トップページ > 売上割戻引当金繰入


売上割戻引当金の考え方と解き方

テーマ:売上割戻引当金

パブロフくんお兄さん、大変!ウリアゲワリモドシヒキアテキンっていう難しい名前が出てきたの!

お兄さん…売上割戻引当金ね。難しくないよ。

パブロフくんえっ、教えて♪

 

そもそも売上割戻とは?

売上割戻とは、売上高や販売の数量に応じて、相手先に売上の一部を後で現金で返すことです。報奨金、奨励金などと呼ばれたりします。

■事後的にお金を払う点で、その場で払う売上値引とは異なる。

■得意先が売掛金を期限より早く決済することで当社が払う売上割引とは異なる。

 

売上割戻引当金

売上割戻に対する引当金を売上割戻引当金といいます。商品Aを販売したのは当期、翌期に商品Aの売上割戻が発生する場合に、売上割戻引当金を計上します。

売上割戻引当金の仕訳を4コママンガを使って学びましょう。

1.商品を売ったとき

04_11_売上割戻1

こーんな話になっていたとき…売上割戻が発生したら、どうなるでしょうか?

2-1.売上割戻引当金がない場合

04_11_売上割戻2

引当金を計上していなかったら、このような仕訳になります。
売上値引や返品と同じく、売上の逆仕訳をします。

 

2-2.売上割戻引当金を計上した場合

04_11_売上割戻3

引当金を計上していればこのような仕訳になります。

まとめ

04_11_売上割戻4

パブロフくんお兄さん、何でわざわざ決算日に引当金を計上する必要があるの?

お兄さん良い質問だね。会社が将来どれくらい、売上割戻の支払にお金がかかるのかを予想して、売った期に費用を計上しておく。そうすれば、「売上と、売上に対応する費用(売上割戻)」を同じ期に計上できるんだよ。

パブロフくん難しいよ…。

お兄さんまぁ、理由は分からなくても、とにかく問題を解けるようになろう。

パブロフくんやるぞやるぞ~!

 

練習問題1

次の取引の決算整理仕訳を行いなさい。
当期の売上高4,000に対し1%の売上割戻引当金を設定する。なお、年度の売上原価は200、 売上割戻引当金の残高は¥0であった。

<解答>
 売上割戻引当金繰入40/売上割戻引当金40

<解き方>
①売上割戻引当金の金額 4,000×1%=¥40
 ※「売上」の金額に%をかける。

②売上割戻引当金を積み立てるので、「売上割戻引当金」を右に書く。 
          /売上割戻引当金40

③左に「売上割戻引当金繰入」と書く。
 売上割戻引当金繰入40/売上割戻引当金40

 

練習問題2

次の取引の仕訳を行いなさい。
売上割戻を¥300(このうち、前期の売上高に係る割戻が¥200)行う旨を得意先へ通知した。売上割戻引当金の残高は¥400であり、売上割戻は売掛金から控除する。

<解答>
 売上割戻引当金200/売掛金300
 売上100

<解き方>
①前期分200について
 前期に売上割戻引当金を計上した。
 →売上割戻引当金を取り崩す。
 →売掛金から控除するとの指示。
 売上割戻引当金200売掛金200

②当期分100について
 当期分については売上の逆仕訳。
 売上割戻引当金200/売掛金200
 売上100     /売掛金 100

③2つの仕訳を合わせると解答
 売上割戻引当金200/売掛金300
 売上100

1 / 11