トップページ > 日商簿記2級工業簿記 > CVP分析3


CVP分析③ 過去問の解説 第124回(営業利益を2倍)

テーマ:CVP分析3

CVP分析の問題を解いてみよう

第124回 日商簿記検定2級 第5問(工業簿記)

<問題>

A社は、当期に製品Xを40,000個製造し、価格200円にてそのすべてを販売した。そして、全部原価計算により、下記の損益計算書を作成した。次期の利益計画のため、製品Xを原価分析した結果、製品1個について、変動費は直接材料費40円、直接労務費10円、製造間接費20円、販売費5円であることが判明した。なお、直接材料費と直接労務費はすべて変動費であり、製造間接費と販売費および一般管理費については、変動費以外は固定費である。また、期首と期末に仕掛品および製品の在庫はないものとする。

  損益計算書  (単位:円)

売上高           8,000,000
売上原価          4,000,000
売上総利益           4,000,000
販売費および一般管理費   2,400,000
営業利益          1,600,000

 

問2 当期の損益分岐点の売上高を計算しなさい。

★固定費と変動費を求める

 製品1個について、変動費は直接材料費40円、直接労務費10円、製造間接費20円、販売費5円

 変動費
  売上原価の変動費 40+10+20=@70円
  販売費の変動費 @5円
  変動費の合計 @75円

 固定費
  売上原価の固定費 4,000,000-@70円×40,000個=1,200,000円
  販売費の固定費 2,400,000-@5円×40,000個=2,200,000円
  固定費の合計 3,400,000円

 @200円×■個=@75円×■個+3,400,000円+0円

  ↓

 125円×■個=3,400,000円

  ↓

 ■個=27,200

★27,200個売った時の売上高は?

 27,200個×200円=5,440,000円 (解答)

 

問3 次期に、価格、固定費、製品1個当たり変動費ともその金額が当期と同一と仮定した場合、上記の営業利益を2倍にするために必要な売上高を計算しなさい。

★問題文の指示を下書き用紙に整理する。

 価格 → 200円のまま

 固定費 → 3,400,000円のまま

 製品1個当たりの変動費 → @75円のまま

 営業利益 → 当期の2倍 → 1,600,000×2=3,200,000 

★営業利益3,200,000円

 @200円×■個=@75円×■個+3,400,000+3,200,000

 125円×■個=6,600,000

 ■個=52,800

★52,800個売った時の売上高は?

 52,800個×200円=10,560,000円 (解答)

 

 

関連ページ

CVP分析① 基礎編

CVP分析② 実戦編

CVP分析③ 過去問の解説 第124回

CVP分析④ 過去問の解説 第117回

CVP分析⑤ 営業利益率を使う場合

1 / 11