トップページ > 試験までの過ごし方 > 10日前の勉強法


試験まであと10日の勉強法

テーマ:10日前の勉強法

パブロフくん あたふた、あたふた、、、

お兄さんパブロフくん、あたふたしてるね。どうしたの?

パブロフくんあ、あ、あ、あと10日で簿記の試験なの。

お兄さんそうだね。でも、あたふたしたらダメだよ。あと10日間、地に足を付けて最後の追い込みをしなきゃ!

 

レベル別勉強法

必要なもの

過去問集、総仕上げ問題集です。すでに過去問集を持っている人は今から本屋で新しいテキストや問題集を買う必要はありません。今の時期に新しいテキストを解く時間はありませんので、買わないようにしましょう。

テキスト、総仕上げ問題集、実践問題、過去問集の役割について、こちらに詳しく書きました(一度ご参照ください)。
日商簿記に合格するための正しい勉強方法

 

1.過去問70点以上を得点できる方

試験10日前から3日前まで

①過去問や模擬問題を解く
6回分の過去問や模擬問題が終わっていない方は、解きましょう。終わった方は、苦手な分野だけを集中的に問題演習。普段「ミスノート」を付けていた方はすでに苦手な分野が一目瞭然ですね。

②商業簿記(仕訳)
簿記アプリがある方は、分野別モード、チェックのみモード、ミスのみモードで苦手分野を集中的に解きましょう。仕訳の問題は得点源。アプリに入っている問題から必ず5問出ます。アプリがない方は、苦手な分野の仕訳の過去問を、ひたすら解きます。

③商業簿記の総合問題
総仕上げ問題集を使って苦手な分野をひたすら解きます。

④工業簿記
総仕上げ問題集を使って苦手な分野をひたすら解きます。

⑤試験対策
過去問を解く際に時間配分の練習、ケアレスミス対策をしておきましょう。採点後にケアレスミスの傾向を一度振り返ってみましょう。
 ・文字を大きく書く
 ・電卓を何度も叩かない
 ・分からない場所は飛ばして最後に解く
 ・過去問を解く時、各問題にどれくらい時間をかけているのか
  →現状と当日のイメージをすり合わせる

試験3日前から前日

解いたことのない過去問や模擬問題、アプリの実践問題を解き、初めてみる問題への対応力を確認。過去問は直近3回以内のものがオススメです。

 

2.過去問50~70点を得点している方

試験10日前から2日前まで

①過去問や模擬問題を解く
6回分の過去問または模擬問題を解きます。過去問は1日1個で6回分を解きましょう。今まで使ってきたテキストはわからないときの辞書として使用します。記述式の試験ですから問題演習が必要不可欠です。

②苦手な分野を克服する
過去問や模擬問題を解く中で、苦手だと思う分野を総仕上げ問題集を使って、特訓します。苦手克服が一番重要です。

試験2日前から前日

まず、過去問を解いた結果から、間違えた分野や苦手な分野を書き出します。書き出した分野を集中的に解きます。
もし余裕がある人は前回の過去問を解きましょう。

 

3.過去問50点未満を得点している方

試験10日前から2日前まで

①未学習の分野を終わらせる
テキストで終わっていない部分を読む時間、仕訳の演習時間を確保する必要があります。朝起きてすぐの時間、移動時間、食事の後、寝る前の10分を簿記の勉強に使いましょう。あと10日間だけです。やりたいことは試験が終わってからしましょう。

②過去問や模擬問題を解く
4回分の過去問や模擬問題を解きます。過去問は1日1個で4回分を解きましょう。

イスに座って、過去問で3~4時間、イス以外のスキマ時間に1~2時間は勉強します。

③間違った問題を中心に復習
過去問や模擬問題で間違った問題だけ、フセンを貼っておき、次の日に解きなおしてみましょう。手を広げすぎず、今まで学習した問題が解けるようになることが大切です。

試験前日

まず、過去問や模擬問題を解いた結果から、間違えた分野や苦手な分野を書き出します。書き出した分野を集中的に解きます。今までの復習だけで一日をすべて使います。

 

パブロフくん勉強しなきゃダメってことだね。

お兄さん今回は簿記の勉強だけど、勉強のせいで自分の就職や生き方が制限されるなんてもったいないじゃない?

パブロフくんうん、お店も勉強もどっちも頑張る!

お兄さん頼もしくなったね、パブロフくんも。過去問の点数は50点だけど…。

パブロフくんまだまだこれから、頑張るもん。パブロフ、諦めないもん。

 

関連ページ

試験前日の過ごし方、当日の注意点

1 / 11