トップページ > 解き方


伝票会計・仕訳日計表の書き方

テーマ:伝票会計

2016年度の範囲改正により、新しく簿記3級の範囲になる論点です。

パブロフくんどうやら、簿記3級に新しい内容が出るらしいね。

お兄さん2016年6月の試験から、伝票会計の仕訳日計表が出題されるようになるよ。以前は簿記2級の範囲だったんだ。

パブロフくんえぇ!!範囲が広がるの!?

お兄さんそんなに難しくないから、大丈夫だよ。今から一緒に勉強しよう。

仕訳日計表の書き方

仕訳日計表とは、その日に記入される仕訳を集計した表のことです。伝票会計では、その日に起票された伝票をすべて集計して、仕訳日計表に記入します。仕訳日計表を作成することで、一日でどれだけ取引が行われたのかを把握することができます。また、伝票のミス、仕訳のミスや集計漏れがないことを確認するためにも利用します。

次の例題を使って、仕訳日計表の書き方を見ていきましょう。

例題:2016年6月1日に次の伝票が起票された。この伝票を仕訳日計表に記入しなさい。

nikeihyo_2

<解き方>
① 伝票から下書きに仕訳を書く。

・入金伝票
 現金3,000/売掛金3,000
 現金20,000/当座預金20,000
・出金伝票
 仕入1,000/現金1,000
 水道光熱費4,000/現金4,000
・振替伝票
 売掛金10,000/売上10,000

② 仕訳を仕訳日計表に記入する。

例:現金の借方 3,000+20,000=23,000

nikeihyo_3

 

パブロフくんこれだけ?

お兄さんうん、そうだよ。実際の試験では、伝票の数が多くなると思うけど、基本は同じだね。仕訳日計表と同時に、得意先元帳や仕入先元帳を記入する問題も出るよ。これは補助簿で学習済みの内容だね。

パブロフくんなるほど~。よーし、今から対策しておこう!やるぞやるぞ~♪

1 / 3212345...102030...最後 »