トップページ > メンタルトレーニング


メンタルトレーニングで資格試験を突破しよう!

メンタルトレーニングとは

今回は、集中力をアップするために有効なメンタルトレーニングを紹介します。

一流のプロ野球選手、サッカー選手などは本番で100%の力を発揮できるように、特別な訓練メンタルトレーニングを行っています。

メンタルトレーニングで有名なのは、イチロー選手。

イチロー選手は打席に入ってから、実際にバットを振る時までの動きを予め決めています。

まず、練習の時に毎回同じ【打席に入ってから、実際にバットを振る時までの動き】を行います。

日頃から同じ動きを反復することで習慣化します。

そして、試合の打席でも練習と同じ動きを行います。

脳が条件反射的に働く作用により、練習する時と同じ実力を発揮することができるのです。

資格試験の勉強においても同じことができます。(漫画「ドラゴン桜」にも書いています。)

集中力をいつでも出せるようにすること

が今回の目的です。

年に数回しかない試験だからこそ、どんな状態でも合格できる準備が必要です。
今でも私は勉強する前にメンタルトレーニングをしています。

 

メンタルトレーニングのやり方

今まで私が学んだ方法を経験に基づき、説明します。

試験の勉強の場合、次の3ステップで進んでいきます。

※一番簡単な方法も一番下に書いておきました。難しいと思った人は一番下を見てみてください。

 ①リラックスし集中力を高める方法

 ②実戦問題練習や過去問練習で習慣化

 ③どんな時でも集中力をコントロールできるようになる

 

①リラックスし集中力を高める方法

◆呼吸法~腹式呼吸~

イスに座り、姿勢をただし、手を軽く握り太ももに置きます。
目を瞑り、腹式呼吸で深呼吸します。
鼻から空気をゆっくり吸っていき肺が膨らむのを感じます。横隔膜を下げていく感覚。
もう吸えないというところで、2秒ほど吸うのを止めます。肺に空気が入った感覚。
そして、口を少しだけ開き、ゆっくり吐き出します。

◆イメージ

毎回同じ妄想をします。自分なりに、リラックスできる妄想が良いです。
呼吸法と同時に行います。
・沖縄のビーチのイメージ青い空、青い海、波の音を聞きながら、ゆっくり散歩しているイメージ。
・もののけ姫に出てきそうな森の中で静かに佇んでいるイメージ。
・水滴が落ちているイメージ。
・自分が好きなマンガや好きな映画のシーンを思い出してみる。

参考:みかん集中法。
06_03_メントレ
フォトリーディングの講習で習った方法です。医療の現場でも利用されている方法。
目を瞑り、腹式呼吸をしながら、図のようにオレンジ色のミカンが頭の後方上空に存在している妄想をします。コレだけで、集中力が高まります。

 

②実戦問題練習や過去問練習で習慣化

実際の使い方です。
勉強開始の5分間は必ず、メンタルトレーニング用に時間を取ります。
集中力がいつでも引き出せれるようになれることを考えれば、この5分は安いものです。

まず、①を行い、腹式呼吸をしつつ、好きなイメージを浮かべます。心が静かになってきたら完了です。最後に「私は絶対に合格できる」と10回くらい呪文を唱えておきましょう。これで自分自身をマインドコントロールできます。

13時から勉強を始めるなら、12時55分にメンタルトレーニングを行い、13時から勉強を開始します。1週間続けてみてください。続けていくうちに不思議と集中力が高まり、心がすっきり軽くなります。

 

③どんな時でも集中力をコントロールできるようになる

慣れてくると、どんな時でも使えるようになります。私は仕事する前に使っていました。
スポーツする時に便利です。ビリヤード、ボーリング、スキューバダイビングする時にもよく使っています。フォトリーディングの時にも使います。

※簡単な方法

綺麗な姿勢で、目を瞑り、深呼吸しながら、両手を合わせ上下にゆっくり摩擦。

どんなスキルでもそうですが、騙されたと思って1週間はやってみないと効果が出ません。
集中力が高まれば、自分でわかります。

良いかも、と思った人は試してみてください^^

1 / 11