トップページ > 総勘定元帳


初めてのT字勘定(総勘定元帳)の書き方講座

パブロフくん???

お兄さん・・・。(パブロフくんが頭を抱えている)

パブロフくんあっ、お兄さん。

お兄さん・・・。(ここは気がつかない振りを)

パブロフくんお兄さん、お兄さん!!ちょっとピンチなの!

お兄さんおぉ、パブロフくん。どうしたの?

 

T字勘定の書き方

T字勘定とは、仕訳をまとめるために作成する図のことで、総勘定元帳を省略したものです。T字勘定を書かなくても問題は解けますが、T字勘定を書いた方が理解しやすい場合もありますし、問題の解説でT字勘定が書かれている場合もあります。また、試験に出題される「総勘定元帳」の書き方は、T字勘定と同じです。

 今回はT字勘定の書き方について学びましょう。 

 

T字勘定を書いてみよう

仕訳を書けないと理解は不可能です。
仕訳を覚えていない方は、他の記事を読んでください。

例:次の取引に基づき、支払家賃勘定と前払家賃勘定を記入しなさい。
前期より、毎年9月1日に一年分の家賃1,200円を前払している。
(会計期間1月1日~12月31日)

<解き方>
まず、仕訳を書きます。①開始仕訳、②9月1日の仕訳、③決算整理仕訳。

仕訳が書けたら、下のイラストのように、埋めていきます。

T字勘定

パブロフくん右か左か、わかんなくなっちゃう。

お兄さん右左は自分の仕訳が書いてある方向。書くのは相手科目だね。

パブロフくんえっ?

お兄さん…。とにかく何回も書いて慣れる事が大切だね。

パブロフくんパブロフ、手を動かす!やるぞやるぞ♪

 

関連ページ

勘定科目の位置

仕訳のスピードアップ

1 / 11