トップページ > 前払保険料


経過勘定 保険料を毎年同額の前払い

パブロフくんねぇお兄さん、簿記の問題を解いていたら不思議なのがあったんだ。

お兄さんどうしたの?

パブロフくん1年は12か月なのに、この問題の解説では18か月で割っているの。

お兄さんそれは毎年同額払っている場合だね。問題を使って説明するね。

 

毎年同額を前払いしている場合 

次の取引について決算整理仕訳を行いなさい。当期は1/1~12/31である。
保険料は全額建物に対する火災保険料で、毎年同額を7/1に向こう12か月分支払っている。支払保険料の決算整理前残高は¥180である。

 

<解答>
前払保険料 60 / 支払保険料 60

<解説>
次期分(当期払いすぎている分)はいくら?を考えます。問題文の『支払保険料の決算整理前残高¥180』は、『毎年同額を7/1に向こう12か月分支払っている』の指示を見て、何か月分かを計算します。日商簿記の試験では、このような問題文で出題されます。ほぼ毎回出題されますので、しっかり解けるようにしておきましょう。

計算すると支払保険料¥180は18か月分とわかりますが、どのように計算するのか詳しく見ていきましょう。

18か月分となる理由

問題文から次の2つの情報がわかりますので、保険料の支払いは2年目以降の状況であることがわかります。

・問題文に『毎年同額を7月1日に12か月分支払っている』と書いている。
・問題文に「当期から保険に加入・支払をしている」とは書いていない。

経過勘定 毎年同額
図の「支払保険料」を見てみましょう。

①1月1日 開始仕訳(再振替仕訳)
 →6か月分の「支払保険料」を計上した。
(前期末に行った経過勘定の仕訳の逆仕訳を行うため)

②7月1日 支払い時
 12か月分の「支払保険料」を計上した。

③12月31日 決算整理前残高(①と②の合計)
 18か月分の「支払保険料」が計上されている。
 →問題文の『支払保険料の決算整理前残高は¥180』は、18か月分の支払保険料とわかります。
 →¥180÷18か月=1か月あたり¥10ということがわかります。
 →支払保険料のうち、次期1/1~6/30の6か月分をマイナスしなければいけないので、¥10×6か月=¥60。
  解答として、図の③の仕訳を書くことになります。

決算整理後には、12か月分の「支払保険料」、6か月分の「前払保険料」が残ることになります。

決算整理前の残高 決算整理仕訳 決算整理後の残高
・支払保険料¥180
・前払保険料¥0
▲¥60
+¥60
・支払保険料¥120(当期12か月分)
・前払保険料¥60 (翌期6か月分)

 

パブロフくんあっ、毎年同額払っているから、開始仕訳の月数も入れなきゃいけないってこと?

お兄さんそうだよ。この問題の場合は、決算整理前残高¥180の段階で当期1/1~6/30の6か月分当期7/1~次期6/30の12か月分 の18か月分支払保険料が計上されてしまっているね。

パブロフくん18か月分のうち、次期1/1~6/30の6か月分を支払保険料からマイナスしなきゃいけないんだね。そうすれば、当期の12か月分だけ支払保険料が計上されることになる!

お兄さんうん、そうだよ。いい調子だね、パブロフくん!

 

関連ページ

経過勘定は2パターンだけ

1 / 11