トップページ > 日商簿記2級商業簿記 > 固定資産(修繕費・資本的支出)


修繕費と資本的支出の違いと仕訳

(ウィーンウィーン、ガガガガ)

お兄さんこんにちはー。あれ?改装中?

パブロフくんうん。最近地震多いから、パブロフ心配になっちゃって、耐震構造強化してるの♪

お兄さんそ、そっか・・・。(どれだけ儲かってるんだろう。)それなら、資本的支出として仕訳をしなきゃね。

パブロフくん資本的支出って何?

お兄さんお店の工事を待ってる間、固定資産のお勉強をしようか。

パブロフくんするするー!!

 

修繕費と資本的支出

通常の修繕の場合は「修繕費」で処理します。つまり、経費と考えます。これを収益的支出といいます。

一方、修繕のうち、有形固定資産の耐用年数を延長させたり、資産の価値を増加させたりする効果が認められた部分は「有形固定資産の取得価額に足す」処理をします。これを資本的支出と言い、資産の追加購入と考えます。

■収益的支出 当期の収益に対応する支払い。費用。

■資本的支出 資産の価値を増加する支払い。資産の増加。

修繕費

次の取引について決算整理仕訳を行いなさい。機械の定期修繕を期末に行い、代金¥6,000は翌月末の支払いとした。前月末までに計上された修繕引当金は¥4,000である。

<解答>
(借方)修繕引当金 4,000 (貸方)未払金 6,000
    修繕費   2,000

<解き方>
修繕引当金とは、定期的な修繕のために引き当てておく金額。毎期少しずつ費用を計上することができ、修繕をしたとき一度に多額の費用を計上しなくてすみます。

① 修繕を行ったが、修繕引当金が4,000しかないので、全額を取り崩す。
 修繕引当金4,000 /
② 足りない金額は修繕費とする。
 修繕引当金4,000 /
 修繕費  2,000
③ 代金は翌月末払いなので、未払金を書く。
 修繕引当金4,000 / 未払金6,000
 修繕費  2,000

 

<参考>修繕引当金の仕訳

① 毎期の引き当て
 修繕引当金繰入額 / 修繕引当金

② 修繕をしたとき
 修繕引当金 / 現金

 

資本的支出

次の取引について仕訳しなさい。当期首に建物の修繕を行い、代金¥4,000は小切手を振り出して支払った。なお、このうち、¥3,000は建物の耐用年数を延長する効果があると認められた。修繕引当金の残高は¥1,400であった。

<解答>
(借方)建物    3,000 (貸方)当座預金 4,000
    修繕引当金 1,000

<解き方>
有形固定資産の耐用年数を延長させる部分は「有形固定資産の取得価額にたす」。それ以外の部分は通常の修繕費の仕訳と同じ。 

 

まとめ

■耐用年数を延長、資産の価値を増加 → 資本的支出

■その他 → 修繕費

 

パブロフくんふあ~。難しいね。

お兄さん資本的支出の場合、決算整理で減価償却費を計上するのを忘れないようにね。

パブロフくんパブロフ、忘れそう。気を付けなきゃね。

 

関連ページ

修繕費と資本的支出

建設仮勘定

火災未決算

固定資産の除却と廃棄

1 / 11