トップページ > 保証債務見返


ごちゃごちゃな保証債務の仕訳を整理する

テーマ:保証債務

2016年度の範囲改正により、簿記2級の学習内容が変更される論点です。手形を裏書・割引した場合の保証は出題されなくなります。

パブロフくんうーん。うーん。

お兄さんおや、また何か悩んでるの?

パブロフくんあのね、右に「保証債務」の時に、左に「保証債務費用」って出てくる時と、「保証債務見返」って出てくる時と、両方あるの~。パブロフどっちがどっちかよく分からない。

お兄さん似たような名前だけど、「保証債務費用」と「保証債務見返」は、まったく別物だよ。

パブロフくんえっ!?そうなの?

お兄さん今日は保証債務を説明するね。

パブロフくん待ってました!!

 

 

連帯保証人になったなど、他の会社の債務を保証する契約書を書いた場合

知り合いの会社が借り入れをする場合などに、当社が債務の保証を行ったとき、当社が保証人になるにあたって、保証額を備忘記録するために「保証債務見返」「保証債務」を記帳しておきます。

このように「保証債務見返」「保証債務」で備忘記録することを対照勘定法といいます。

【簡単な説明】
本来、仕訳は何にもしなくていいけど、財務諸表に注記しないとダメ。
→忘れないように仕訳でメモしておこう。

債務の保証

取引の流れをマンガを使って、見ていきましょう。

04_15_保証債務

1.保証人になった時

A社が銀行から借入をするにあたって、当社は借入金¥500,000の保証人となった。

(借方)保証債務見返 500,000 (貸方)保証債務 500,000

2-1.保証人が解除された時

A社が借入金を銀行へ無事返したことにより、当社は保証人でなくなった場合。

(借方)保証債務 500,000 (貸方)保証債務見返 500,000

2-2.債務の支払いを求められた時

①A社が借入金を期日に返済できなかったことにより、当社は銀行から元利合計¥510,000の支払いを求められ、小切手を振り出して支払った場合。

(借方)未収金 510,000 (貸方)当座預金 510,000
    保証債務 500,000    保証債務見返 500,000

 

②その後、当社が銀行に支払った金額をA社に求償し、元利合計¥510,000を返してもらった場合。

(借方)現金 510,000 (貸方)未収金 510,000

 

 

パブロフくんなるほど。これで保証債務費用は出てこないね。

お兄さん保証債務費用は、2016年6月以降の試験では範囲外になった内容なんだ。一応、下に説明を貼っておくね。

パブロフくん範囲じゃなくなったんだ。助かるね~♪

 

※下記の内容は2016年6月以降の日商簿記2級では範囲外となりました。

手形を裏書・割引した場合

手形の裏書・割引をした場合、手形が不渡りとなった時に、手形所持人に対して手形代金を保証しなければいけない担保義務が発生します。

保証債務費用とは、この不渡りとなるリスクを、時価で評価して費用に計上するために使用する勘定科目です。

【簡単な説明】
過去の経験上、何%の確率で不渡りが起きるから、その部分を計算して、先に損失を計上しておく。

1.手形を裏書・割引した時

<問題>
他店が振り出した約束手形¥100,000を銀行で割り引き、手数料100を差し引かれた金額が当座預金に振り込まれた。割引時における保証債務の時価は、手形額面金額の1%と評価された。

<解答>
(借方)当座預金 99,900 (貸方)受取手形 100,000
    手形売却損  100
    保証債務費用 1,000    保証債務 1,000

 

取引の流れをマンガを使って、見ていきましょう。

2-1.割り引いた手形が無事決済された時

<例>割り引いた手形が無事決済された。

04_15_保証債務 決済  

2-2.割り引いた手形が不渡りになった時

<例>不渡りになった際、銀行に手形代金を償還請求費用¥500とともに支払った。

04_15_保証債務 不渡

1 / 11