トップページ > 日商簿記2級商業簿記 > 固定資産(火災未決算)


火災未決算、火災損失、保険差益の仕訳

パブロフくん見て見て、お兄さん、消防車が走ってるよ。

お兄さんほんとだね。あれ?パブロフくんのお店、燃えてない?

パブロフくんえっ・・・

 

火災未決算の一連の流れ

火災が発生して、保険金を受け取るまでの仕訳を見ていきましょう。 

1.火災発生

建物(取得原価¥500、減価償却累計額¥300)が火災で焼失した。この建物には火災保険¥500が掛けられていたので、当期の減価償却費¥50を計上するとともに、保険会社に保険料の支払いを直ちに請求した。

<解答>
(借方)減価償却累計額 300 (貸方)建物 500
    減価償却費    50
    火災未決算   150

<解き方>
火災により建物が焼失しました。本問では、『保険会社』に連絡を取っていますので、火災保険に加入していることがわかります。
火災未決算1

①当期の減価償却費を計上する。
 減価償却費50

②焼失した建物、減価償却累計額をゼロまで減額する。
 減価償却費50/建物500
 減価償却累計額300

③『保険会社に支払いを請求した』と指示があるが、保険金の支給額や支払日が確定していないため、火災未決算を使う。
 減価償却費 50/建物500
 減価償却累計額300
 火災未決算150 

 

2-1.保険がおりることが決定(火災損失が発生する場合)

火災により消失した建物(火災当時の簿価:¥150)に関し請求していた保険金について、本日保険会社から、¥140支払う旨の連絡を受けた。当該建物は、火災発生日に簿価の全額を火災未決算勘定で振替えていた。

<解答>
(借方)未収金  140 (貸方)火災未決算 150
    火災損失  10

<解き方>
連絡を待っていた保険金の金額が確定しました。しかし、まだ入金をしていないため、未収金を使って仕訳を行います。火災当時の簿価より保険金が少ない場合には、火災損失が発生します。

火災未決算2

①火災未決算を取り崩すので、右に書く。金額は、問題文の『火災当時の簿価』を使う。
      /火災未決算150

②保険金を140受け取ることができるが、まだ受け取っていないため、未収金を左に書く。
 未収金140/火災未決算150

③差額が左側→火災損失を書く。
 未収金140/火災未決算150
 火災損失10

2-2.保険がおりることが決定(保険差益が発生する場合)

火災により消失した建物(火災当時の簿価:¥150)に関し請求していた保険金について、本日保険会社から、¥200支払う旨の連絡を受けた。当該建物は、火災発生日に簿価の全額を火災未決算勘定で振替えていた。

<解答>
(借方)未収金  200(貸方)火災未決算 150
               保険差益  50

<解き方>
火災当時の簿価より保険金が多い場合です。このような場合には、保険差益が発生します。

火災未決算3

①火災未決算を取り崩すので、右に書く。金額は、問題文の『火災当時の簿価』を使う。
      /火災未決算150

②保険金を200受け取ることができるが、まだ受け取っていないため、未収金を左に書く。
 未収金200/火災未決算150

③差額が右側→保険差益を書く。
 未収金200/火災未決算150
       保険差益50

 

3.保険会社から保険金を受け取り

本日保険会社から火災保険の保険金¥140を現金で受け取った。

<解答>
(借方)現金 140 (貸方)未収金 140

 

パブロフくんころばぬさきの保険だね。

 

関連ページ

修繕費と資本的支出

建設仮勘定

火災未決算

固定資産の除却と廃棄

1 / 11