トップページ > 独学


日商簿記3級から2級へステップアップする方へ

日商簿記2級とは

日商簿記3級では、お店で商品を買ったり売ったりする取引をどのように記録するか学ぶ「商業簿記」が試験範囲です。一方、日商簿記2級では「商業簿記」の試験範囲が増え、さらに「工業簿記」が試験範囲になります。工業簿記とは、工場で使われる簿記のことをいいます。

日商簿記2級を取得すると大学の推薦入試に有利です。また、求人で日商簿記2級を条件にしている会社もあり、就職・転職に有利です。

 

日商簿記2級試験概要 

試験科目 商業簿記
工業簿記
制限時間 2時間
合格基準 70%以上
受験料 4,630円(税込)

 

日商簿記2級学習方法

■合格率
日商簿記2級の合格率は20~50%程度。一般に約300時間の学習で合格できると言われています。日商簿記2級は、日商簿記3級に比べて非常に難易度が高くなっています。

■学習方法
日商簿記2級の学習でポイントとなるのは、苦手分野・捨て分野を作らないことです。3級に比べて範囲が広くなりますので、どうしても苦手分野ができてしまうのですが、苦手分野を重点的に学習するなどして、均一に点数が取れるようになる必要があります。

「テキストを読んで理解→練習問題を自力で解いてみる→わからなければテキストに戻る」を繰り返し、2回転ほどした後に「過去問題や予想問題を自力で解いてみる」のが基本的な学習の流れです。

商業簿記は、簿記3級より仕訳が増えます。まずは仕訳を覚えることが大切です。また、2級の商業簿記では特殊仕訳帳や本支店会計など、テクニックが必要となる内容が出てきます。問題の解き方が重要になります。

工業簿記は、体系的に理解することが合格への近道です。たとえば「総合原価計算で減損が途中発生の場合」「総合原価計算で減損が終点発生の場合」「総合原価計算で減損が発生店不明の場合」それぞれ、問題文にどのような指示があり、下書き用紙にどのように書き、どのように計算すればよいか体系的に理解し解けるようになることが必要です。

■商業と工業のどちらから始める?
商業簿記と工業簿記、どちらから学習を始めるかは、好きな方でかまいません。工業簿記に飽きたら、商業簿記を学ぶ、というように交互に進めても良いでしょう。
・商業からスタート → 商業簿記は延長線上なのでスムーズに勉強がスタートできます。
・工業からスタート → 簿記3級の仕訳に飽きた方は工業簿記からスタートするとリフレッシュできます。

 

本ブログの使い方

本ブログでは、受験生が学習する中でつまずきやすい論点や、解き方に工夫がいる論点に焦点を当てて解説しています。「わからないことがある」「もっと早く正確に解ける方法が知りたい」場合に活用していただけますと幸いです。

 

もくじ

■2級商業簿記

2級商業簿記サマリー

簿記2級商業簿記 Q&A

無料動画(残高試算表)

無料動画(精算表)

無料動画(本支店会計)

無料動画(特殊仕訳帳)

銀行勘定調整表

売上割戻引当金

保証債務

棚卸減耗損、商品評価損

特殊商品売買

固定資産

減価償却(定率法、生産高比例法)

有価証券と満期保有目的の債券

有価証券と端数利息

社債

純資産(設立、増資)

配当金の計算方法

本支店会計

特殊仕訳帳

 

■2級工業簿記

簿記2級工業簿記サマリー

簿記2級工業簿記 Q&A

仕訳のルール

原価の直接・間接の分け方

未払賃金勘定

原価差異分析まとめ

シュラッター図

直接原価計算

CVP分析

本社工場会計

1 / 41234