トップページ > 日商簿記2級工業簿記 > 材料副費の仕訳 > 材料副費の仕訳(予定配賦と材料副費差異)


材料副費の仕訳(予定配賦と材料副費差異)

テーマ: 材料副費の仕訳

パブロフくんふつうふんふ~ん♪

お兄さんふつう今日はご機嫌だね、パブロフくん。

パブロフくんふつう昨日デートして来たからね!

お兄さんふつう2えっ!?・・・いいなぁ。

パブロフくん?ところでお兄さん、材料副費って何?

お兄さんふつう材料副費?知りたい?どうしようかな・・・

材料副費とは?

材料を購入したときの送料や手数料などの付随費用のことを、材料副費といいます。

材料副費の仕訳は次の2つのパターンがあります。
試験では原則処理と例外処理のどちらも出題されますので、覚えておきましょう。

原則処理:材料費に含めて仕訳を行う。

例外処理:材料副費を予定配賦している場合、材料副費勘定で仕訳を行う。

原則処理

1.材料を購入したとき

当月、買入部品を掛けで50,000円購入し、発送費3,000円を現金で支払った。
材料 53,000 / 買掛金 50,000
         現金 3,000

例外処理

材料副費を予定配賦している場合、材料を購入した時に予定配賦額を使います。このため、実際発生額と予定配賦額にズレが生じた場合に材料副費差異が発生します。

1.材料を購入したとき
当月、買入部品を掛けで50,000円購入した。購入に際しては、購入代価の5%を材料副費として予定配賦している。

材料 52,500 / 買掛金 50,000
         材料副費 2,500

2.材料副費の請求があったとき
当月末、発送費3,000円を現金で支払った。材料副費勘定へ計上する。

材料副費 3,000 / 現金 3,000

3.差額を振り替えるとき
当月の材料副費の実際発生額は3,000円であった。材料副費予定配賦額2,500円との差異は材料副費差異勘定に振り替える。

計算:予定配賦額2,500-実際発生額3,000=△500(不利差異・借方差異)

材料副費差異 500 / 材料副費 500

 

パブロフくん! 材料副費勘定は例外処理のときだけ出てくるんだね!

お兄さんきりそのとおり!試験では特に指示がない限り原則処理で処理してね。材料副費勘定を使う旨の指示があった時だけ、例外処理をしよう。

パブロフくんふつううん、わかった!

タグ:, , , , ,


コメント (8)
  • ゆい より:

    差異関係で質問なのですが製造間接費を予定配賦した場合、実際発生額が2000円で予定配賦が1700円となった時、
    借方 製造間接費配賦差異 300 / 貸方 製造間接費 300
    というふうに製造間接費を減らす(貸方に持ってくる)のですか?

    • パブロフくん より:

      はい、そうです。一度、テキストの製造間接費配賦差異の仕訳を確認しておきましょう。

      • ゆい より:

        すみませんなぜそうなるのか聞きたかったのですがなぜが抜けてました…
        私のイメージとしては予定より300円分多く製造間接費が増えたと捉えたため、借方に製造間接費が来るのではないか、と思ったのですが…

        • パブロフくん より:

          仕訳を書いてみるとわかりやすいです。
          1.間接材料費を製造間接費に振り替える時
           製造間接費2,000/材料2,000
          2.製造間接費を予定配賦で仕掛品に振り替える時
           仕掛品1,700/製造間接費1,700
          3.製造間接費を製造間接費配賦差異に振り替える時
          上記1、2の差額が製造間接費配賦差異なので、製造間接費の借方残高300をすべて振り替える。貸方に300と書く。
           製造間接費配賦差異300/製造間接費300

          以上となります。試験までにテキストP086~093を復習しておきましょう。

  • miyo17921 より:

    材料副費はなぜ製造間接費に入らないのですか?

    • パブロフくん より:

      材料を買った時、付随費用だからです。
      材料を消費した内容によって、直接材料費と間接材料費に分けます。
      上記のように、買った時と消費した時と違いがあり、意味が違うので、処理も違います。

  • はぐりん より:

    材料副費の仕訳なんですが、
    例えば
    材料の購入@300円x1,000個
    引き取り運賃6,000円
    を現金で払った。
    購入原価は購入代価に外部材料副費の実際発生額と内部材料副費の予定配賦額(購入代価の4%)を加算。

    とある場合、
    外部材料副費の実際発生額=引き取り運賃
    内部材料副費の予定配賦額(購入代価の4%)
    =300,000×4%=12,000

    購入原価=借方材料の全額のこと
    購入代価=材料そのものだけの値段
    仕訳:
    材料 318,000 / 現金 306,000・内部材料副費 12,000

    となり、外部材料副費という勘定科目は使わない
    ということになるのでしょうか?

    • パブロフくん より:

      コメントありがとうございます。
      材料副費はケースバイケースですので問題の指示に従って解くことになります。
      例では、予定配賦しているのは内部材料副費ですから「材料副費」を使って仕訳をします。勘定科目を使うの理由は「予定配賦」しているという指示があるからです。

      材料の購入原価の定義は次の通りです。
       材料の購入原価=購入代価+付随費用(外部材料副費+内部材料副費※)
      ※内部材料副費は購入原価に含めず、製造間接費として処理することも可能

      なお、簿記2級では、材料副費の実際発生額と予定配賦額の仕訳は出題されていますが、外部材料副費か内部材料副費かを分けて仕訳を書かせる問題は最近10年は出ていません。この内容は末端論点で重要ではないためです。

  • コメント投稿
    ・問題に関する質問はQ&Aページにお願いします
    ・他の書籍や問題集の質問にはお答えできません