トップページ > 日商簿記2級商業簿記 > 固定資産(建設仮勘定)


建設仮勘定の流れ

お兄さんこんにちはー。新しいお店も結構できてきたね。

パブロフくんそうなの。やっと商売を再開できるよ。

お兄さんそういえば、建設中でも仕訳をしなきゃいけないんだよ。

パブロフくんえっ!?そうなの?

 

建設仮勘定の一連の流れ

建物の建設を建設会社に依頼した場合、完成まで数年かかることが多いです。そして、長期間の工事の場合、完成までに契約金の一部を前払いすることが一般的です。では前払いした金額をどのように仕訳をするのでしょうか。

建物を計上するのは「建物が完成・引き渡しされた時点」です。完成するまでは建物勘定を使うことができません。
そのため、建設途中の固定資産に関する前払金を、一時的に「建設仮勘定」へ計上しておきます。そして、完成・引き渡しされた時点で「建設仮勘定」から「建物」へ振り替えることになります。

1.建設途中に前払した時

新店舗を新築中に、建設会社に対し建設代金の一部¥10,000を現金で支払った。

<解答>
(借方)建設仮勘定 10,000 (貸方)現金 10,000

<解き方>
① 問題文の『新築中に建設代金のの一部を支払った』との文言より、建設仮勘定を使うことがわかる。左に書く。
 建設仮勘定10,000 /

② 現金で支払ったので、右に「現金」と書く。
 建設仮勘定10,000 / 現金10,000

 

2.建物が完成した時

新築中だった店舗が完成し、2月1日に引き渡しを受けていたが、この取引が未記帳であった。建設仮勘定の残高¥20,000のうち、新店舗に関する前払分は¥10,000である。

<解答>
(借方)建物 10,000 (貸方)建設仮勘定 10,000

<解き方>
店舗が完成し、引き渡しを受けたので、建設仮勘定から建物に振り替えます。

①新店舗に関する「建設仮勘定」を取り崩します。
     /建設仮勘定10,000

②建物が完成したので、左に書きます。
 建物10,000/建設仮勘定10,000

 

パブロフくん簡単だね。

お兄さん建設仮勘定から振り替えた建物について、決算整理で減価償却の計算を忘れないようにね。

パブロフくんえっ!?

 

関連ページ

修繕費と資本的支出

建設仮勘定

火災未決算

固定資産の除却と廃棄

1 / 11