロフくんうん、お店も勉強もどっちも頑張る!

お兄さん頼もしくなったね、パブロフくんも。過去問の点数は50点だけど…。

パブロフくんまだまだこれから、頑張るもん。パブロフ、諦めないもん。

 

関連ページ

試験前日の過ごし方、当日の注意点

タグ:, , ,


コメント (9)
  • かぼすのすけ より:

    実践問題集[パート2]第6回・問5について質問です。

    仕損が生じているのですが、それが「完成品原価に含めて処理する方法」と「完成品原価と月末仕掛品原価に含めて処理する方法」のどちらなのか、問題文ではわからないような気がします。

    両方試してみて割り切れたほうの数値で進めたのですが、そんなことは気にしなくとも問題は解けたのでしょうか?それとも私は仕損の計算について何か勘違いをしていますでしょうか。アドバイス頂けるとありがたいです。

    • パブロフくん より:

      実践問題集をお使いくださり、ありがとうございます。
      本問は「仕損は工程の途中で発生しており」と書かれてはいますが、どこで発生したのか書いていません。つまり、発生点不明の場合に該当します(テキスト第2版P.247)。発生点不明の場合、「完成品原価と月末仕掛品原価に含めて処理する方法」で解くことになります。

  • みお より:

    初めまして。今、2級の実践問題をやっているのですが、解説を見てもわからないものがあります。
    実践問題2016No.3の仕訳の3番目ですが、半分を売ったということで額面で3000000円分ということはわかるのですが、それを100で割ってるのは何故でしょうか?取得時の単価とか数量を出す方法がわかりません。

    • パブロフくん より:

      社債は1口100円という前提条件で発行されます(テキストP.157参照)。ですので、試験問題でも1口100円という前提で出題されることがあります。一度、テキストに戻って復習しましょう。

  • ともみ より:

    返信、そしてお気遣いありがとうございます。総合原価計算をしっかり理解していれば、すんなり分かったのかな。。。帰宅したら、問題集と照らし合わせて見直してみます。

    • パブロフくん より:

      全部原価計算の損益計算書は難しいので、わからないときは遠慮なさらず聞いてください♪

  • ともみ より:

    いつも丁重な返信をくださって、ありがとうございます。
    試験まで1週間を切り最後の追い込みをしなくてはいけないのに、風邪が悪化し腹腔内鼻炎になってしまい、鼻水すすりながら勉強しています。ついてないわ。。。
    総仕上げ問題集の工業簿記の問題で質問があります。
    chapter11の問題5、売上原価を算出するのに加工費予定配賦率を求める式がどうして記載の式になるにか、また売上原価を求める式が原料費と加工費の予定配賦率をプラスするのはどうしてですか?
    次の問題の売上原価も変動売上原価と固定製造原価をプラスしています。
    これらがよく分からないからか、07の損益計算書と理論の問題が、数字と項目がたくさんありすぎて、ぞれぞれの関連性が理解できずにいます。
    試験まで日がないのに、理解できなくて困っています。

    • パブロフくん より:

      体調を崩して大変ですね。お体を大事になさってください。

      Ch11-05~07については、仕掛品BOXと製品BOXを書くとわかりやすくなると思います。
      下記の最後の方に11-06の仕掛品BOXと製品BOXの図を載せていますので、こちらを一度見てみるとどのようになっているのか、わかるかと思います。ご参照ください。
      http://pboki.com/2kogyo/direct/direct.html

      ■予定配賦率について
      問題文5.その他「加工費を生産量にもとづいて予定配賦」と計算方法が具体的に書いてありますので、問題文の指示に従い、加工費÷生産量で予定配賦率を求めることになります。

      ■売上原価について
      全部原価計算は総合原価計算と同じですので、材料費と加工費を合計して仕掛品や製品、売上原価を計算します。
      先程の仕掛品BOXと製品BOXの図を見ると下記の意味も分かると思います。

      試験も近いので、理解が難しいようでしたら、直接原価計算の部分を正答して、全部原価計算については部分点を狙うのがいいかもしれません。

  • コメント投稿
    ・問題に関する質問はQ&Aページにお願いします
    ・他の書籍や問題集の質問にはお答えできません