トップページ > 日商簿記2級商業簿記 > 売買目的有価証券


売買目的有価証券と時価評価の仕訳

お兄さんパブロフくんのドッグフードショップ、繁盛してるね。

パブロフくんいぬだから、味覚がね。

お兄さんあ~、味覚がお客さんと一緒なんだ?

パブロフくんそうなの~。

お兄さんじゃあ、有価証券を買うこともあるかもしれないから、今日は有価証券の話をするね。

パブロフくんよろしくお願いします!

お兄さん有価証券は簿記では得点源だから、簡単だけどちゃんと練習するんだよ。

 

有価証券の種類と処理方法

売買目的有価証券

・株式、社債、国債などを、売買目的で買った時に「売買目的有価証券」とする。
・期末に時価評価をする。
・3級、2級の範囲。

満期保有目的の債券

・社債、国債などを、満期保有目的で買った時に「満期保有目的債券」とする。
・期末に時価評価しない。償却原価法で評価する。
・2級の範囲。

 

パブロフくんどうして売買目的有価証券は期末に時価評価するの?

お兄さんそもそも「売買目的で買う」ってことは買ったり売ったりして利ざやを稼ぐ目的で買ったってことだよね。そんな有価証券にとって時価ってすごく必要な情報だから、期末に時価評価して、貸借対照表に時価が載るようにしているんだ。

有価証券1  

パブロフくんどうして満期保有目的の債券は償却原価法で評価するの?

お兄さんそもそも「満期保有目的で買う」ってことは必ず満期まで保有する目的で買ったってことなんだ。債権を満期まで持っていたら、額面金額で償還してもらえる。なので満期までの期間で、購入価額から額面金額に近づけていくということだよ。

有価証券2

パブロフくん分かったような、分からないような、、、。

お兄さん満期保有目的の債券は簿記2級のところで実際の問題を解きながらまた説明するね。

 

売買目的有価証券の解き方

購入した時

次の取引について仕訳を行いなさい。売買目的で額面¥200のA社社債を額面¥100につき¥90で購入し、購入手数料¥10と共に小切手を振り出して支払った。

<解答>
 (借方)売買目的有価証券 190 (貸方)当座預金 190

<解き方>
① 当座預金で支払ったので、右に「当座預金」を書く。
② 問題文に『売買目的』と指示があるので、「売買目的有価証券」を使う。左に書く。
③ 購入手数料は売買目的有価証券に含める。
 200÷100×90+10=¥190

ポイント
購入手数料は売買目的有価証券に含める。

 

売却した時

次の取引について仕訳しなさい。売買目的有価証券の現金受取による売却額¥100。
(売却した有価証券の帳簿価額¥80)

<解答>
 (借方)現金 100 (貸方)売買目的有価証券 80
               有価証券売却益  20

<解き方>

① 現金を受け取ったので、左に「現金」¥100

② 売買目的有価証券の減少なので、右に「売買目的有価証券」¥80

③ 差が右にあるので、「有価証券売却益」¥20

ポイント
差が右にあれば益、差が左にあれば損

 

時価評価する時(決算整理)

次の取引について決算整理仕訳を行いなさい。売買目的有価証券の帳簿価額は¥100であり、期末評価額は¥120である。

<解答>
 (借方)売買目的有価証券 20 (貸方)有価証券評価益 20

 

<解き方>
有価証券3

ポイント
売買目的有価証券の時価評価は下書きを使って解く。

 

まとめ

購入時のポイント:購入手数料は売買目的有価証券に含める。

売却時のポイント:差が右にあれば益、差が左にあれば損。

時価評価のポイント:下書きを使って解く。 

 

関連ページ

簿記2級 有価証券と満期保有目的の債券

簿記2級 有価証券と端数利息

1 / 11