トップページ > 日商簿記2級商業簿記 > 本支店会計1


本支店会計① 仕訳のコツ

テーマ:本支店会計1

パブロフくんむふっ。むふむふ♪

お兄さん・・・。(パブロフくんがニヤニヤしてる…。ちょっと不気味だなぁ。)

お兄さんやぁ、パブロフくん!

パブロフくんあ、お兄さん!パブロフ札幌と大阪に支店を作ったんだよ!!

お兄さんすごいね!日商簿記でいうと2級の範囲なんだけど、本支店会計の仕訳を勉強しなきゃいけないね。

パブロフくんえっ!?

 

本支店間の取引

次の取引について、本店、支店それぞれの仕訳を行いなさい。
支店の売掛金¥10,000を、本店が現金で回収した。

<解答>
本店

 (借方)現金 10,000 (貸方)支店 10,000

支店

 (借方)本店 10,000 (貸方)売掛金 10,000

<解き方>
支店が得意先に売り上げた時にもらった売掛金を、本店が回収したという状況。
得意先にとってみれば本店も支店も同じ会社なので、『どっちに支払っても同じじゃん』ということで本店に支払ったということ。

本店

① 『本店が現金で回収した』ので、左に「現金」。

② 反対側(右)に「支店」。

支店

① 『売掛金が回収された』ので、『売掛金が減る』ことになり、右に「売掛金」。

② 反対側(左)に「本店」。

 本支店01

★コツ1 「本店」「支店」どちらの仕訳を書くのか、把握する。
      (本問は本店、支店両方の仕訳を書く指示)

★コツ2 「本店」「支店」勘定は、反対側に書くだけ

★コツ3 自分以外の勘定科目を使う
      (本店でする仕訳なら「支店」、支店でする仕訳なら「本店」を使う)

 

支店間の取引~本店を経由しない方法

次の取引について仕訳を行いなさい。なお、当社は支店独立計算制度を採用している。
当社の札幌支店は、札幌支店負担の広告費¥50,000を、大阪支店が立替払いした旨の連絡を受けた。

<解答>
 (借方)広告費 50,000 (貸方)大阪支店 50,000

<解き方>
① 『当社の札幌支店は…連絡を受けた』とあるので、札幌支店の仕訳を問われている。

② 支店独立(分散)計算制度では、支店間の取引があった場合、本店は経由しないで支店間のみの仕訳をする。

③ 広告費は札幌支店の負担なので、左に「広告費」。

④ 反対側(右)に「大阪支店」。

なお、このとき本店と大阪支店での仕訳は下記のようになる。

本店

 仕訳なし

大阪支店

 (借方)札幌支店 50,000 (貸方)現金 50,000

★コツ4 支店独立(分散)計算制度では、支店間の取引があった場合、本店は経由しないで支店間のみの仕訳をする。

 

支店間の取引~本店を経由する方法

次の取引について仕訳を行いなさい。当社は本店集中計算制度を採用している。
当社の本店は、札幌支店負担の広告費¥50,000を、大阪支店が立替払いした旨の連絡を受けた。

<解答>
 (借方)札幌支店 50,000 (貸方)大阪支店 50,000

<解き方>
① 『当社の本店は…連絡を受けた』とあるので、本店の仕訳を問われている。

② 本店集中計算制度では、支店間の取引があった場合、本店を経由して仕訳をする。

③ まず、札幌支店と大阪支店の仕訳を書く

札幌支店

 (借方)広告費 50,000 (貸方)本店 50,000

大阪支店

 (借方)本店 50,000 (貸方)現金 50,000

④本店では、まず大阪支店から現金が届いたと仮定して、仕訳を書きます。

本店

 (借方)現金 50,000(貸方)大阪支店 50,000

⑤ 同時に札幌支店へ現金を送ったと仮定して、仕訳を書きます。

本店

 (借方)現金 50,000(貸方)大阪支店 50,000
 (借方)札幌支店 50,000(貸方)現金 50,000

⑥仕訳④と⑤を合算して、現金50,000を相殺します。これで本店の仕訳が完成します。

本店

 (借方)札幌支店 50,000(貸方)大阪支店 50,000

 

★コツ5 本店集中計算制度では、支店間の取引があった場合、本店を経由して仕訳をする。

★コツ6 本店集中計算制度では、まず支店の仕訳を書き、本店では支店の「本店」の逆側に「○○支店」を書く

パブロフくんなんで、本店を経由したりしなかったりするの~?

お兄さん会社が、「支店の分まで記帳するのは面倒だし、支店のことは支店に任せた!」と考えるのか、「支店の取引が気になるから、チェックしたい!」と考えるのかの違いだね。
期中の支店の取引を支店に任せる場合は、「支店間の取引は支店間で処理しておいてね」ということで支店独立制度を使うよ。
一方、期中の支店の取引を本社が管理したい場合は、「支店の取引全てを本社でも見たいので、支店間の取引は本社にも連絡してね。本社経由で仕訳をしようね」ということで本店集中計算制度を使うんだ。

パブロフくんなるほど~。どっちにしようかなぁ~、難しい~。

 

まとめ

コツ1 「本店」「支店」どちらの仕訳を書くのか、把握する。

コツ2 「本店」「支店」勘定は、反対側に書くだけ

コツ3 自分以外の勘定科目を使う
      (本店でする仕訳なら「支店」、支店でする仕訳なら「本店」を使う)

コツ4 支店独立(分散)計算制度では、支店間の取引があった場合、本店は経由しないで支店間のみの仕訳をする。

コツ5 本店集中計算制度では、支店間の取引があった場合、本店を経由して仕訳をする。

コツ6 本店集中計算制度では、まず支店の仕訳を書き、本店では支店の「本店」の逆側に「○○支店」を書く

 

関連ページ

本支店会計① 仕訳のコツ

本支店会計② 決算整理は順番に

本支店会計③ 合併財務諸表の問題を解いてみよう

本支店会計④ 本店・支店の損益勘定を答える問題

本支店会計⑤ 自己宛為替手形

本支店会計の解き方 【ビデオ講義・無料動画】

1 / 11