トップページ > 日商簿記3級 > 仕訳のスピードアップ > 仕訳のコツとスピードアップ


仕訳のコツとスピードアップ

テーマ: 仕訳のスピードアップ

お兄さんパブロフくん、問題文を読んだとき、仕訳すぐに書ける?

パブロフくん書けないの~。えーっとえーっと、、、って時間かかっちゃう。

お兄さんじゃあ今日は、仕訳が速く書けるようになる練習をしようか。

 

仕訳を書くときの思考プロセス

例題:次の取引について仕訳しなさい。備品¥300を購入し、代金は現金で支払った。

<よくある解説>
有形固定資産を購入した場合、資産が増加する。このため借方に備品300が計上される。また、現金払いのため資産が減少するので、貸方に現金300が計上される。

 

よくある解説の問題点

●借方が右側なのか左側なのか、わかりにくい。

●資産が借方なのか貸方なのか、わかりにくい。

●資産が減少した場合、借方なのか貸方なのか、わかりにくい。

 

よくある解説の場合、仕訳をどのように書くのかがわかりにくいです。

まず、借方と貸方という用語は使う必要はありません。混乱を招く根源です。もし覚えていなかったとしても、借方と貸方が左右のどちらかわからなくなった場合、答案用紙に書いてありますので見れば済みます。

また、仕訳を書くときには、左側に書くのか、右側に書くのか、が重要になります。確かに貸借対照表と損益計算書を作る時には、資産や負債を分けて考える必要はありますが、仕訳を書く時には、その科目が資産か負債かなどは、判断しなくても大丈夫です。

仕訳のスピードアップ

その勘定科目がどうなったのか、下記の2点だけを判断して仕訳を書く練習をすると、仕訳を書くのが劇的に速くなります!

左側にある科目なのか、右側にある科目なのか

それが増えたのか減ったのか

仕訳を書くときの思考プロセスを文章にした解説は次のようになります。

<パブロフ流の解説>

① 備品は左にあるもの。
 →増えたので、左に「備品」と書く。

② 現金は左にあるもの。
 →減ったので、右に「現金」と書く。

 

思考プロセスの比較

まとめると次のようになります。パブロフ流の思考プロセスの方が単純で早いです。

<よくある解説の思考プロセス>

①備品は資産→②資産は借方→③備品が増えたので借方に書く→④借方は左側なので、左側に書く。

<パブロフ流の思考プロセス>

①備品は左側の勘定科目→②備品が増えたので左側に書く。 

 

お兄さんパブロフくん、「固定資産売却益」が発生したら?

パブロフくん右にあるものが増えたから、右に「固定資産売却益」!

お兄さん「借入金」を返済したら?

パブロフくん右にあるものが減ったから、左に「借入金」!

 

最初に書く勘定科目は?

勘定科目と勘定科目の左右には、覚えやすいものと覚えにくいものがあります。すべて覚えるのではなく、覚えやすいものをいくつか覚えて、覚えやすいものから中心に仕訳を書くと楽です。

たとえば、
現金、当座預金は明らかに【資産】で左とわかります。
このように現金や預金が関わるものについては、現金や預金を中心に考えると分かりやすいです。

<問題1>
次の取引について仕訳しなさい。収入印紙¥30を、現金で購入した。

<解答>
(借方)租税公課 30 (貸方)現金 30

<解説>
① 現金の減少 → 「現金」を右に書く。
② 空いている、左に「租税公課」を書く。

また、現金や預金が出てこない場合には、よく出てくる売上・仕入などを中心に考える場合もあります。

 

<問題2>
次の取引について仕訳しなさい(三分法)。商品¥500を売り上げ、代金¥500は当店発行の商品券で受け取った。

<解答>
(借方)商品券 500 (貸方)売上 500

<解説>
① 売上の増加 → 「売上」を右に書く。
② 空いている、左に「商品券」を書く。

 

まとめ

① 勘定科目が左にあるものか、右にあるものか、練習して頭に入れておく

② 問題文から増減を読み取り、仕訳を書く。

●左にあるもの
 増えた → 左
 減った → 右
●右にあるもの
 増えた → 右
 減った → 左

③ すべての勘定科目の位置を覚えなくても、知っている科目を中心に仕訳を組み立てればよい。

 

パブロフくんわーい。だんだん仕訳を書くのがはやくなってきた!

 

関連ページ

勘定科目の位置

仕訳のスピードアップ

T字勘定(総勘定元帳)の書き方

タグ:, ,


コメント (3)
  • いも より:

    問題を読んだ時に、これはどの部分の仕訳をしたら良いのか迷います。
    その前後の仕訳まで書いてしまったり、同じ勘定科目をまとめて書いてしまったりで苦戦しています。
    銀行勘定調整表の仕訳で「決算にあたり」で始まっている問題なのに、雑損や雑益まで書くことを要求していなかったり……。
    法律系士業の国家資格有資格者なので、読解力はそれなりにあるつもりでしたが、簿記は本当にわかりにくいです。
    問題量を解くことしかないのでしょうか?

    • パブロフくん より:

      簿記は取引の時系列が重要です。テキストで4コマ漫画のどこで仕訳が発生するのかを把握しておけば、問題で間違えることはないと思います。
      一度、簿記3級のテキストに戻って、期中取引の仕訳と決算整理仕訳を練習してみてはいかがでしょうか。そして、簿記3級の試算表と精算表、財務諸表で簿記一巡の流れが書いてありますので、そちらの合わせて練習してみてください。簿記3級の2時間問題を解くと感覚がつかめるのでオススメです。

      なお、銀行勘定調整表の問題で雑損や雑益は出てこないと思いますので、今のうちにテキストP.110~120を確認しておきましょう。

  • 簿記受験生 より:

    ありがとうございました

  • コメント投稿
    ・問題に関する質問はQ&Aページにお願いします
    ・他の書籍や問題集の質問にはお答えできません