トップページ > 日商簿記2級商業簿記 > 特殊商品売買(荷為替手形)


特殊商品売買③ 荷為替手形の仕訳パターン

 パブロフくんお兄さん、荷為替手形のコツを教えて…。

お兄さんいいよ。コツをつかめば簡単なんだ。

 

荷為替手形とは?

簿記3級で学習した為替手形の一種です。厳密に説明すると次のようになりますが、定義を覚えても仕訳は書けませんので覚える必要はありません。未着品や委託販売、受託販売で出てくる場合に、仕訳のパターンがわかれているため、最初から出題パターンで覚えた方が早いのです。

<覚えなくていい定義>荷為替手形の取り組みとは、荷送人が貨物代表証券を担保に荷送人を受取人、荷受人を支払人とする為替手形を振り出し、銀行で割り引くこと。

■荷為替手形の引き受け → 為替手形の引き受け

■荷為替手形の取り組み → 自己宛為替手形+手形の割り引き

 

荷為替手形の出題パターン

特殊商品売買では、荷為替手形の仕訳問題が出題されます。次の4つの仕訳が書けるようになる必要があります。

1.未着品-荷為替手形の引き受け
2.未着品-荷為替手形の取り組み
3.委託販売-荷為替手形の取り組み
4.受託販売-荷為替手形の引き受け

  荷為替手形 仕訳
未着品 引き受け 未着品100/支払手形100
  取り組み 当座預金180/売上300
手形売却損20
売掛金100
委託販売 取り組み 当座預金280/前受金300
手形売却損20
受託販売 引き受け 受託販売100/支払手形100

 

1.未着品 荷為替手形を引き受けた場合

次の取引について仕訳しなさい。
遠隔地にある仕入先に商品¥150を注文していたが、本日この商品に取り組まれた額面¥100の荷為替手形の呈示を受けたので、これを引き受け、商品の貨物引換証を受け取った。

<解答>
 (借方)未着品 150 (貸方)支払手形 100
                買掛金   50

<解き方>
問題文を簡単にすると『¥100の荷為替を引き受け、¥150の貨物引換証をもらった。残り¥50は後で支払う。』という内容。

取引の流れをマンガを使って見ていきましょう。

04_14_未着品2jpg

① 為替手形引き受け
 未着品 100/支払手形 100

荷為替手形を引き受けるということは、為替手形を引き受けて船荷証券をもらうということ。つまり、「為替手形の引き受け」なので、右に「支払手形」を書けば良い。
※為替手形の覚え方はコチラ参照。

② 残りは通常通り、貨物引換証の受け取り時の仕訳
 未着品 50/買掛金 50

③ 合計すると解答。
 未着品 150/支払手形 100
       買掛金 50

ポイント
荷為替手形の引受けは、為替手形の引受け=支払手形で支払うだけ。

※為替手形についてはこちら

 

2.未着品 自分が荷為替手形を取り組んだ場合

次は荷為替手形を取り組んだ場合について見ていきましょう。ただし、当社は未着品の取引(海外から商品を仕入れ)を行っているわけではなく、海外に商品を輸出して売っている場合の話です。

<問題>
次の取引について仕訳しなさい。
遠隔地にある取引先から注文のあった商品¥100を船便で発送するとともに、取引銀行で船荷証券を担保として代金の70%の荷為替手形を取り組み、残額は掛けとした。なお、荷為替手形に係る割引料¥10を差し引いた手取金は当座預金とした。

<解答>
 (借方)当座預金 60 (貸方)売上 100
     手形売却損 10
     売掛金  30

<解き方>
自分が商品を売る側の時に、早く資金を回収したい場合には、荷為替手形を取り組みます。荷為替手形の取り組みは、手形の割り引きと同様です。取引の流れをマンガ使って、見ていきましょう。

04_14_未着品の荷為替の取り組み

① 商品を売ったので、右に売上を書く。
       /売上 100

② 『荷為替手形を取り組んだ』ので、手形を割り引いたのと同じ。左に当座預金、手形売却損を書く。
 当座預金 60/売上 100
 手形売却損 10

③ 残りは、回収していないので売掛金とする。
 当座預金 60/売上 100
 手形売却損 10
 売掛金 30

ポイント
荷為替手形の取り組みは、割引手形と同じ。

 

3.委託販売 荷為替手形を取り組んだ場合

次の取引について仕訳しなさい。
委託販売のため、A商品(仕入原価¥600、売価¥950)を船便で発送した。その際、B銀行で額面¥300の荷為替を取り組み、割引料¥20を差し引かれ、手取金を当座預金とした。なお、発送運賃等の諸掛¥10は現金で支払った。諸掛は積送品に含めて処理する。

<解答>
(借方)積送品 610 (貸方)仕入  600
               現金  10
    当座預金 280    前受金300
    手形売却損 20

<解説>
荷為替手形の取り組みは、手形の割り引きと同じです。ただし、委託販売の場合、代金を受け取っていないので前受金を使う点がポイントです。通常の受取手形の場合、商品を売ったあとに手形を割り引きますが、今回は商品を売る前に手形を割り引きしています。このため、前受金を使って仕訳を行います。

取引の流れをマンガを使って、見ていきましょう。

委託販売(荷為替手形の取り組み)

■商品を委託先に送ったときの仕訳
 積送品610/仕入600
      現金10

■荷為替手形を取り組んだときの仕訳

① 当座預金が増えたので、左に「当座預金」と書く。
 当座預金280

② 手形の割引による手数料を支払ったので、左に「手形売却損」と書く。
 当座預金280/
 手形売却損20

③ 積送品が売れる前に代金を受け取っているので、右に「前受金」と書く。
 当座預金280/前受金300
 手形売却損20

パブロフくん問題文に割引料って書いてあるから、なんとなくわかるね。

お兄さんそうなんだ。委託販売の場合は、前受金を使う点に注意が必要だね。

 

4.受託販売 荷為替手形を引き受けた場合

次の取引について仕訳しなさい。
本日、商品販売の委託を受けているパブロフ社が荷為替手形¥100(オースト社取り組み)を取引銀行から呈示されたため、これを引き受け、貨物代表証券(オースト社の仕入原価¥350、売価¥400)を受け取った。

<解答>
(借方)受託販売 100 (貸方)支払手形 100

<解説>

荷為替手形の引き受けは、支払手形を使います。貨物代表証券を受け取った場合、当社の商品ではなく、オースト社の商品(受託品)のなので、受託販売勘定を使って仕訳を行います。

取引の流れをマンガを使って、見ていきましょう。本問は2コマ目です。

 受託販売(荷為替手形の引き受け)

 

パブロフくんいろいろ、めんどうなんだね。

お兄さんまずは支払手形か、手形の割引って覚えよう。

パブロフくんなるほど。仕訳問題で練習してみる~♪

 

荷為替手形のまとめ

  荷為替手形 仕訳
未着品 引き受け 未着品100/支払手形100
  取り組み 当座預金180/売上300
手形売却損20
売掛金100
委託販売 取り組み 当座預金280/前受金300
手形売却損20
受託販売 引き受け 受託販売100/支払手形100

関連ページ

為替手形の覚え方

特殊商品売買① 予約販売

特殊商品売買② 未着品

特殊商品売買③ 荷為替手形

特殊商品売買④ 委託買付・受託買付

特殊商品売買⑤ 委託販売

特殊商品売買⑥ 受託販売

特殊商品売買⑦ 試用販売

特殊商品売買⑧ 割賦販売

1 / 11