トップページ > 減価償却


減価償却(定額法)の計算方法

パブロフくん減価償却って累計額とかいろいろ出てきて、変なの~。

お兄さん減価償却は、どうなってるか理解して、下書きを確立させたらすごく簡単なんだよ。

パブロフくんほんと!?教えて教えて!!

お兄さんどうしよっかな~。

パブロフくんえ~~~!?ねぇねぇ♪(しっぽフリフリ)

お兄さんうぅ、、かわいい、、、。パブロフくんが、だんだん世渡り上手になってきた気がする、、、。

 

減価償却(定額法)とは?

減価償却

減価償却は、購入した固定資産を、使ったり時間がたったりすることによって価値が減っていくのを数字で表すことです。

1,000円で買った車両が、5年間で100円の価値まで減る場合、「5年間」のことを『耐用年数』、「100円」のことを『残存価額』といいます。

耐用年数 車両が何年使えるか。
残存価額 耐用年数が経過した後、いくらで売れるか。

減価償却費 定額法 

パブロフくんの新品のリアカー「車両」は、5年後100円の価値しかありません。残存価額100円とは、5年後にボロボロになった車両の鉄をスクラップとして売ったら100円になるということです。問題によっては、この残存価額が0円の時があります。耐用年数経過後、何の価値もなくなってしまう場合には、残存価額が0円になります。

解く時のポイント

耐用年数が何年か、残存価額がいくらか、しっかり問題文を読んで、下書きに書くことが大切です。

定額法

定額法とは、1年(正確に言うと1ヵ月)ごと定額に減価償却すると仮定する減価償却の方法です。簿記3級では定額法しか出題されませんが、簿記2級では定率法や生産高比例法も学習することになります。

直接法と間接法

減価償却の仕訳を書く方法(記帳方法)には、直接法と間接法の2種類があります。

「減価償却累計額」を
●使わない → 直接法
●使う    → 間接法

日商簿記の過去問では、ほぼ間接法しか出ていません。直接法は15回に1回出るかどうかです。

まずは間接法で解けるようになれば大丈夫ですが、範囲表では直接法も範囲に入ってますので余裕がある人は覚えておきましょう。実務でも直接法は使われていません。

先程の例で、1年目の記帳を見てみます。

■直接法
(借方)減価償却費 180 (貸方)車両 180

■間接法
(借方)減価償却費 180 (貸方)減価償却累計額 180

減価償却費 定額法 直接法 間接法

直接法と間接法を見分ける方法

■直接法
試算表に減価償却累計額がない場合や「減価償却累計額を使用しないで仕訳を行う」「直接控除する方法で記帳する」「直接法で記帳する」と指示がある場合は、直接法で解答します。

■間接法
試算表に減価償却累計額がある場合や「間接法で記帳する」と指示がある場合は、間接法で解答します。

 

減価償却(定額法)の解き方

次の取引について仕訳しなさい。¥1,000で購入した備品について定額法により減価償却を行う。残存価額は取得原価の10%、耐用年数は5年とする。減価償却累計額を使用して仕訳を行う。

<解答>
(借方)減価償却費 180 (貸方)減価償却累計額 180

<解き方>
「減価償却累計額を使用して仕訳を行う」とありますので、間接法で仕訳します。
計算は次のように計算式を下書き用紙に書いて解きましょう。紙に書かないとケアレスミスが増えてしまいます。

減価償却費 下書き

なお、「残存価額は取得原価の10%」とあるとき、「×0.9」とするのは
(1,000-1,000×10%)÷5=180
→ 1,000×0.9÷5=180
というように、取得原価100%-残存価額10%で計算した90%を表しています。

 

ポイント
「残存価額は取得原価の10%と指示があれば×0.9、残存価額0であれば×0.9は無し」と覚えておけば、ほとんどの問題は解けます。

※注意点
法人税法が改正されたため、日商簿記の問題でも新しく取得した固定資産の残存価額が0円で計算されることがあります。問題文の指示に従ってください。

 

固定資産売却の解き方

次の取引について仕訳しなさい。5年前に取得した車両(取得価額¥900、減価償却累計額¥600、当期減価償却費¥100)を¥300で売却した。売却代金は翌月末受け取る。

<解答>
(借方)減価償却累計額 600 (貸方)車両 900
    減価償却費   100      固定資産売却益 100
    未収金     300

<解き方>
① 当期減価償却費(期首から車両売却までに発生した減価償却費)を計上する。
 減価償却費100 /

② 売却代金の受け取りは翌月末なので「未収金」を書く。
 減価償却費100 /
 未収金300

③ 売却したので「減価償却累計額」「車両」の残高が0になる。
 減価償却費100 /車両900
 未収金300
 減価償却累計額600

④ 差額が右なので「固定資産売却益」と書く。
 減価償却累計額600/車両 900
 減価償却費100    固定資産売却益 100
 未収金300

 

パブロフくんパブロフ、今回は大丈夫。

お兄さんでも、減価償却はまだつづきがあるんだ。簿記2級を受けるなら…。

パブロフくんえっ!?

 

関連ページ

2級受験の方 減価償却(定率法、生産高比例法)

1 / 11