期末日の有価証券利息と償却原価法 | パブロフ簿記のブログ

トップページ > 日商簿記2級商業簿記 > 有価証券と満期保有目的の債券 > 期末日の有価証券利息と償却原価法


期末日の有価証券利息と償却原価法

テーマ: 有価証券と満期保有目的の債券

パブロフくんねぇねぇ、お兄さん。

お兄さんなんだい?パブロフくん。

パブロフくんパブロフ、精算表の問題を解いたの。

お兄さんえらいね!

パブロフくん期末日に満期保有目的債券の利息を受け取る場合、仕訳を書くのか、書かないのか、わからなくなっちゃって…。

お兄さんなるほどね。実際に問題を使って見ていこうか。

 

【問題】
次の[決算整理事項その他]にもとづいて、答案用紙の精算表を完成しなさい。会計期間はX2年3月31日を決算日とする1年間である。

[決算整理事項その他]
A社社債は満期まで保有する目的で取得しており、額面金額60,000円、1口当たりの額面は@100円、年利率4%、利払日は年1回3月末、満期日はX5年3月末である。なお、取得価額と額面金額との差額は金利の調整と認められるため、償却原価法を適用する。A社社債の決算整理前の帳簿価額57,000円、決算日の時価57,900円である。

【答案用紙】

パブロフくんこの問題でパブロフは「償却原価法の仕訳」と「利息の受け取りの仕訳」を書いたんだけど。正解と違うみたいなの…。

<パブロフくんの書いた仕訳>
償却原価法 満期保有目的債券750/有価証券利息750
利息の受け取り 現金預金2,400/有価証券利息2,400
<正解>
償却原価法 満期保有目的債券750/有価証券利息750

パブロフくんどうして「利息の受け取りの仕訳」はしなくていいの?

お兄さん良い質問だね。詳しく説明するね。

 

満期保有目的債券の利息の受け取り

この問題で「利息の受け取りの仕訳」が不要なのは、すでに「期中仕訳」として仕訳を書いているため、答案用紙の精算表の「残高試算表」欄に正しく反映されているからです。

<期中の仕訳>
利息の受け取り 現金預金2,400/有価証券利息2,400
<決算整理仕訳>
償却原価法 満期保有目的債券750/有価証券利息750

パブロフが書いた次の仕訳は、「期中仕訳」としてなされています。
額面金額60,000×利率4%=2,400
 現金預金2,400/有価証券利息2,400
これが答案用紙の精算表「残高試算表」欄の有価証券利息2,400に反映されています。

パブロフくん「期中仕訳」って何?

お兄さんそうだね。「期中仕訳」と「決算整理仕訳」の区別を知っておく必要があるね。

 

簿記の処理の流れは次のようになっています。
1.期中仕訳…売上の仕訳や経費の仕訳など、期中に会社で毎日発生する取引を記録するためにする仕訳。
2.残高試算表の作成…期中仕訳をすべてまとめた残高試算表を作成する。
3.決算整理仕訳…期が終わった後に、期中仕訳では足りなかった仕訳をしたり、間違った期中仕訳をしてしまった場合に修正する仕訳。
4.精算表・財務諸表の作成…残高試算表の金額に、決算整理仕訳を反映させて、損益計算書と貸借対照表の金額を求める。

 

お兄さん利息の受け取りの仕訳は「期中仕訳」、償却原価法の仕訳は「決算整理仕訳」だよ。だから本問では利息の受け取りの仕訳はすでにされていて残高試算表に反映されている。償却原価法の仕訳は決算整理仕訳として書かなければいけないんだ。

パブロフくんえっ、でも問題文に「利払い日は年1回3月末」って書いてあったよ。3月末って期末日のことでしょ?期末日に利息の受け取りの仕訳もするんじゃないの?

お兄さんえっ?「期末日にする仕訳=決算整理仕訳」ではないよ。

パブロフくんな、なんだって!?

 

期末日(この問題ではX2年3月31日)といっても期中です。X2年3月31日に行われた取引について、売上や有価証券利息の計上などの期中仕訳はします。期中仕訳がすべて終わった後にする「期中仕訳では足りなかった仕訳」「間違った期中仕訳の修正」が決算整理仕訳なのです。

 

何が期中仕訳で、何が決算整理仕訳なのかは覚える必要があります。もしパブロフ流のテキストをお使いでしたら、まとめの仕訳に「期末日:」と付いているのが決算整理仕訳です。他のテキストをお使いの場合でも、決算整理仕訳であるか否かは表示されていると思います。

【解答】

パブロフくんそういうことだったのか~。あれ?でも、決算整理仕訳で利息の仕訳をすることもあったような…

お兄さんもしかして経過勘定のこと?

パブロフくん経過勘定…?

お兄さん未収有価証券利息(未収収益)だね。

パブロフくんそれそれ!それは決算整理仕訳でやるよ。
 未収有価証券利息/有価証券利息

お兄さん経過勘定は簿記3級で学習したけど、念のため説明するね。

 

この問題では、期中仕訳にしても決算整理仕訳にしても「未収有価証券利息」は出てきません。なぜなら、「未収有価証券利息」は、利払日と期末日(決算日)にズレがある場合に計上するものだからです。
本問では利払日が3月末、期末日(決算日)が3月31日で一致しているので「未収有価証券利息」の仕訳はしません。

利息を受け取る仕訳は「期中仕訳」ですが、もし利払日と期末日にズレがある場合には「期中仕訳」をするタイミングがなく有価証券利息の金額が正しくないので、「決算整理仕訳」として次の仕訳をして、有価証券利息の金額を正しくします。

未収有価証券利息/有価証券利息

たとえば、期末日が3月31日、利払日が年1回9月末の場合を考えてみましょう(計算を簡単にするため、当期の10月1日に満期保有目的債券を取得したとします)。

利払日が年1回9月末ですので、現金預金を受け取り、有価証券利息の仕訳をするのは翌期の9月末になります。しかし、当期の6か月間(図の赤い部分)は満期保有目的債券を保有しています。この部分の有価証券利息を計上しないのは正しくありません。期中仕訳だけでは正しくないので、決算整理仕訳で有価証券利息を正しくする必要があります。

したがって、3月31日に次の決算整理仕訳を書く必要があります。
60,000円×4%×6か月÷12か月=1,200円
 未収有価証券利息1,200/有価証券利息1,200
3月31日時点で実際に現金預金を受け取っているわけではないので「現金預金」勘定を使うことはできません。ですので、有価証券利息の相手勘定は「未収有価証券利息」と書きます。

 

パブロフくんなるほど~。期中仕訳だけだと正しくないときに、決算整理仕訳をするんだね♪

お兄さんそういうこと!有価証券だけではなく、借入金の利息やリースの未払なども、同じ考え方で問題を解くことができるよ。

タグ:, , ,


コメント (3)
  • アラフォーワーママ より:

    途中挫けそうになりながらもパブロフくんに癒さつつ、6月の簿記2級受験に向けて勉強しているアラフォーワーママ です。

    上記の内容ですが、この場合
    額面金額60,000 – 帳簿価額 57,000 = 3,000
    当期(X1年4/1 ~ X2/3/31)を含め、X6/3/31までの5年間で考えるので
    3,000 / 5 = 600
    満期保有目的債権 600 / 有価証券利息 600 

    とならないのでしょうか?4年で割っているということは当期を含めないで考えるのでしょうか??

    お忙しいところすみませんが、教えていただけると大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      ご指摘の通り、問題の償還期間がおかしいですね。
      問題の満期日をX5年3/31に変更しました。ご指摘ありがとうございました!

      • アラフォーワーママ より:

        お忙しいところ、ご確認いただきありがとうございました!
        「理解出来た」と思っていた内容だったので確認できてスッキリしました。
        6月の試験、この調子で頑張ります!!

  • コメント投稿
    ・問題に関する質問はQ&Aページにお願いします
    ・他の書籍や問題集の質問にはお答えできません