トップページ > 為替手形


為替手形 仕訳の覚え方

パブロフくんずーん。

お兄さんパ、パブロフくん!?どうしたの?

パブロフくんあっ、お兄さん、、、。日商簿記のお勉強してたら、為替手形で頭がごっちゃごっちゃになっちゃったの~

お兄さんなんだ、そういうこと!為替手形はコツを知っていれば簡単なんだよ。

 

為替手形の解き方

指図人とか名宛人とか、問題文ではゴチャゴチャ書いてますが、必要なキーワードは以下の3つだけです。

1.振り出した

2.引き受けた

3.受け取った

 

自分が「振り出した」

次の取引について仕訳しなさい。仕入先に対する買掛金¥600の支払のため、得意先宛ての為替手形振り出した。(得意先の引受済み)

<解答>
(借方)買掛金 600 (貸方)売掛金 600

<解き方>
① 買掛金の支払い → 「買掛金」を左に書く。
② 『為替手形の振り出し』なので、右に支払方法「売掛金」を書く。

<問題文からわかる情報>
支払方法として売掛金を使うのは、『為替手形振り出した』との指示があるから。為替手形の振り出しは、売掛金を減少させる。

「為替手形」の「振り出し」→右に「売掛金」

 

自分が「引き受けた」

次の取引について仕訳しなさい。仕入先から為替手形¥100の呈示があり、その支払いの引受をした。

<解答>
(借方)買掛金 100 (貸方)支払手形 100

<解き方>
① 『為替手形を引き受けた』ので、右に「支払手形」を書く。
② この時、仕入はしていない → 左に「買掛金」を書く。

<問題文からわかる情報>
右に支払手形とするのは、『為替手形引受をした』の指示があるから。為替手形の引き受けは、支払手形を発行したのと同じ。

「為替手形」の「引き受け」→右に「支払手形」

 

自分が「受け取った」

次の取引について仕訳しなさい(三分法)。A商店に商品¥300を売り渡した。代金はB商店あての為替手形受け取った

<解答>
(借方)受取手形 300 (貸方)売上 300

<解き方>
① 商品を売ったので、右に「売上」を書く。
② 『為替手形を受け取った』ので、左に「受取手形」を書く。

<問題文からわかる情報>
左に受取手形とするのは、『為替手形受け取った』との指示があるから。為替手形の受け取りは、受取手形が増加します。

「為替手形」の「受け取り」→左に「受取手形」

「受け取り」や「受け入れ」など、少し表現は違うかもしれませんが、とにかく『手元に手形をもらった』ときは、このパターンです。「引き受け」とは違う!ということだけ、注意が必要です。

 

そもそも為替手形って?

為替手形とは、手形の振出人(振り出す人)が、引受人(支払う人)に委託し、指図人(受け取る人)に支払ってもらう手形のことです。

…こんな説明では分からないですよね!

下記の図で、為替手形について説明します。これを見ていただければなんとなくわかっていただけると思います。
 

1.振り出し

為替手形 振出

2.引き受け

為替手形 引受

3.受け取り

為替手形 受取

 

ただ、見ての通り、為替手形は複雑です。問題を解く時にパッと思い出せませんし、思い出していたら時間が足りなくなります。

為替手形は、簿記に合格する目的を達成するためには、3パターンの解き方さえ覚えておけば大丈夫です。まず、問題が解けるようになってから、余裕のある人だけ取引を理解しても良いかもしれません。

 

【まとめ】

手形2

 

パブロフくんなるほど~♪ でも、解けるかな、、、。

お兄さん仕訳の問題を使って、慣れるまで練習してみてね。為替手形はこの3パターンで必ず解けるから、落ち着いて問題文を読むんだよ。

パブロフくんパブロフ、頑張ってみる~♪

 

関連ページ

本支店会計⑤ 自己宛為替手形

簿記2級 受託販売(荷為替手形を引き受けた場合)

簿記2級 未着品(荷為替手形を引き受けた場合)

簿記2級 荷為替手形を引き受けた場合

1 / 212