トップページ > 日商簿記検定の出題予想


第144回11月20日出題予想(簿記2級・簿記3級)

2016年11月20日(第144回)の日商簿記検定が近くなってきました。今回の試験ではどのような問題が出題されるのか、予想しました。

当たり前のことですが、予想した分野だけしか勉強しないのではなく、苦手な分野があれば今のうちに勉強して解けるようになっておくことが出題予想の正しい使い方です。苦手な分野はテキストや総仕上げ問題集、実践問題を使って復習しておきましょう。試験直前に実力が伸びますので最後まで諦めずに頑張ってください!

試験に合格する人は、試験前にケアレスミス対策が終わっています。70点以上で合格の試験ですので、基本的な問題を正確に解ければ合格できます。今のうちにミスノートを利用して、ケアレスミス対策をしておき、悔しい思いをしないようにしましょう。

ミスノートの作り方

ND-26S

日商簿記3級の予想

第1問 仕訳(20点)
 1売上諸掛(先方負担)
 2当座借越
 3手形の割引き
 4不動産会社の販売目的の土地の購入(仕入と買掛金)
 5引出金

第2問 補助簿(10点)
・補助簿から仕訳を記入する問題

第3問 合計残高試算表(30点)
・二重仕訳が発生しない問題

第4問 勘定の記入(10点)
・経過勘定(前払、未払、前受、未収)の勘定記入

第5問 損益計算書と貸借対照表(30点)

【補足】その他、出題可能性が高いのは次のとおりです。

・第1問 給料の源泉徴収、固定資産税の納付
・第2問 小口現金出納帳、売掛金元帳と得意先元帳の問題
・第3問 伝票会計(仕訳日計表と総勘定元帳、補助元帳の問題)
・第4問 理論の穴埋め問題
・第5問 精算表の推定問題

<簿記3級の全体としての傾向>
簿記3級の出題形式は、以前から変わっていません。テキストや問題集の内容をしっかり身につければ必ず合格できます。2時間問題に慣れるため、実践問題や過去問を解くことも重要です。

前回の合格率が低かったのは、損益計算書と貸借対照表の問題を学習していない受験生が多いことが原因です。第5問で精算表、損益計算書と貸借対照表のどちらが出題されても対応できるように準備しておきましょう。

また、第2問と第4問対策として、総勘定元帳の記入、補助簿の記入は万全にしておきましょう。出題されます。

第3問の試算表ですが、合計試算表、残高試算表、合計残高試算表の3つが出題されます。毎回試験終了後に「合計と残高を勘違いして間違えた」とコメントを頂きます。今の時期から注意しておきましょう。

範囲改定で新しく範囲になった伝票会計の仕訳日計表については、事前に対策をしておきましょう(こちら)。

日商簿記2級の予想

<商業簿記>
第1問 仕訳(20点)
 1固定資産の修繕(資本的支出と収益的支出)
 2合併
 3固定資産の買い換え
 4役務収益・役務費用
 5賞与の支払い(賞与引当金あり、源泉徴収あり)

第2問 有価証券の総合問題(20点)
 問1 理論の選択問題
 問2 計算問題

第3問 貸借対照表と損益計算書(20点)
・未処理事項(未決算の処理)
・貸倒引当金の個別評価と一括評価
・満期保有目的債券の償却原価法
・その他有価証券の時価評価
・子会社株式と関連会社株式の表示
・200%定率法で減価償却
・ソフトウェアの償却
・消費税の確定(税抜方式)
・法人税等の確定(中間納付あり)

<工業簿記>
第4問 総合原価計算の仕損(処分価値あり)(20点)

第5問 直接原価計算(20点)
・全部原価計算と直接原価計算の損益計算書
・固定費調整

<2016年度の範囲改定の影響>
2016年度の範囲改定は、学習する内容が深くなったものの、範囲はそれ程広くなっていません。前回の試験は、範囲改定の初めての試験でしたが、大問の内容は今まで変わりありませんでした。引き続き、下記の3点には注意が必要です。

・理論問題が出る可能性がある(第2問)
・固定資産と有価証券の重要度が非常に高くなる(第2問)
・損益計算書と貸借対照表の区分表示が重要になる(第3問)

第2問が理論10点、計算10点となるかもしれません。今までの傾向と変わった場合、「予想通り、変えてきた」と余裕をもって対処しましょう

※日商のホームページに「日商簿記検定2級受験のポイント」が公表されているので、今後の傾向が気になる方は見ておきましょう。

<簿記2級の全体としての傾向>
①工業簿記で満点を取ることが大切(ただし、難問・捨て問が出たら部分点狙いに切り替えましょう)。問題集でも過去問でも、すべての問題が解けるようにしておく。
②第1問の仕訳問題は簡単な問題を確実に解くこと。ミスを防止するため、見直しが重要。
③第2問で簿記3級の帳簿の記帳ができる事を確認する内容が出題されている。主要簿と補助簿の記入、締め切り、損益振替について、簿記3級の内容を復習する。
④第3問は財務諸表の問題が出題されている。今後、精算表はあまり出なくなる。
⑤新範囲の内容はテキストや実践問題で対策する。

<簿記2級の各小問の傾向>
第1問
過去問の出題傾向から、上記に挙げた内容と次の内容が出題される可能性が高いです。きっちり抑えておきましょう。
<その他、出題可能性が高い内容>
・固定資産の割賦購入
・電子記録債権
・返品調整引当金
・損益振替(当期純利益または当期純損失)
・法人税等の確定(法人税等または還付法人税等)

第2問
有価証券は、売買目的有価証券、満期保有目的債券、子会社株式、関連会社株式、その他有価証券を、問題文を読んで自分で保有目的を判断する練習が大切です。また、端数利息の問題は、債券の購入と売却で出てきますので、売買目的有価証券、満期保有目的債券、その他有価証券が対象となり、どの勘定科目を使うのか自分で判断できるようにしておきましょう。

それぞれの有価証券の取得、売却、決算整理仕訳が書けること、帳簿価額は何の金額になるのか、を意識して復習してみるといいでしょう。実践問題2016②、⑤、補助問題第2問対策①を学習するのが対策として一番効率的です。

<その他、出題可能性が高い内容>
・株主資本等変動計算書(その他有価証券評価差額金がある場合)
・銀行勘定調整表

第3問
貸借対照表と損益計算書(通常の財務諸表)の問題が短時間で解けるように練習しておきましょう。今後は、精算表の出題頻度は下がります。損益計算書や貸借対照表の区分表示の理解を確認するため、財務諸表の問題が主流になっています。

今後の試験では、損益計算書の段階利益の名称を覚えること、貸借対照表の表示区分を自分で判断して答案用紙に記入することになります。今後は勘定科目がどこの区分に表示されるのか、テキストのホームポジション一覧で必ず確認しておきましょう。アプリの区分表示対策で対策するのも効率的です。

参照 貸借対照表と損益計算書の表示区分と勘定科目

<その他、出題可能性が高い内容>
・精算表
・本支店会計の問題(合併損益計算書と合併貸借対照表)

第4問、第5問
ここ30回以上、似たような問題しか出ていません。工業簿記は範囲が広く、すべての分野の出題可能性は同じ状況です。苦手分野を作らないことが重要ですから、出題予想の内容ではなく、苦手な分野を克服する学習を進めていきましょう。

その中で、出題される可能性が高いのは、直接原価計算と全部原価計算の損益計算書の問題です。最近全く出題されていないので、過去問にも出てきていませんが、テキストの問題を復習しておきましょう。

なお、工業簿記の仕訳と勘定記入をセットで練習することが大切です。

<その他、出題可能性が高い内容>
・部門別計算(製造間接費の仕訳と原価差異分析)
・材料費、労務費、経費などの資料から、製造原価報告書と損益計算書を作成する問題
・本社工場会計の仕訳の問題

最後に

合格するために大切なことは、基本的な問題を確実に正解することです。難しい問題に注目してしまいますが、合格した人も難しい問題は正解していません。大切なのは、簡単な問題から順番に解くこと、苦手な分野を作らないこと、難しい問題に時間をかけすぎないこと、簡単な問題でミスしないこと、勘違いによるミスしないこと、を試験前に練習しておくことです。

まだ試験まで時間がありますので、11月の合格を目指して頑張りましょう!

1 / 712345...最後 »