トップページ > 日商簿記2級工業簿記 > シュラッター図


みんな大好きシュラッター図の覚え方

テーマ:シュラッター図

パブロフくんお兄さん、シュラッター図ってなぁに?なまえはかっこいいんだけど、パブロフ、苦手なの。

お兄さん標準原価計算の差異分析に使う図だよ。

パブロフくん標準原価計算って、いろいろ数字が出てきてよく分かんないの。

お兄さん標準原価計算の差異分析は、一度覚えてしまえば絶対にはずすことのない得点源なんだ。お兄さんは、シュラッター図が大好きだから、パブロフくんにも大好きになってもらえるように説明するね。

パブロフくんわーい♪

※正しい名称は【シュラッター・シュラッター図】
1957年に『Mr.C.F.Schlatter』と『Mr.W.J.Schlatter』の2人が共同で書いた「原価計算」という本の中で発表され、2人に敬意を表してシュラッター・シュラッター図と命名。

 

図の練習

苦手な人は、【下書き】の図を白紙から10回書いてみてください!
理屈はいりません!書いてみてください!

実際の使い方は下の問題で説明します。

【下書き】

05_06_画像01 

 

問題と解き方

工業簿記 第120回 第5問 配点20点

製品Aを量産するX社は、パーシャル・プランの標準原価計算を採用している。次の資料にもとづき、製造間接費の差異分析を行いなさい。なお、差異分析では変動予算を用いて、予算差異、能率差異、操業度差異を計算すること。このとき、能率差異は変動費と固定費からなるものとして計算しなさい。
解答は、借方差異ならば(借)、貸方差異ならば(貸)と記入すること。

(資料)
1.当月実際製造間接費 1,588,000円(内訳:変動費 628,000円、固定費 960,000円)
2.当月の実際直接作業時間は7,800時間であった。
3.当月生産データ
  月初仕掛品 200個(進捗度50%)
  当月完成品 2,400個
  月末仕掛品 400個(進捗度50%)
4.製品Aの1個当たりの標準直接作業時間は3時間である。
5.年間製造間接費予算 19,200,000円(内訳:変動費 7,680,000円、固定費 11,520,000円)
6.年間の正常直接作業時間は96,000時間である。
(注)製造間接費は直接作業時間を基準として製品に標準配賦されている。

<解答>
製造間接費総差異 88,000円(借)
予算差異 4,000円(借)
能率差異 60,000円(借)
操業度差異 24,000円(借)

<解き方>

① 問題文を読む前に、まず【下書き】を書きます。

【下書き】

05_06_画像01

 ② 問題文の情報でそのまま使える部分を下書き用紙に書き込んでいきます。(黒の数字)

05_06_画像02

③ 問題文の情報から加工して使う部分を下書き用紙に書き込んでいきます。(緑の数字

05_06_画像03

③ 下書き用紙を見ながら、電卓を叩きます。問題文はもう見ません。(赤の数字

05_06_画像04

④図で書いた差異の金額を写す。

05_06_画像05

この問題を、自力で、10分で解けるようになるまで練習してみてください。
きっと、、、標準原価計算の差異の問題を解く力が身についているはず!!

 

 

お兄さんどう、大好きになった?

パブロフくんうん。図を書いて、数字を入れていくだけなんだね!大好きになった~!!よ・の・そ・ひ・じ・き~♪

お兄さんそのゴロ合わせで覚えるの、イイね!

パブロフくんよ・の・そ・ひ・じ・き~♪

 

参考:シュラッター図の仕組み

以上で、差異の問題は解けますが、そもそもシュラッター図はどのような仕組みなのか、説明します。
ただ、仕組みを理解しても点数は取れません。この仕組みは覚えなくていいです。
気になる方だけ、参考に読んでみてください。

05_06_画像06

■操業度差異

 時間のズレ → 実際時間と基準時間のズレ

 ※基準時間(正常作業時間)・・・年間で決められた目標作業時間。作った個数とは関係ない。

例:ドッグフード工場の機械が年間1200時間を動かす目標で年間予算を作成します。月100時間目標。
  実際には10月の機械の稼働時間は80時間でした。
  
  この20時間部分から発生するのが操業度差異です。

■能率差異

 時間のズレ → 標準時間と実際時間のズレ

 ※標準時間・・・一個当たり作るのに必要と決めている時間。作った製品数全体で何時間必要かを表している。

例:ドッグフード一個作るのに、1時間かかります。
  実際には10月、ドッグフード一個作るのに3時間かかりました。

  この一個当たり2時間多くかかってしまった部分が能率差異です。

■予算差異

 1.変動費の単価のズレ

 2.固定費の月額予算と実際発生額のズレ

例:年間の目標通りの時間で、目標通りの生産数を達成!完璧!
  なのに、、、あれ?予算額100万円なのに、実際は120万円かかったぞ?
  材料費が値上がりしてる!電気代が値上がりしてる!

  この20万円が予算差異です。

★標準原価計算の製造間接費の差異分析

 製造間接費の実際発生額 = 製造間接費の標準原価額+操業度差異+能率差異+予算差異

05_06_画像05

理屈はこうなのですが、試験中にこんなことは考えません!覚えなくても大丈夫です。

 

関連ページ

実際でも標準でも、同じ下書き、差異分析

1 / 11