トップページ > 利付相場


有価証券の端数利息の仕訳

パブロフくんお兄さん、端数利息が意味不明なの。

お兄さん端数利息はわかりにくいよね。何をやっているのか、理解できれば簡単さ。

 

有価証券の端数利息とは

株式以外の有価証券で、社債や国債などは定期的に利息を受け取ることができます。利息を受け取ることができる有価証券を購入した場合や売却した場合には、端数利息を計算する必要があります。

端数利息とは、前回の利払日の翌日から売却日までの利息のことを言います。これだけではわかりにくいと思いますので、有価証券の利息だけに注目して、端数利息の説明をします。

<例題>
パブロフくんが有価証券(A株式会社)を2014年1月1日に購入しました。有価証券の利払日は12月31日、利息は年間¥365。そして、2016年1月31日にお兄さんへ有価証券を売却しました。

  パブロフくんの有価証券利息 お兄さんの有価証券利息
2014年12月31日 +365  
2015年12月31日 +365  
2016年1月31日
2016年12月31日   +365

2016年12月31日は、お兄さんが一年分の利息¥365をA株式会社から受け取ります。しかし、パブロフくんは2016年1月1日~1月31日有価証券を持っていたので、有価証券利息を受け取る権利があります。これを調整するのが端数利息です。

端数利息

■パブロフくん 31日分の有価証券利息 +31
■お兄さん  31日分の有価証券利息 ▲31

これを仕訳にすると次のようになります。

パブロフくん(売却する側) お兄さん(購入する側)
現金31/有価証券利息31 有価証券利息31/現金31

購入する側は、①購入した時は31日分の有価証券利息をマイナスにしておき、②利払日に1年分の利息365を受け取ることができるので、当期の有価証券利息は334になります。 

  パブロフくんの有価証券利息 お兄さんの有価証券利息
2014年12月31日 +365  
2015年12月31日 +365  
①2016年1月31日 +31 ▲31
②2016年12月31日   +365

 

お兄さん利息は日数で計算するから、数え間違えないようにね。

パブロフくん月ごとに何日あるかは、自分で覚えてなきゃダメなの?

お兄さん僕は日数計算できる電卓を使っているよ。試験でも持込みできるし。

パブロフくんえっ!?そんなのあるんだね。

 

参考:利付相場と裸相場

売却金額に端数利息の金額も含めている価格を利付相場といいます。一方、端数利息の金額が含まれていない価格を裸相場といいます。

 

裸相場についての質問と解説

Q 日商簿記2級 第122回第1問

裸相場で購入し、裸相場で売却したとしても、購入前から(買ったのは平成20年12月12日)の利息(利息は平成20年9月30日からの分)を売却時に受け取れるのか?

 

A 1.平成20年12月12日
売買目的有価証券 /当座預金
有価証券利息6,000

10月1日~12月12日は73日。
1,000,000×3%×73日÷365日=6,000

2.平成21年2月23日
当座預金/売買目的有価証券
    有価証券利息12,000

10月1日~2月23日は146日。
1,000,000×3%×146日÷365日=12,000

★最終的な有価証券利息の合計
有価証券利息(収益)
12,000-6,000=6,000円

この金額は12月13日~2月23日は73日分になっています。
1,000,000×3%×73日÷365日=6,000

このように仕訳を行うことで、結果的に保有していた期間の有価証券利息を収益として計上することができるような仕訳になっています。

売買目定期有価証券の仕訳を行うタイミングは、①買ったとき、②利息を受け取ったとき、③売ったとき、④決算整理のいずれかです。

わからなくなったら、①~④の仕訳を書いてみると理解が深まると思います。

 

関連ページ

有価証券と満期保有目的の債券

1 / 11